カウンター(Since 2009.8.3〜) 
無料カウンターサービス
徳之島じじとばばのブログへようこそ! ここは、モバイル・携帯アクセス兼用サイトです。



ようこそ!お越しいただきまして有り難うございます。     このサイトはモバイルアクセス用として誕生しました。     動画再生にはWin Media Playerが必要です。      どうぞ ごゆっくりご覧下さい!  当サイトはリンクフリーです。管理者へ許可を得る必要はありません。
日常生活の記事 >>
03/25(水) 13:42
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
03/24(火) 14:31
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
03/21(土) 14:37
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
>>このカテゴリーの記事一覧

むやみに手を入れてはいけない

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ






3月28日(土)小雨時々曇り

昨日は、ブログをほぼ書いてアップしようとしたら

突然画面が消えてしまい、復元画面が出るものの、どうしても復元できず

「もう、やめよう」と思いながら、夜に少し書いてアップしたら

何とか成功!

今日は、書き始めたは良いけれど、何故か画面がザザザッと動いて

又しても画面が消えてしまうので、仕方なくメモ帳に書いている。

面倒くさくなるなぁ〜ブログのアップが。。。。

さてさて、愚痴はさておいて、昨日に続き、今日もドンヨリ天気の徳之島です。

一昨日夜は、明け方の4時過ぎまで眠れず、起きたのも7時少し過ぎ位だった。

それでも日中はいつも通り元気に動き回り、夜になったら、何故か体が変な感じ。

すぐ2階に上がり寝たら・・・今朝は6時少し前までグッスリ。

前の晩の寝不足を補って余りある位寝ていた。

じじが「ばば、夕べは気持ちよさそうにグッスリ寝ていたよ。

逆に、僕は真夜中目が覚めて、それからなかなか眠れなかったけど」って。

じじが普段言うように、体が要求すれば上手く眠れるんだなぁと思った。

「じじは、昼寝で寝過ぎるから、夜眠れないんだよ〜」ってばばに言ったけど

ばばは、昼寝って全くしない。

現職時代は、土、日とか休みの日など、昼間もよく寝ていたらしい・・・・

らしい・・・と言うのは、自分では記憶が無くて

娘達に言われたんだけどね。

今は、昼間眠ろうとは全く思わない。

きっと「眠ければ、いつでも眠れる」という立場になったら

気持ち的に安心しているのかなぁ・・・と思ったりするけどね。

さて、過日アップした花壇のアマリリスは4輪が満開。

1本の茎に3輪ずつ咲くみたいで、あと2輪は開花が遅れているけど

時間差で咲いてくれるのも良いよね。

さて、今日はね、数日前にあった心臓がバクついた話を。

天気は良い日は、姉が来てくれるので一緒に買い物をしたりして

帰宅後、一緒にコーヒーを飲む事が多い。

その日もコーヒーを淹れながら、クリームを準備しようと棚の前に立った。

20個入りでキャラメル風味のクリーム、残りが5,6個になっていた。

棚の下の方に袋入りの状態で置いてあったので、中から取り出そうとした、その時!

何か細長い紙切れのような物が棚の上からヒラリ〜と袋の中に落ちた。

あれ?お菓子の袋の切れっ端があったの?とか思いながら

残り少ないし、もう、袋から出して棚の中の容器に入れておこうと思い

クリームのカプセルは全て取り出した。

あれっ、まだ何か入ってる!

袋に手を入れようとしてゾ〜〜〜ッとした。

クリープ袋

ワッ!ワッ!ワァ〜〜〜〜|||

細長くて淡いベージュっぽい物が見えた。

紙切れでは無い!絶対に!。

「落ち着いて、落ち着いて」と自分に言い聞かせながら、もう一回袋の中を覗いたら

ゲ〜〜〜ッ!!!何か動いている!

待て、待て、待て、落ち着いてよく見なさい、ばば。

もう一度、目を凝らすと、何と足らしき物も見え、少し動いたようにも見えた。

確かに袋の中に、何か細長い生き物がいる。

もしや中から何かが飛び上がって出てくるのでは?とゾクゾクしながらも

何とか袋を立てた状態両横を持って、濡れ縁に走り出た。

そして、袋の口を下に向けて外側に大きく振ると何かが外階段横の溝に落ちた!

