カウンター(Since 2009.8.3〜) 
無料カウンターサービス
徳之島じじとばばのブログへようこそ! ここは、モバイル・携帯アクセス兼用サイトです。



ようこそ!お越しいただきまして有り難うございます。     このサイトはモバイルアクセス用として誕生しました。     動画再生にはWin Media Playerが必要です。      どうぞ ごゆっくりご覧下さい!  当サイトはリンクフリーです。管理者へ許可を得る必要はありません。
新着情報 >>
05/19(日) 13:31
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
05/19(日) 08:25
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
05/18(土) 11:16
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
05/18(土) 09:00
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
05/18(土) 06:59
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
05/17(金) 14:24
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません

亀津ヤンキチバン

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ







5月19日(日)曇り時々晴れ

梅雨の晴れ間・・・

今日は、亀津新漁港広場で、JAあまみ 徳之島事業本部主催の

イベントがあったので姉と二人で行って来た。

肥料や飼料の販売、青空市、農業機械展示会、農薬特売、

自動車販売加盟店の展示販売等々,野菜苗の販売等盛り沢山。

更にダンスや、闘牛太鼓、吹奏楽の演奏、島のミュージシャンの歌や演奏等もあり

Aコープの青空市もあって、野菜や果物が安くで買える。

漁港近くの海岸通りは車がいっぱい駐車していて

会場内では係の方が、車の誘導もしていた。

どこから見ようかな?迷ったけど、先ずは野菜苗の販売・・・・

結局買わなかった・・植える場所が無いから。

それから雑貨コーナー、Aコープの青空市へ。

舞台では小学生達が島の民謡「ワイド節」を横笛や太鼓で演奏し

数名の子供達は演奏に合わせて踊っていた。
太鼓


暫くすると、「卵10個50円」での販売や「つきたてのお餅無料配布」等もあり

ばばもお餅を1個頂いたよ。

広い漁港が沢山の展示品で埋め尽くされ、大勢の人出もあり賑やかこの上ない。

数十年ぶりに隣町の友人知人に会ったり,話したり。。。。

ばばは、100円の大きなリンゴ2個と150円のキャベツを1個買った。

でも・・お米も安い,消費税が付かない・・・迷ったけど、、、買った!

おい、おい、ばば、今日は徒歩出来たんでしょ、5キロのお米持って家まで歩ける?

って思ったけど、抱っこして持てば、数百メートルなんか大丈夫、大丈夫・・

と安易に考えていたけど、片手にリンゴとキャベツを下げた状態で

お米を抱っこしたので、最後の方は結構キャベツとリンゴを下げた手が疲れた〜

漁港へ行って帰るまで,ほんの1時間ほどだったが

舞台発表鑑賞よりも、買い物よりも,ばばが心引かれたのは

会場に入ってすぐ目に付いたテントの屋根?に書かれた文章だった。

前面には「ヤンキチシキバンと学士村の町」と書かれていた。
ヤンキチバン


昔、亀津の親達は「ヤンキチシキバン」と言われる「家の軒の梁が透けて見えるほど」

水を沢山入れて薄めたお粥を食べて節約し、子供を進学させ

そして「学者」さんを沢山輩出させた・・・と聞いている。

親は,子供の為ならいくらでも辛抱できるんだね。

「亀津ヤンキチバン」という言葉は「島唄」の中でも歌われているよ。

又、テントの後に回ると,これ又感動的な言葉が書かれていた。
マスターキー


「学力は人生の扉を開くマスターキーである」と。

これは、第10代徳之島教育長 秋武喜一郎さんの言葉らしい。

なるほど、そうだよね・・・と大いに賛同。

現在は、ほとんどの子が高校進学し、その後、短大や大学専門学校に進学している。

しかし、ばばより少し前の世代までは,イヤ、ばばの世代でも

高校への進学率はとても低かった。

暮らしをよくする為には「先ず、進学し,色々な知識を身につける」という事を

親達は感じ、自分たちは貧しい暮らしをしながらでも,

子供を進学させようと頑張ったんだよね。

テントの前面と後面に書かれた文章・・・に、心打たれ感動したばばでし

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

カラスバト

by じじの写真日記

徳之島じじとばばのブログ


5月19日(日)天気 晴 室温 27.0℃ 外気温 25.8℃ 湿度(室内)65%(午前6時15分計測)


今日は早朝から朝日が顔をのぞかせ久しぶりに良い天気になりそうだ!


 昨日も取材が出来ず、選考漏れで没になった写真をアップします。

最強の600mmを持っていれば良かったのに都合により画質の劣る500mmしか持っていなかった、残念!

