カウンター(Since 2009.8.3〜) 
無料カウンターサービス
徳之島じじとばばのブログへようこそ! ここは、モバイル・携帯アクセス兼用サイトです。



ようこそ!お越しいただきまして有り難うございます。     このサイトはモバイルアクセス用として誕生しました。     動画再生にはWin Media Playerが必要です。      どうぞ ごゆっくりご覧下さい!  当サイトはリンクフリーです。管理者へ許可を得る必要はありません。
新着情報 >>
06/24(月) 13:43
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
06/24(月) 09:06
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
06/23(日) 09:15
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません

イジュンって分かるかなぁ?

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ





6月24日(月)曇り

去る14日から義姉が同窓会に出回する為2泊3日で帰省した。

ゆっくりと姉妹の時間が持てると思い

姉と2人で、義姉が島内で行きたいと言っていた三京集落までスムーズに行けるか走り

その後、当部集落まで行って、天城町へ抜けるコースを案内しようと走って下見。

しかし、三京までは直線コースで30分足らずで行けたのに

当部へ走り出して、湧水泉の「アガリマタイジュン」まで行って

黒ウサギ観察小屋のあるダムまで行って、いざ、天城町へと思ったら

道が分からない。

進もうとしていた道は、車の離合も出来そうに無い狭い山道。

(あ〜じじが一緒だったら難なく行けるのに)と思いつつ

姉と2人では自信が無いし、それ以上に怖いので

又、来た道をそのまま引き返して帰宅するという、情けない事に。

でもね、義姉が一番行きたいと話した三京へ行くのは、自信満々だったから

義姉を喜ばす事が出来ると思っていた。

だけど、義姉達は観光バスで三京もアガリマタイジュンも行ったんだって。

義姉も、同窓会での帰省で、同級生達との行動が主だったし

教え子ちゃん達からも招待を受けたりして、姉妹での時間を持つ事は難しかったのね。

もっと楽しい時間を共有したかった〜〜〜と思った、姉とばばだが

又、次の機会に・・・と思っている。

義姉達は当部集落にある「アガリマタイジュン」では、湧水泉と言う事で
アガリマタイジュン


泉の水を掬って飲んだそうだが、直後に「大腸菌云々・・」という話が出たらしい。
iイジュン

でも、帰るまで姉は元気で、ばばも安心した。

「アガリマタイジュン」が有名になった頃・・・

かれこれ10年前くらいかなぁ?「泉の水」がとても美味しいと言う評判を聞き

わざわざタンクを持って出かけ、水を汲んで来て、炊飯したりコーヒーを淹れたりしてみたが

ばばに、普通の水道水との違いは分からなかった。

「アガリマタイジュン」の「アガリマタ」とは、地名かな?

「イジュン」の意味が分かるのは、年配の人たちが多いと思うけど、どうだろう?

「イジュン」とは「泉」の方言。

だから「アガリマタイジュン」とは「アガリマタにある泉」という意味だとばばは勝手に思っている。

イジュンと言えば・・・

ばばの実家集落にも3つ位、登下校で通る道端の畑などにも2,3カ所あった。

実家集落に水道が引かれたのは、ばばが小学生の頃だったか?

それも、最初は集落内の数カ所に設置されただけだった。

水道が出来るまでは、水くみが、ばばの一番の手伝いだったかも知れない。

まだ小さい頃は天秤棒?みたいな棒の両先端にバケツをぶら下げ

それを担いで集落内の泉まで行き、ひしゃくで掬った水をバケツのいっぱいになるまで入れ

それを担いで家まで運ぶのだが、その水でお風呂も炊事も洗い物もする。

だから、何十回も家とイジュンを往復し、家にあった大きな焼き物の瓿と

五右衛門風呂のいっぱいになるまで運ぶのだ。

だから水はとても貴重だった。

今考えれば、大きな岩の置くから湧き出てくる水が溜まって泉になっているのだが

その水を消毒とかしていたという記憶も無いし、

水質は大丈夫だったのだろうかと今になって思う。

当時、水を飲んでお腹が痛くなったとか聞いた事も無いし、

田んぼの片隅に湧き出ていた泉の水も、田植えや稲刈りの時など平気で飲んでいた。

田んぼに泉には小さなエビの赤ちゃんがいて、自分が水を飲んだ後は

そのエビの赤ちゃんをツワブキの葉っぱなどで掬おうとチャレンジしたりもしていたっけ・・・

干ばつの年は、イジュンの水量も少なく、窪地に水が溜まるまで待って

柄杓で汲んでいた。

水が溜まるまで、先輩や後輩、同級生の友達と色々な話をしながら待っていた。

実家へ行く時に、よくイジュンのあった近くを通るけど

現在は、イジュンへ下りる道も草ボウボウ、獣道のようになっていて

とても踏み込む勇気は無い。

万が一、いつか道がきれいになったら、親友のSちゃんを誘って

イジュンへ言ってみたいと思っているけれど、望み薄かなぁ。。。。。

明日でも、もう少しイジュンについては書いてみようかな?