何と!!!ヤモリの赤ちゃん?

体長5センチ位で横幅が1センチ足らず位の大きさ。

ニョロニョロ系と比べると、卒倒するような気味悪さでは無いけれど

それでも体がゾクゾクゾゾゾ〜〜ッっとなった。

イモリさん、庭に投げ捨てられた後も、小さく動いていたから生きていたんだよね。

どこに隠れていたのかな?

じつはね、暫く前から冷蔵庫の横辺りで、夕食時など

「チッチッチッ」・・・?と言うような声が聞こえてはいたんだけど

あれが、きっとヤモリの鳴き声だったんだね。

去年は、洗面所のガラス窓に夜な夜なヤモリがへばり付いていて

毎晩、そのお腹を見ながら洗面や歯磨きをしたけれど

今年は、どこからか室内にまで侵入していたらしい。

まぁ、害は無いと思うけど、やはり、良い気持ちはしないよね。

今の時期、厚手の大きな紙袋にジャガイモなどを入れた物を

いただく事がある。

袋は結構大きくて、長い辺が1メートル位あるから

中からジャガイモを取り出す時は、無意識に手を突っ込まずに

重々気をつけなくちゃ!

今回の事で、昔のある出来事を思い出した!

母が「婦人会長さん」をしていた時、集落行事などで使う

食器類などもまとめて預かっていて、家の押し入れにしまっていた。

ある時、食器を使う事があり、箱の中からお皿を出そうとしたら

お皿の上にハブがとぐろを巻いていたって。

押し入れの中は薄暗かっただろうし、

よくぞ母が慎重に行動してくれていて良かった!と心から思った。

ハブは、自分より体温の高い物に向かって飛びかかると聞かされていた。

とぐろを巻いている状態で、人間が手を伸ばしたら・・・

瞬時に飛びかかってくるだろうね。

今と違い、昔の家は、昼間は戸を開けっ放しにしていたから

ハブなども簡単に家の中に侵入できたんだよね〜

おまけに、ばばの家は3方が畑に囲まれた環境だったから。

庭にはハブの住処に最適な樹齢100年以上位の

大きなガジュマルの木もあったし、家から少し離れた場所には

溝もあったし、ハブにとっては最適な環境だったかも。

今思い出しても、ゾッとするハブの話・・・・

今回のヤモリ侵入事件で思い出してしまった。

今回のヤモリが、ごくごく普通のヤモリでは無く

姉親子が1ヶ月ほど前に実家のお墓参りに行った時

線香立ての下にいた、あの珍しい希少種?のイボイモリだったら?ばばどうする?

イモリ

それこそ、ギャァ〜〜〜ッと大声上げて家から飛び出すかも〜

昼間で、花壇の中とかに現れたんだったら、すぐ、じじも呼んで

写真撮ったり、観察とかするだろうけど

いくら珍種でも、真っ黒な生き物が袋の中に入っていたら

パニックなって袋を投げ出し、自分は外へ飛び出すだろなぁ。

そうそう、家の中に置いてある袋の中などに

むやみに手を入れるのも気をつけなければならないけれど

島では、畑や森でも、草むらの中に足を踏み入れる時も気をつけないといけないよ。

又、庭木の下に行く時も、一応は枝の上など、よく見てから近づいたり

枝を触ったりしないと危ないと思う。

何故って?去年、一昨年と、庭にリュウキュウアオヘビが現れて

倉庫脇や花壇の中、クチナシの枝などを移動した事があったから。

ハブのような猛毒は持っていなくても、やっぱりニョロニョロ系は怖い〜〜

臆病者のばばです。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

まさかの締め出し

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ





3月25日(水)日本晴れ

今日も日本晴れの徳之島です。

明日から天気は下り坂らしいので、洗濯をしたり

花壇の伸びすぎた夜香木などの木を切ったり、出来る事を頑張った。

今、ラジオを聞きながらパソコンに向かっているけど

女性アナウンサーが「半ドンって何ですか?」って男性アナウンサーに聞いていた。

次には視聴者から「ジャンパースカートって何ですか?」て質問があり

今度は男性アナウンサーが「私も分からないんですけど

ジャンパースカートって何ですか?」と、女性アナウンサーに聞いていた。

ばばは「半ドン」も「ジャンパースカート」も知っている(つもり?)だが

最近の若い方は、こういう言葉って聞いたり使ったりする事が無いのかなぁ?

