カウンター(Since 2009.8.3〜) 
無料カウンターサービス
徳之島じじとばばのブログへようこそ! ここは、モバイル・携帯アクセス兼用サイトです。
<< 2019年1月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
検索語句
ようこそ!お越しいただきまして有り難うございます。     このサイトはモバイルアクセス用として誕生しました。     動画再生にはWin Media Playerが必要です。      どうぞ ごゆっくりご覧下さい!  当サイトはリンクフリーです。管理者へ許可を得る必要はありません。
植物のことの記事 >>
01/09(水) 19:23
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
12/04(火) 14:28
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
04/12(木) 14:31
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
03/27(火) 14:21
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
>>このカテゴリーの記事一覧

「猫村 ねこさん」って知っていますか?

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ




1月16日(水)快晴

娘宅の、ある部屋に置いてあるカレンダーが、ずっと気になっていた。

以前から、玄関にも、ばばがあまり見かけない小さな馬の置物が飾ってあって

それは「縁起が良いんだって」と、つい先日聞いた。

気になっているカレンダーは、猫が立ち上がって

何かしているような絵が描かれたいる。
カレンダー


夕べ、聞いてみると「あれはね、漫画のキャラクターなの」と言う。

漫画なんて、もう半世紀以上読んでもいないばば。



まだ、書籍類がなかなか入手できなかった小学低学年の頃

登下校中の道に紙切れが落ちていたら拾って読んでいたばば。

小さい頃から活字に興味はあったらしい。

高校生になって、やっと毎月発刊される「高校時代」?だったか

「高校生活」?だったか定かでは無いけれど。。。を

毎月兄が買ってくれて、貪るように読んでいた。



その後、大人になってからはエッセイやミステリー等

いろいろな本に興味を持ち、気に入った作者の本は全て買いそろえていた。



そんなばばが、漫画を読んでいたのは、いつ頃だったんだろう?

読んでいた時期も、内容も記憶には無いが、確かに漫画を読んではいた。



昨夜、カレンダーの絵が「漫画の主人公のキャラクター」だと初めて分かった。

「へぇ〜〜〜」と吃驚しているばば。

すると、娘がゴソゴソし始め「お母さん、この漫画のキャラクターだよ」と

本を7,8冊持って来た。
本


ページをめくると、「きょうの猫村さん」と書かれている。

ほんの最後のページを見ると、作家名は「ほし よりこ」という1974年生まれの若い方。

「2003年7月から「きょうの猫村さん」をネットで連載、毎日1コマ更新しているらしい。

2005年7月に初の単行本として「きょうの猫村さん」を出版して

日本中の老若男女を虜にした」というようなことが書かれていた。



知らなかった〜

1日1コマ更新って・・これも変わっているねぇ。

本の大きさはA5版くらいで、1ページに2コマ書かれている。



普段は寝る前に、作りもしないレシピ本を読んでいるが

夕べは「どんな内容なのかなぁ?」と少し興味があったので読みながら寝た。

読み出すと、結構おもしろくて

寝るまでに、1巻は読み終わった。

朝起きて、娘に話すと吃驚していた。

今朝も、娘を送り出してから、すぐに読書(漫画)。

あっという間に200ページ以上ある本5冊まで読破。

今、6巻目を読んでいる。



猫の「猫村 ねこ」という家政婦さんが主人公で

「家政婦派遣所」みたいな所からある豪邸に派遣され働いている。

その豪邸、大学教授夫婦と、娘、息子、ご主人のお母さんの5人暮らしだが

全員が、それそれ問題を抱えバラバラな家族。

猫村さんが関わっていくことで、少しずつ家庭に変化があらわれそうなんだけど

なかなかハッピーエンドにはならないで話は続いていく。

早く最終章を読んでみたいが、まだまだ先は見えない。

1日1コマしかアップしないんだったら、終わるまで、あと何年かかるのだろう?

現在ネットでも配信中らしいけど、やはり冊子で読んでみたいなぁとばばは思う。



娘のおかげで、漫画って、こんなに面白いんだ〜と実感した。



よくぞ、自分が気になっていた「カレンダーの絵」のこと、話して良かった!