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

亀津・亀徳の古い航空写真

by じじの写真日記

徳之島じじとばばのブログ


6月24日(月)天気 曇 室温 25.0℃ 外気温 24.0℃ 湿度(室内)64%(午前6時57分計測)



今朝は目が覚めるとややヒンヤリしていた。

前線が南下して島は高気圧の範囲に入っているようだ。

前線が北上すればまた梅雨真っ直中へ突入!現在は中休み状態!

 今日は遂にネタ切れになりました。

先日、亀津闘牛場から撮った古い写真、亀津の町並をアップしましたが、その写真集にあった古い写真をアップします。

いつ撮った写真なのかは不明ですが、亀津の海岸がまだ埋め立てられてない頃のようですね。

 軍艦石、自動車学校と隣接した旧ホテル、亀徳旧港などが認識できますね。



147aa


 ↑ この画像をクリックしたら大画面表示 します。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

お疲れ様でした!ごめんなさい

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ





6月23日(日)雨
アジサイ

豪雨の中、第32回トライアスロン大会は実施されたようだ。

例年なら、自宅近くの県道まで行って声援するのだが

雨が酷くて、外出もままならない状態だったので、残念ながら今年は家で応援!

639名のアスリートがエントリーされたとの事だったが・・・・

全員無事ゴールできたのかなぁ?

せっかく、島外は勿論、県外からも徳之島入りされた方々も多かっただろうに

応援にも行けず.ごめんなさい!という思いです。

じじは、自宅に設置したライブカメラでバイクで通過するアスリート達を見たそうだが

ほんの一瞬で、男性か女性かさえも分からなかったって。

だよね、カメラの撮影範囲なんて限られているし、バイクはスピードあるし

一瞬で画面から消えてしまうだろうから・・・

終わった瞬間に来年の事を書くとおかしいけど、

来年は天気に恵まれて33回トライアスロンが実施されますように。

午前中、酷い雨だったので家の中で料理をしたり、奄美や加計呂麻の親しい友人達に

豪雨の被害は無いかメールをしたり。

加計呂麻の友人からは、ばばのメールに対し電話がかかってきた。

ばばが加計呂麻在住だった頃、運動会前日に豪雨があり

上司の車が川に流されそうになったり、ばばの家の床下収納庫がプカッと浮いたりして

集落内の何軒かも床下、床上浸水した怖い思い出がある。

昨日からの雨では、そこまで被害は大きくは無いが

やはり膝下辺りまで水が来たり、家の前の道路が水浸しになったりしているようだった。

一昨日は、ばばの住む地区でも雨により倒木があり電線が切れたのか、

その修復作業の為、1時間程度停電しますと放送があったが、幸い我が家は停電は無かった。

停電は無かったが、買い物に行く途中の崖が、数カ所崩れないか?とか

道路に覆い被さってきている大木が倒れてこないかとか、ばばもドキドキしながら車の運転をしている。

13時30分現在で、雨は小康状態。

このまま降り止んでくれたら良いのだが。

今日も、雨による災害が無い事を祈るのみです。

加計呂麻の知人から電話が来たと書いたが、その友人が

「ばばちゃんにメールしたんだけど送信エラ−になって、タップして下さいって表示されるの。

何度しても同じなんだけど・・・だから、電話したのよ」と言った。

もしかしたら?ばばはガラケーでCメール契約しかしていないから

文字数が多いのかなぁ?という結論になって、再度単文で送ってみようという事になり

数分経つと、無事メールが着信。

「無事着信したよ〜」と返信したら「これから、ばばちゃんへのメールは

短い文にするね」と言いながら、友人は「ばばちゃんもラインしたら良いのに」とも。。。。。。

ラインねぇ・・・・娘達からも言われるんだけど。。。。。

ばばは、ずっとCメールオンリーかも。

そう言えば、過日帰省した義姉も「ばばちゃんに電話したら送信エラーになったのよ。

ばば姉ちゃんに送信したら、すぐ送れたのに」って言っていたけど

義姉も、ばばに70文字以上のメールを一気に送信しようとしたしたのかなぁ?

今度、電話する時に話してみよう。

Cメール契約で迷惑かけているのかな?

ごめんなさい!