世代の違いを感じることでした。

さて、話題変わって・・・

ばばは、未だかつて家から閉め出された事は無い。

勿論、じじを閉め出した事もないよ。

しかし昨夕、人生初めて、まさかの締め出しに・・・

いつも通り3時前、買い物に出た。

いつものお店にも寄って買い物をして、帰宅したら、じじの車がない。

あっ!そう言えば、4時頃から用事があって出かけるとか言っていた。

そっか〜じじも出掛けたのか?と思って、玄関へ行き鍵を開けようとした。

すると、鍵を持っていない事に気づいた。

いつも玄関の鍵は車の鍵と一緒にホルダーにまとめて持ち歩くのだが

土曜日に愛車を車検に出して、車の鍵以外をいつもバッグに入れて持ち歩いていた。

それなのに、昨日に限って「どうせ、ばばが帰ってきてからじじは出掛けるだろうし」

と思い、バッグに入れていた鍵束を出して、テーブルに置いて出掛けたのだ。

鍵束

ばばの帰宅が少し遅かったか?じじの出掛けるのが少し早かったのか?

タイミングが見事ズレてしまった。

どうしよう?と思ったが、もう1個、鍵があった事を思いだし

その鍵を使おうと思ったら、その鍵が見えないのだ。

どうしようもない。

どこか鍵開いていないかな?と、家の周囲など見回したけど

出掛ける時は鍵をかけて出掛けるんだから、開いているはずがない。

それでも、2階の窓がどこか開いていないかな?

開いてたら、そこから何とか入れないかな?等と

まるで「空き巣狙い」のような考えまで。

しかし、100%鍵は閉まっているし、家の中に入る事は出来ない。

こうなれば、じじの出先に電話をかけるしかない。

もしかしたら?用事は終わっているかも知れない・・等と思い

携帯を取りだした時・・・何と!奇跡的に、じじが「ただいま〜〜〜」と。

「あぁ〜良かった!今、じじに電話しようと思っていたのよ、家の中には入れなくて」と言うと

じじは、すぐ鍵を取って来て玄関の鍵を開けた。

えっ?じじ、鍵、家に置いて出掛けたの?

まさか、そんな事、夢にも思わなくて、じじが戻るまで待たなくちゃならないのかと諦めていたよ〜

いつもは、万が一に供え、ばばが仕舞っていた鍵を

じじが持って出ていたと思って諦めていたら・・・

場所を変えただけで、鍵は家に置かれていたのだ。

そんな事はつゆ知らず「家には入れな〜い」と焦っていたばば。

何があるか分からないから、鍵だけはバッグに入れて出掛けたら良かったのに。。。。

わずかな重さの鍵を「使いもしないから・・・」とわざわざバッグから出して出掛けた日に限って

「締め出し」というアクシデントが。

一番悪いのは、ばば。

昨日の出来事を教訓に、家の鍵は車の鍵などと一緒に

必ず持ち歩く事にします!

あぁ〜早く、愛車戻って来ないかな?

今日は戻ってくる!と信じて、整備工場からの連絡を待っているんだけど

まだなんだよな・・・連絡が。

もしかしたら?3時頃までには・・・と、内心、まだ諦めてはいないんだけどね。

と書いて、アップしようとしたら、車屋さんから電話が・・・・時計を見ると1時35分。

やったぁ!!!!

早速、車引き取りに行ってこよう。

何だか精神的にも身体的にもホッとした〜〜

慣れない車は、怖い!怖い!ビビり屋ばばですから。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

負けるもんか!