 カラスバトたちも繁殖時期に入り活動がが活発になりよく見掛けられるようになってきた。

周りに満開で咲いている白い花は、オキナワテイカズラです。



147aa


 ↑ この画像をクリックしたら大画面表示 します。
(2019年5月9日、10:53 徳之島町総合運動公園遊歩道で撮影)

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

やさしさ ありがとう

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ





5月18日(土)曇り時々小雨

今日も梅雨空の徳之島です。
ありがとう

今朝、「感動した!」と、じじが言った。

「何で?何に感動したの?」と聞くと・・・・

昨夜8時前だったかなぁ?突然、電話が鳴った。

見ると、病院から。

何で?夜に電話が来るなんて・・・もう、胸がドッキン、ドッキン。

じじに出てもらった。

暫く「はい・・」とか、「分かりました・・」とか、やりとりが続いている。

電話が終わって、「何?何だったの?」と聞くばばに

「○○先生からだった。明日、隣町で会があるので11時頃まで

病院に来て欲しいんだって」とじじ。

じつは・・・1週間ほど前だったかな?

じじは、ある注射をしてもらうついでに、採血もしてもらったそうだ。

その結果が今日分かるので、今日は病院へ行く日だった。

「なるべく早く受け付けしてもらい、早めに先生の説明聞いてくれば良いね」と

夕食時も話していたところだった。

「じじが感動した!」と言ったのは、わざわざ主治医の先生から直接電話があった」

からだそうだ。

そう言われてみれば、そうだね、普通、病院からの電話って

看護師さんとか、事務所からの電話が普通だものね。

その先生は患者さんに対する対応も、とても親切なんだって。

ばばは、去年、ある先生から頭ごなしに叱られ,病院を変えたばかりだたから

患者さんに親切に接して下さる先生って、本当に有り難いと思った。

お医者さんは,勿論医療技術に長けているに越したことは無いし

それが大事だけど、病院へ行く人は体調不良で行く。

だから、患者さんや家族の辛い気持ちにより添える先生は,本当に有り難い。

昨日は、義母の4回忌命日だった。

ちょうど4年前の事を思い出したばば。

ずっと入院中だった義母の容態が悪くなり、義妹夫婦も,我が家に帰省していた。

早めに夕ご飯を終え、その日は、ばばが義母の様子を見ながら

1時間位、付き添いに行く日だったので徒歩で出かけた。

病院へ行き、義母の病室に入るととても苦しそうに呼吸をし,呻いている姿にビックリした。

看護師さんが、色々処置をして下さっていたが「もしかしたら、今夜が山かも知れません」と言われ

続けて「他のご家族の方にも連絡した方が良いと思います」とも言われた。

動転したばばだったが、すぐ、じじや義妹夫婦に連絡し病院へ来て貰った。

すると、看護師さんが義母を個室のような部屋に移して下さり

「ゆっくりとご家族で最後の時間を見守り、お過ごし下さい」と言った。

じじとばば、義妹夫婦4人で義母のベッドを囲み、じぃっと見守っていた。

ほどなく・・・・苦しそうに息をしていた義母の呼吸が緩やかになり,

呻き声も出さなくなり、やがて呼吸が止まり・・・先ほどまでとは打って変わり

穏やかな表情になって、義母は旅立った。

辛かったけど、子供4人で母の最期を看取ることが出来て,本当に良かったと今でも思う。

4年経ったけれども、あの時の看護師さんの行動、言葉には感謝しか無い。

義母を、わざわざ静かな別室に移して下さり、家族に寄り添い、共に義母の最期を看取って下さった。

義母が亡くなって、数ヶ月経ったある日、あるお店に行った時、

店の外で、あの親切な看護師さんにばったり会った。

ばばの方から駆け寄って、母の最期の日にお世話になったことを話し

感謝の気持ちを伝えた。

看護師さんは、にこにこ笑って「自分の仕事ですから」とおっしゃった。

今まで沢山の看護師さんや、病院の先生にお世話になったけど

あの看護師さんの事は一生忘れないと思う。

病院でも普段の生活でも、感謝でき、尊敬できる人との出会いって

自分の人生の「宝物」だと思うばばだ。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

なごみの岬

by じじの写真日記

徳之島じじとばばのブログ


5月18日(土)天気 雨|曇 室温 26.5℃ 外気温 25.1℃ 湿度(室内)62%(午前6時04分計測)



 先日天気の良い日に撮り置きしてあった「なごみの岬」を約50m上空からドローンで撮った写真をアップします。



147aa


 ↑ この画像をクリックしたら大画面表示 します。
(2019年5月13日、 徳之島町亀徳で撮影)

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

なごみの岬ドローンで空撮

by じじの動画日記

徳之島じじとばばのブログ


5月18日(土)天気 雨|曇 室温 26.5℃ 外気温 25.1℃ 湿度(室内)62%(午前6時04分計測)


早朝目が覚めたら小雨が降り続いていた。

島の南方には梅雨前線が架かっている。天気予報では雨時々曇となっている。

 先日天気の良い日に撮り置きしてあった「なごみの岬」を約50m上空からドローンで撮った動画をアップします。

最後の付近でズームを効かした2階建ての素敵な建物が去年5月にオープンした「徳田虎雄顕彰記念館」です。


なごみの岬ドローンで空撮



(2019年5月13日、11:17 徳之島町亀徳なごみの岬で撮影)

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

又しても,出、出たぁ!!!