※画像は雨の中でも元気に咲くアジサイ。

 去年の母の日に娘からプレゼントされたた青色のアジサイだったが
 
 土壌が変わったのか、今年はピンク色になりました。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

水中処分母船6号

by じじの写真日記

徳之島じじとばばのブログ


6月23日(日)天気 雨 室温 26.5℃ 外気温 25.2℃ 湿度(室内)71%(午前8時24分計測)



 昨日は、雨の降る中亀徳港に停泊している「海上自衛隊水中処分母船6号(YDT-06)」の見学に出掛けた。

水中処分母船と言う言葉は初めて耳にした。

自衛隊の船舶では珍しく、艦艇ではなく船であるから武器は一切装備されていない。

もっぱら潜水作業支援船である。

この水中処分母船6号は沖縄基地に所属し潜水作業支援の任務に当たっている。

海自には基地ごとに1号から6号まで船名が付けられている。

 写真は、係留されている水中処分母船6号を船首の方から撮ってみました。



147aa


 ↑ この画像をクリックしたら大画面表示 します。
(2019年6月22日、13:59 徳之島町亀徳港で撮影)

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

海上自衛隊水中処分母船6号(YDT-06)

by じじの動画日記

徳之島じじとばばのブログ


6月23日(日)天気 雨 室温 26.5℃ 外気温 25.2℃ 湿度(室内)71%(午前8時24分計測)


今朝は、梅雨真っ直中の雨!!雨!!雨!!。

第32回トライアスロンin徳之島大会が予定よりスイムの距離を200m短縮して決行するそうだ!

9:00頃はバイクが亀津の町を駆け抜けていくので、じじはライブカメラを実況中継(笑い!)に切り替えて応援しよう!

例年はカメラとビデオをセットして撮影しているのだが、この天気では出来そうもない!

 昨日は、雨の降る中亀徳港に停泊している「海上自衛隊水中処分母船6号(YDT-06)」の見学に出掛けた。



水中処分母船と言う言葉は初めて耳にした。

自衛隊の船舶では珍しく、艦艇ではなく船であるから武器は一切装備されていない。

もっぱら潜水作業支援船である。

この水中処分母船6号は沖縄基地に所属し潜水作業支援の任務に当たっている。

海自には基地ごとに1号から6号まで船名が付けられている。

動画は、船内の様子と係留されている様子を撮ってあります。


海上自衛隊水中処分母船6号(YDT-06)



(2019年6月22日、13:10 徳之島町亀徳港で撮影)

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

残念!キッズトライアスロン中止

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ






6月22日(土)雨

昨日の雨は凄かった。

ばばが、毎日、夕方買い物に通う道の途中に、

土砂崩れの危険があるんじゃないかと思う場所が2カ所位ある。

斜面を太い針金の網状の物で覆ってはいるが、一番道路に近い部分には

受けから崩れ落ちたのか?土かy岩?が・・・

もう一カ所は、道路に大きく木の枝が張り出していて、

もし、根元の土砂が崩れたら、道路は通行不能になるだろう。

どこが整備するべきなのだろう?と思いつつ通ってはいるけれど・・・・

どこに言えば良いのだろう?

雨が続くと外仕事が出来ないので、パソコンに向かう時間が結構長くなる。

昨日に続き、今日も雨。

夕べからずっと雨で、又々洗面所とお風呂場の前の床に雨漏り。

シートを敷き、大型の洗い桶や洗面器を置いて対応。

朝、確認したが、たいした量ではなくて一安心。

風向きで安心は出来ない。

早く天気が回復して、じじが日曜大工で、うまく処理してくれる事を祈るのみ・・・・

6月22日、今日は、明日の「第32回トライアスロンin徳之島大会」に先駆けて

キッズトライアスロンが行われる予定だったらしい。

「らしい」と言うのは、今朝朝食時、防災無線による役場総務課からのお知らせで知った。

出場予定の子供達、練習を積み重ねてきただろうに、残念だったね。

明日、大人の人たちの競技はどうなるんだろう?
トライアスロン

天城町ヨナマビーチでスイム、その後、天城町から徳之島町をバイクで駆け抜け

伊仙町でランになり、そのまま天城町でゴールイン。

まさに徳之島3町を1周するコースなのだが。

ばばが「子供達のトライアスロン中止なら、あすはどうなるんだろう?」と言ったら

「大人の競技はまさか中止にはならないだろう」って言うけど

万が一、雨が激しくなったりしたら、スイムも、バイクも、ランも色々な危険をはらむ事になるからね。

でも、ずっと練習を重ねて、徳之島入りしたアスリート達に対し

「順延」とかも無理だろうし、「中止」となれば・・・・・・・・

明日は天気が回復し、ばば達も自宅近くの沿道をバイクで駆け抜けるアスリート達を

応援できますように・・・・

今日はね、海上自衛隊の海中処理班?の艦艇の無料艦内見学会もあるって放送があった。

車なら5分で行ける港で見学できるのだが、この雨ではなぁ・・・

ただ、午前10時からと、お昼13時からの約2時間ずつ、2回見学できるそうだから

空模様を見ながら、出かけようとは思っている。

雨、雨、雨、少し中休みしませんか?

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

>>

携帯用ブログQRコード       WEB写真集用QRコード


Copyright (C)2009-2014 tokunosima.info All rights reserved.

◇◇ Tokunoshima Island JJ&BB's HP ◇◇ ◇◇ A collection of Tokunoshima Island nature observation ◇◇