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

重かったでしょう・・

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ





1月9日(水)晴れ
桂離宮

昨日は、娘がじじのむだ毛を見つけ、抜いたことを書いた。



その前、娘が帰宅する前の、じじの行動も書いておこうかな?



「パソコンおたく」と言ってもいいほど、パソコン好きなじじ。

パソコンを組み立てたり、部品交換してパソコンを使いやすくしたり

その他、様々なパソコンに関することなら喜んでやってくれる。

じじにとってのパソコンは、「子供にとってのおもちゃ」と同じだと

常々思っている。



ばばが今まで使っていたパソコン、立ち上がるのも時間がかかって

イライラしていた。

すると「ばばのパソコンにもSSDカード入れて早くしようか?」と言っていたが

一昨日、早速買ってきて、さらにはパソコンも変えてカードをセットし

何と!家族のパソコンで一番スピーディーに動くようにしてくれた。

「ありがとう!ありがとう!」と感謝していたのだが

一旦帰宅したのに、すぐ又出かけると言う。

「何しに?」と聞くばばに「今日は、ワインがセールだったけど

買おうと思ったら、お店からもらったチラシがないと買えないと言われた」と言い

テーブルの上にあった小さなチラシを取って出かけた。

え〜っ、夕方だし、寒いのに、わざわざあの急な坂道を上り下りして

娘を喜ばせるためにワインを買いに出直すの?とばばは思ったが

じじはサッサと出かけて行った。



約40分後くらいかな?

じじが両手に荷物を提げて帰ってきた。

買ってきたのは、何とワインボトル6本。

玄関で荷物を受け取って持つと、完全に6,7キロはありそうだった。

胸突き八丁の坂を上がって、買い物をし、こんな重い物を下げて戻ってきたじじ。

どれだけ、娘を喜ばせたかったのか?

「娘に対する父親愛」。



娘が帰宅すると早速ワインを開け父娘で乾杯していた。

じじがワインを買って来た経緯をばばが話した。

「こんなに娘のことを思う父親は稀だよ」と。

その後、娘がじじのむだ毛を見つけ、抜いたのだった。



娘もじじも、お互い嬉しかっただろうな。



じじ、ばばはワインは要りませんから

美味しいミカンをドォ〜ンとプレゼントしてください!

と、書いたものの、家ではいくらでもミカン食べるのに

旅に出たりすると「憑きもの」が落ちたように

ミカンのことなどケロッと忘れてしまうから不思議・・・



そうそう、今日はね、朝11時から夕方5時過ぎまで遊び回って来たよ。

詳しいことは、又後日。



※画像は今日遊びに行った場所で写したよ。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

えっ?

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ




12月4日(火)晴れ

師走だというのに、徳之島はまるで夏のよう・・・

我が家の室温、朝食時は26度ちょっとだったけど

午後1時40分の室温は、何と!何と!29,6度!!!信じられない!
高温

だから、ばばは夕べから半袖短パンで過ごしています。



昨日ブログでインフルエンザの予防接種を受けて来たと書いた。

ほぼ同時刻に受けたのに、じじの腕は普段とほぼ変わり無し。

ばばは接種の痕が赤く腫れて,触ると熱っぽい。

何で??

過日、10月29日に「肺炎球菌ワクチン」を受けてして来たと書いたが

接種当日は,帰宅後,あまりのきつさにダウン。

ほぼ半日、起き上がる事も出来ずに過ごしたが

まだ、これも後遺症??と思いながら過ごしている事が・・・

接種後、左腕が自由に動かせない。

肘から肩周辺までが痛いのだ。

無意識にさっと手を上げたりしようものなら「アイタタタタタッ」となってしまうので

左手をかばいながら家事もこなしている。

その同じ腕に、インフルエンザの予防接種。

思い込みからか、接種痕が異様に赤いので,じじがビックリしている。

だって、じじは発赤も腫れも無いし、普通と変わらないから。

毎年、少々の発赤や腫れはあるものの、今年はちょっとひどいくらい。

副作用について、ばばと同じような症状が書かれてはいるが

例年より酷いかな?と思ったり、自分だけ症状が出ていると・・・ねっ。

でも、我慢、我慢。

数日では症状も消えるはずだから。

しかし、肺炎球菌接種後の後遺症???は1ヶ月経っても消えないのは何故だろう?