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ





3月24日(火)晴れ

今日も我が家の上空は雲ひとつ無い「日本晴れ」。

気持ちいいなぁ〜

ばばは、毎朝庭や菜園を見回っていると以前書いたが

今の時期、我が家の菜園は成長しすぎた三つ葉と

小さな実を付け続けてくれている健気なピーマン位しかなく

花壇もギンモクセイが花を咲かせてくれていて

近づくと、芳香が・・・・

執念で育てているキンモクセイには、毎日、様子を見て水をあげたり

肥料を与えている。

他に、花らしい花はないけれど・・・

今月になって、アマリリスが蕾を付けたと思ったら、いつの間にか隣にも蕾が・・

これは3月20日の画像。
蕾

それから4日後の今日朝、見た時の画像が、こちら。
朝見た花

撮影したのが今朝9時6分で、昼食準備前に外を見たら、朝より大分開花していてビックリ!
昼のアマリリス

明朝は、きっと満開だなぁ〜、楽しみ、楽しみ!

そう言えばね、今朝、このアマリリスを見ながら

「アマリリスって言う歌があったよね」という話題になり

どうしても歌いたくなったが、歌詞が所々からしか分からない。

「ねぇ、じじ〜(ヘイ、シリ!)って聞いてみてよ〜」と言っても、興味なさそう。

で、ばばが適当に口ずさんだら、いつの間にか、じじも・・・

なのに、歌詞は調べてくれない、この、イジワル〜〜〜

だから、昼食後調べて見た。

♪ 1 みんなで聞こう  楽しい オルゴールを

    ラリラリラリラ  しらべは アマリリス

  2  フランスみやげ  やさしい その音色(ねいろ)よ

     ラリラリラリラ  しらべは アマリリス♪

この歌って、何年生の時に習ったんだろう?

歌詞が分かったので、じじが留守の間、思いっきり独唱したよ!

じじに歌詞教えてあげないもんね〜

歌ってみたら、今でも階名でも歌えたよ〜〜

たしか、木琴とかオルガンで演奏した記憶も蘇ってきた。

何十年も前に歌ったり演奏した「アマリリス」の曲、懐かしいなぁ。

遙か昔に習った歌とか、あった出来事とかは良く憶えているのに

最近の事は全く分からな〜〜い!ばばの頭は、故障中〜〜

って、天気は良いし、庭先のアマリリスは開花しそうで、嬉しいばばです。

さて、昨日の「蜂蜜の瓶蓋開け対決」。

「瓶の蓋開け用」のゴムで出来た器具?まで引っ張り出しても無理だったから

素手でお互い戦う事に。

最初ばばが力いっぱい蓋を回そうとしたがダメだったので

じじに渡したら「あれ?少しフィルムが残っている」って。

蓋から、その少し下までセロファンで覆われていて、じじが外してばばに渡したのだが。

あらためてセロファンを全て外し、じじが挑戦!

左手でグッと瓶を支え、右手指に全神経と力を集中して「ギュ〜〜〜ッ」。

ダメだ・・・・・と、又、ばばへ。

ばばも、ありったけの力を込めて蓋を回そうと試みるが、なかなか。。。。。

数回試みて、「もう無理〜〜」っと再びじじへ。

じじも、意地でも開けようと頑張っている様子。

今回は立ったまま「ウゥ〜〜ン」「ウゥ〜〜ン」唸っている。

前回は胡座をかくように座り込んで、両足で瓶を挟み込み、開けたんだよね。

今回は、座らないの?と思っていたら、何度か呻いた後

「開いた!!!!」と雄叫び!

ホッ!良かった〜これ以上、ばばも無駄な力使わなくて良いわい。

と言うわけで、今回もじじの勝ちでした〜〜

それにしても、なぜ?こんなに固いの?瓶の蓋。

「じじとばばの腕力が落ちただけでしょう」って?

全否定できないのが悲しいなぁ。。。。

そうそう、昨夕はね、又、じじの友人から電話があって

じじが行ってみると、同じ蜂蜜の瓶を2個もお土産に貰ってきた〜

蜂蜜

ありがとう〜〜

1ヶ月後位に、又、じじと腕力?体力対決があるなぁ・・・

ちょっと作戦練って、次回こそ勝ってやる!!!

秘密兵器も入手できると良いけど。。。。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

早く戻って来て〜他、開けてやる!

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ





3月23日(月)晴れ

2日ほど小雨やドンヨリ曇天が続いたけど、今日は10時頃から天気回復!