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ





5月17日(金)曇り時々小雨

晴れるのか?降るのか?さっぱり読めない天気。

じじは朝から散髪に。

ばばは姉と一緒に,鹿児島の姉に小包を送って,帰宅。

車庫から出てスロープを下っていたら,目の前に,いつかのニョロニョロが!

姉は実際に見るのは初めてだったかも知れない。

写真を撮ろう!と慌てて室内に駆け込もうとしたばばの目の前で

ニョロニョロ君は,雨樋の下の方へ・・・

ヤバイ!ヤバイまさか、濡れ縁の方へ這ってこないよね・・・と思っていたら

あっという間に、下水管の中へ・・・

今日も,過日見た時と同じように、スロープから我が家の方へ向かって這っていた。

一体どこから???と思いつつも、小包を送るという一仕事終えたので

姉と2人「コーヒーでも飲みましょう」と,室内に入ったが

姉はニョロニョロ君が気になる様子。

数分後「出て来た!」という姉の声で外を見ると、

パイプの中から這い出したニョロニョロ君が今正に花壇の中へ入ろうとしていた。

ちょうどそこへ散髪を終えたじじが帰宅したので「ニョロがいる!撮って!」と叫ぶと

じじは動画を撮ろうと構えたが・・・その数秒の間にニョロニョロ君は

体をくねらせながら花壇の中へ・・・

じじがいくら覗いても見つけきれなかったようで,諦めたようだった。

う〜〜〜ん、過日見たのは、3月だったか?4月だったか?

数ヶ月に1回姿を現すみたいだけど、何の為に?

餌を求めてかなぁ???きっと。

じじ曰く「我が家の花壇は土が肥えているので,ミミズが沢山いるし

ニョロにとっては恰好の餌場なんだろうな」と。

ニョロ君は「神様」とも言われるから、忌み嫌わずに見守っていよう。

奇しくも、今日は義母の4回忌。

何だか、義母が来てくれたような・・・

美しく優しかった義母をニョロニョロ君と重ね合わせるなんて、

失礼極まりないけれど・・・

きっと義母がじじとばばの生活ぶりを見に来てくれたのかも・・・

ばばが、ますます「かかあ天下」になり,じじを虐めているから

「ばばちゃん、じじにもう少し優しくしてね」と、伝えに来たのかなぁ・・・

話は変わって・・・

朝、じじはパンとコーヒー、味噌汁に、野菜・タンパク質も充分に摂る。

しかし、ばばは退職後、パン食になってから、ずっと朝はパンとコーヒーだけ。

たまぁに,バナナなどの果物を,じじと半分こというこも。

数日前の朝食時のこと。

食べる分の盛りつけをして「いただきま〜す」。

数ヶ月前から、野菜や果物等は,じじ自分で食べたい分だけ取り分けてもらっている。

生や茹でた野菜の入った皿,パン皿、肉と野菜炒めの入った皿とじじの前には置かれている。

ばばの前にはパンとコーヒーとバナナが半分だけ。

お皿に入れず,タッパーに入ったキウイとミニトマトを前に、

じじが「ばば、キウイが欲しかったらあげるよ」と言った。
ミニトマト

「昨日、もう食べたから、それはじじの分だから要らない」と言いつつ

タッパーに目が行った。

そして、瞬時に1個だけ残っていたミニトマトを取った。

ミニトマトは,じじの分は2個じじがお皿に取って、1個だけ何故か残してあった。

1個残しても・・・・どうせ、夜には又新しいパックを開けて,

タッパーに移し替えなくてはならないし・・・

と思った瞬間、トマトに手が行ったのだ。

ばばの行動を見て、じじが「オ〜〜ッ」っとビックリした声を出した次の瞬間

笑いだし、「ばばの今の行動、何?ばばと結婚して今日まで

ばばがそんなに素早い動きが出来るなんて知らなかったよ,初めて見たばばの姿!」と・・・

ばばは、単にミニトマト1個残しても・・と思って,サッと取ったという感覚しか無かったから

じじに言われて、エッ?エッ?って感じ。

でもね、じじはビックリすると同時にちょっと残念そう・・・

と言うのも、じじがお皿に取り分けたトマトよりも残ってた1個のトマトの方が

色つやも良いし、て完熟しているのが一目瞭然だったの。

じじは、1番良いのを1個残してあったんだね。

ごめんなさい〜ごめんなさい。

ちゃんと、タッパーのいっぱいミニトマト補給しておきますから。・・・・・

あの事件から,数日経っているのに

未だにじじは「あの時のばばの動きは凄かった!」と言い

ばばは「百人一首のカルタ取り大会の出場者の動きと似てた?」

と言って,笑っている。

毎日夫婦漫才して、笑っている,じじとばばを見て

天国の両親も呆れながら笑っているかも知れないなぁ・・・

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

>>

携帯用ブログQRコード       WEB写真集用QRコード


Copyright (C)2009-2014 tokunosima.info All rights reserved.

◇◇ Tokunoshima Island JJ&BB's HP ◇◇ ◇◇ A collection of Tokunoshima Island nature observation ◇◇