他にも,同じような人がいるのかなぁ???



今朝、ばばが洗濯物を干していたら,じじが来て

「夕べから、何だか違和感があると思っていたんだけど

さっき気づいたよ。肌着を前後逆に着ていた」と言う。

アハハと笑いながら、んっ?と思った。

前日の洗濯物を畳んで洗濯カゴにいれ、お風呂場の収納棚にしまった。

その後、今、洗い終わったばかりの洗濯物をカゴに入れて干すつもりだった。

しかし・・・・

ばばは、空っぽの洗濯カゴを下げて物干し竿の前に立っていた。

ワァ〜〜〜

畳んだ洗濯物を片付けた後、洗い終わった物をカゴに入れるつもりが

入れずに,カゴだけ持って干し場へ・・・

アハハハハハ〜笑うしか無い。

全く、モウ〜〜〜ッ(呆れ果てて牛さんになってしまったばばでした)

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

今日のうちで行って来て良かった

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ




4月14日(土)曇り

気持ちだけは、いつまでも若いつもりのばば。

今でも50メートル走ぐらいは出来るかな?と思う。

ご近所に、90代のおばあちゃんがいらっしゃるが

この、おばあちゃん、道路なども端走って渡る位、元気だ。

この大先輩を見て、ばばも人が見ていない所で

ちょっと走る真似をしてみた。

あれっ?足が上がらない。

前に進まない。

わぁ〜〜大変、大変、大変。

気持ちだけ若いつもりでも、体が付いて来ないよ〜〜



スキップは出来るかなぁ?と室内で試してみた。

軽々出来るつもりだったのに・・・・

これも全く足が上がらないよ〜〜

こんなに自分の体が重かったなんて、エェ〜〜ン、エン。



朝、じじがラジオ体操をするのを見て、

「ばばだって〜〜〜」と対抗心メラメラだったけど・・・

「ラジオ体操だけは自信ある!正確な体操できる!」って

今朝、宣言したばかりだったのに・・・こりゃ、ダメだなぁ。



昨日は「13日の金曜日!」とじじが言ったので

終日、慎重に行動したけど、今日が14日で明日が15日っていうのも

分かりきっているはずなのに・・・



今日、2時過ぎに「お墓参り行って来る?」と姉からメールが来て

「えっ!」と思った。

毎月、1日と15日は実家のお墓参りに行く。

早い分には良いだろうと、自分たちの計画や天気予報を勘案して

なるべく早めに行くように心がけているのだが・・・

昨日の今日「お墓参り」のことはすっかり忘れていた。

今日も終日曇り空で、時折小糠雨も降った利の天気なので

明日の天気がどうなるか分からない。

それに、今は車が1台しか無いので、午前中はじじが撮影に行くので

明日午後からの天気次第では、お墓参りに行けないかも知れない。

「準備でき次第、行って来ましょう」と姉に返信して

3時少し前には出発した。



お墓参りは、いつも3カ所回る。

まず、長姉のお墓、次に両親のお墓、最後に姉の婚家のお墓の順で・・・

と決まっている。

長姉のお墓からは、母校の校舎や体育館、その後ろの山々まできれいに見える。
母校

何回見ても見飽きない。



ばばが小学生の頃とは全く様変わりした校舎だけど

ばばが勤務していた時に、新校舎が出来た。

数ヶ月間、初めての仮設校舎での仕事だったが沢山の思い出が出来た。



母校を見る度に色々な事を思い出す。

在学時代の恩師や先輩、後輩の事、

自分が母校で仕事をするようになってからの、

可愛い教え子ちゃん達の事、上司や同僚の事・・・



年々児童数も減っている現状だけど、

やはり母校という場所は、いつまで経っても懐かしい。

島内、どの学校も児童数が年々減少している。

近い将来、もしかしたら?学校も統廃合という事も避けられ無いかも知れない。



曇り空の下で見たからかも知れないけれど

母校を見ながら、少しだけ悲しくなったばばでした。



お墓参りを終えての帰路は、やはり小糠雨。

風もけっこう強かった。

でも、今日のうちでお墓参りできて、良かった!

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

早朝に直撃!

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ




4月12日(木)雨時々曇り

久しぶりの雷雨で目が覚めた。

けっこうな雨量になったんじゃ無いかな?