やはり、その日の天気で、ばばは気持まで左右されるみたい。

今朝なんか、じじがラジオ体操始める前に朝食の準備とへ移行して洗濯も始め

7時10分前頃から食事開始。

食後は洗濯物を干し終え、送り物をし、友人に喜んでもらえる事をチョコッと頑張り

裏の空きへ行き、雑草の伸び具合を確かめ・・・

とやってたら、もう昼食の準備時間に。

時間経つのが早い事、早い事、ビックリしてしまう。

人間には時間の流れを調節できないから、自分の行動を工夫しなきゃね。

そうそう、今朝、ご近所さんで荷物を送ろうと、荷物を抱えて車庫を出たら

久しぶりにランドセルを背負った小学校低学年生位の男の子が

走って学校へ向かっていた。

久しぶりだなぁ・・・子どもの姿を見たのは。

小‥中学校の卒業式や修了式は、どうなるのかなぁ・・・・と思いつつ

男の子の後ろ姿を見ていたよ。

さて、ばばは毎日、じじが撮影に出掛ける時、車庫前で誘導する。

我が家は道路に面していて、左手から来る車は見えるんだけど

右手からの車は塀などの陰になっていて、見通しが悪いので

いつもハラハラする。

だから、ばば自身も、車庫から道路へ出る時は

慎重に慎重に車を出す。

ばばは、毎日、じじを誘導するけど、

じじが、ばばを誘導する事は、ほぼ無かった。

でも、一昨日、ばばが代車で帰ってきて「怖かった〜」と言うので

気にはなっていたらしい。

実際、じじも昨日、車庫から出る時、急発進のようになってしまい

誘導していたばばも怖かった。

じじも自分が乗ってみて、ばばが怖がるのが少し分かったのだろう。

昨日夕方買い物に出る直前「今日は、じじが運転して〜」と言うばばに

「そうしようか?」とじじも即答。

一旦、2階に戻りかけたが、ばばが「良いよ、ゆっくり気をつけて行ってくるから」

と言うと「じゃぁ、今日は僕が誘導しよう」と、付いて来てくれた。

「とにかくクラッチから、ゆっくり足を離しなさいよ。

ばばの車のクラッチとは調整が違っているから、同じ感覚ではいけないよ」って

何度も念を押された。

じじの誘導の下、何とか無事車庫から車を出した。

前日、姉にもドキドキ運転で怖い思いをさせたので

「今日は下りてこないでね。立ち寄り禁止よ」って冗談と本気半々で伝えた。

いつもより少し早めに家も出て、余裕を持って買い物をして来よう。

特にクラッチから足を離す時に「ゆっくり!、ゆっくり!」と心の中で唱えながら運転。

「信号待ちが無ければ良いなぁ・・」と思っていたのに

最初の信号は赤。

次は青だったので良かった!

魚屋さんで買い物を済ませたら、どこも寄らず一直線に帰宅。

昨日は日曜日だったので、車もあまり通らないのも良かった〜

時間が経てば、慣れるだろうけど、自分の車以外に乗るのは

とても、とても怖い、臆病ばばです。

今日から車検始まったら、明日夕方に愛車戻って来ないかな・・・・・

それまではスーパー等にも行かないと、決めているばばです。

あっ!そうだ、今日、撮影に出掛ける前、じじが蜂蜜の瓶を開けようとしていた。

じじはお砂糖の代わり、コーヒーに蜂蜜を入れる。

低血糖予防に、どうしても甘い物も摂らなくてはならないから。

この蜂蜜、いつも、じじの友人がプレゼントしてくれる。

ユズの香りがする、蜂蜜で中身が1キロも入っている。

蜂蜜

とっても美味しいんだけど、この蜂蜜、最初蓋を開けるのが一苦労。

学生時代、空手などで体を鍛え、体力だけは自慢していたじじだけど

この蜂蜜を開けるのは四苦八苦。

たまたま、今日、新しい瓶を出し、開けようとして「開けられるかな?」とじじ。

前回、座り込んで、両足で瓶を挟むようにして、手で力いっぱい蓋を回してもなかなか開かず

ばばが、途中交代しても、もちろんの事だけど、開かず。

そんな事が毎回なので、今回は、じじが開ける前、ばばに瓶を差し出した。

腹黒いばば、内心、「何とか開けて、じじを驚かせてやる!」と気合いを入れて

瓶の蓋を力いっぱい回した・・・ごめんなさい、続きは明日。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

怖いよう〜〜じじ、運手して〜

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ





3月22日(日)晴れたり曇ったり

今朝、朝食時、ラジオを聞いていて、又ひとつ新しい事を知った。

唱歌「さくら さくら」の歌詞について。

じじとばばは、どう歌っていたかな?ということになり

ばばは「♪さくら さくら 弥生の空は 見渡す限り

霞か雲か においぞ いずる いざや いざや 見に行かん♪」かな?

と思ったが、「♪さくら さくら 野山も里も 見渡す限り

霞か雲か 朝日に匂う さくら さくら 花盛り♪」とも歌っていたよな。。。。

続けて歌った記憶もあるから、

1番と2番で歌詞が違うのかな?とかも思ったけど・・・

実はね

「さくら さくら 弥生の空は 見渡す限り 

霞か雲か にほひぞいづる いざや いざや 見に行かん 」

という歌詞は、明治21年に作られたそうで

「さくら さくら 野山も里も 見渡す限り 
  
「霞か雲か 朝日ににほふ さくら さくら 花盛り」

という歌詞は、昭和16年に作られていたんだって。

言われてみると、古い方の歌詞では

「弥生とか にほひぞ いづる いざや いざや 見に行かん」

等と、言葉にも特徴があるよね。

さらにネットで調べて見ると、

「昭和42年には学習指導要領で小学2年生で扱うこととなり、

歌詞も昭和16年のものと同じに統一されたが、

昭和52年には、同じく小学4年生の共通教材に選ばれ、

平成元年には、同じく中学1年生の共通教材になったが、

中学校の教材では、本来の歌詞に戻っている」って書かれていた。

普段歌っている唄の歌詞にも、色々な歴史的な背景?があるんだなぁ・・・・

と知った今朝でした。

さて、さて、今日のばばは、ふとした瞬間に心臓がバクバクします。

その理由は、乗り慣れない車を乗らなくてはならないから。

実は、ばばの愛車が車検で、昨夕、車屋さんに預け、代車で帰宅した。

愛車

※これは出掛ける前に撮った愛車だよ〜

車屋さんにお願いした代車も、勿論、ミッション車!ですよ〜

問題は、この後。

昨夕、車を預けた後、代車で、いつものお店に行ったのだが。。。

クラッチの感覚が、愛車と違っていて、急発進してしまったりで

助手席の姉も、ビックリさせてしまった。

運転席の高さとかも、違和感があるし、心の中では最初からビビりまくり。

何とか、落ち着いて、クラッチをゆっくり踏んだり離したりするように気はつけたが

帰宅するまで、本当にドキドキ!

信号待ちでは、前車との車間距離を充分に見て、ゆっくり、ゆっくり・・・・

信号が2カ所あるが、1カ所は信号待ち無しで、スムーズに通過。

わずか10分足らずの運転だったのに、ダァ〜〜〜ッと疲れてしまった。

あの穏やかな姉でさえ「どこかで、少し運転の練習したら?」と助言するほどだった。

本当に怖かった!

ばばは頭が固いというか、車はミッション車じゃないとダメ!と決めつけている。

オートマ車がいかに良いか?周囲からは説得されても

免許取得から半世紀経っても、ミッション車しか乗れない。

その上、自分の車以外、本当に乗るのが怖い。

数年前の車検でもミッション車を代車に準備して貰ったが

その時はスムーズに乗って帰った記憶がある・・・(忘れただけかな?)

昨日、運転があまりに怖かったので、姉には「明日から私の車が戻ってくるまでは

来宅禁止ね!」と言って大爆笑した。

姉は「バイクで私が刺身買ってこようか?」とか「歩いて行こうか?」

等と言ったくれたけど、歩いて行くのは・・・・距離的、道路の状況を考えると

ちょっと・・・・なぁ。

そこで、ばばの中での最終案。

「じじに運転して貰い、ばばは助手席に乗って魚屋さんに行き買い物をする」

って・・・・・どうだ!!!!

でも・・・考えてたらおかしいし無駄だよなぁ。

じじに運転して貰うなら、買い物もじじにしてきてもらい

その時間、ばばは家で夕食の準備した方が、よっぽど良いんじゃない?

だよね・・・・・・

さて、あと1時間ちょっとで出掛ける時間だけど、どうしよう?

車を預けたのが土曜日夕方で、今日が日曜日だから

車検の終わるのが、早くても水曜日頃らしい。

早く、自分の愛車に乗りたいよ〜〜

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

バタバタ後、安らぎタイム

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ





3月21日(土)晴れ

今日も昨日と同じような、穏やかな天気の徳之島です。

昨日は夕方出掛けた先で、2件のお悔やみがあったと聞いた。

1件は、もしかして?じじ両親が亡くなった時、お世話になった方かも知れない。

だったら、お通夜に行かなくちゃ。

お亡くなりになった方について、姉が少し心当たりがある様だったので

色々調べて見たけど、100%の自信は無かった。

斎場にも問い合わせをしたりしたら、ほぼ間違いないだろうということで

お通夜に行ってくる事にした。

他にも一緒に行きたいという方がいたので、ばばが運転手になり、

3人一緒に・・・と言う事で。

お通夜が6時からという事だったので、5時40頃には家を出ようということになった。

最終決断したのは5時20分前後。

昨夜は、民放のテレビ番組で徳之島が取り上げられるというので

遅くとも、7時までには、夕食も済ませておきたい。

昨日は姉が徒歩で散歩がてら我が家に寄ったので、

まず、姉を家まで送って行き「うちに来る時、絶対慌てないでね。

怪我でもしたら大変だから」と声をかけて帰宅。

超特急でシャワーを浴び、着替えをして、準備を済ませて車庫で待っていた。

3人揃ったのが40分少し過ぎていた。

斎場へ・・・‥ほんの数分で着いた。

焼香を済ませ、帰宅したら6時を少し回った位だった。

それにしても・・・良く間に合ったなぁ・・・3人とも。

20分で準備をして集合、出発って、半分パニック状態でバタバタ。

でも、頑張れば、何とか出来るんだな・・・・と思った。

帰宅後・・・夕食の準備。

我が家はテレビがあっても、8年近く観てない。

テレビが観たい時は、じじがパソコンで設定してくれるが

その代わり、2階へ上がらなければならない。

食事はいつも通り1階で済まされたら良かったのだが

パソコンの前で初めて食事。

テレビでは長寿の方へのインタビューや、闘牛、

稀少生物などについて取り上げられていた。

闘牛

今週は、火・水・木・金と4日続けて、奄美関係の番組を観た。

笠利と奄美大島の島唄・三味線、徳之島で頑張る若いコーヒー農家さん

そして、夕べが徳之島の闘牛や稀少生物などについての内容だった。

普段、テレビは観ないで、ラジオで充分満足しているのに

「奄美」とか「徳之島関係」の番組となると、

目で観ながら耳で聴きたいと思うから不思議。

見慣れているはずの島の風景でさえ、テレビの画面を通して観ると

又.ひと味違って見えるから不思議だな。

夕べの番組でも天然記念物の「アマミノクロウサギ」が取り上げられていた。

数年前「奄美の黒兎」ではなく「奄美野黒兎」で・・・アマミノクロウサギ・・・

奄美に生息する野生の黒ウサギが「アマミノクロウサギ」だと

テレビかラジオで話していたと記憶するが、どうだったかなぁ?

この兎は山中に住み、夜行動する事が多いとか?も聞いた事があり

徳之島の島民でさえ、どの位の方が実物を見た事があるんだろう?と思う。

夕べの番組に出ておられた100歳以上のお爺ちゃんも

この稀少な生物に会っていないと話しておられた。

ばばも会った事は無いが、じじは2回位会った事があるって。

ばばもいつか会えたら良いなぁ・・・・・

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

>>

携帯用ブログQRコード       WEB写真集用QRコード


Copyright (C)2009-2014 tokunosima.info All rights reserved.

◇◇ Tokunoshima Island JJ&BB's HP ◇◇ ◇◇ A collection of Tokunoshima Island nature observation ◇◇