夜が明けても雨が降ったり止んだりの徳之島です。

昨日まで蕾だったお隣さんの「ダチュラ」が開花していた。

ピンク?オレンジ色できれいだなぁ・・

ダチュラ


今朝は、4時か5時過ぎだったろうか?ものすごい雨音だった。

外は暗いし、二度寝・・・していたら

7時少し前「パシッ!」というような音が聞こえ

直後、ド^〜ンというような音が聞こえた。

「何!!!」と、既に起きてパソコンの前に座っていたじじに聞くと

「落雷だ!」って、

じじがスイッチを触ると、部屋の電気は異常なし。



しかし・・・じじにとっては家族の次位に大事な

パソコン1号が落雷でやられちゃった!!

何と言う事!!!

自宅から配線しているランケーブルに落雷したらしい。

じじは、懐中電灯を持って自宅2階に上がったり、1階に下りたり、

雨の中、何回も階段を上り下りしている。

たまたま電源を入れていた、じじにとっては一番大事な

パソコンがやられたらしい。



落ち込んだまま、朝食。

食欲も無さそうなじじ・・・

何とか笑わそう、盛り上げようと思うけど

ふたりしてシュ〜〜ン。

くら〜〜い食事が終わって、ばばは洗い片付けなどして

絶対今日やろう!と決めていた事を始めようとしていたら、

じじが「あっ!」と声を出した。

「何??」と聞くと、天井を指さして

「蜘蛛の卵から、赤ちゃんが生まれた!」と。

老眼ばばには、はっきり見えなかったけど

じじが指さす方を見ると、なるほど、天井から細い、細い糸が下がっていて

その先端には緑色っぽい小さな蜘蛛の赤ちゃんが・・・

家の中で、誕生直後の蜘蛛の赤ちゃんを見るなんて。



今日は、何か朝から次々怒るなぁ・・・

「2度ある事は・・・」と言うから、もう一度、何かあるかも知れない。

良い事であればいいけれどと思いながら、ばばは仕事に戻った。



その後、ばばにも友人から6,7年ぶり位に電話が来たり。



じじは、午前中、ずっと自宅2階との行き来で、

何十回階段を上り下りした事か?

お昼には好きな牛肉でも焼いてあげましょと準備した。



お昼も、まだまだ落雷の話。

「外は大雨だったし、あと1時間寝ておけば

こんな事起こらなかったのに・・・」って言っていた。

2階からランケーブル引き込んでいるし・・・

仕方無い、今回のアクシデントは。



まぁ、半分位は直したと言っているし、別のパソコンで

新しい環境作って、早ければ明日辺りから、

又いつも通りパソコン三昧出来るかな?



パソコンの事なんか何一つ分からないばばだけど

早朝からパソコンをつけていなかったのが幸いだった。

じじは、壊れたところを一つ一つ点検しながら

又、新しく作り上げたりしなければならなくて大変だけどね。

夕べも、寝る前に、今日アップする為の動画や写真を準備して

下書き段階は終わっていたはずなのに、今日はアップできないね・・・・残念!



まさか、我が家のランケーブルを雷が直撃するなんて

予想だにできなかった・・・

じじは言っている。

「今度、宝くじを買おう!絶対当たるはず!」って。

「どこで買うの?}と聞いたら「東京で」と。

「どの位、買うの?」と聞いたら「3000円分位」と。

「どの位、当たりたいの?」と聞いたら「3億円!」って。

「3億円当たったらどうするの?」と聞いたら

「東京の駅前にマンション買う」だって。



雷に、じじの頭もやられたらしい。

心配だ〜〜〜〜

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

ごめん!犯人はばばです、他

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ




3月27日晴れ時々曇り

我が家のじじ、晴れてさえいたら毎日野鳥の撮影に出かける。

そして年に何回か、ばばの土産を持って帰ってくる事がある。

時にはドングリや椎の実、時には野の花や枯れ木の枝等。

せっかく持って来てくれるから、ばばも短期間でも飾ったりしている。

1週間ほど前、野生の花を一枝持って来てくれたので

花瓶に挿して飾ってあったが、枯れてきたので花を捨てて

花瓶を洗おうとして、ふと、花瓶の裏側が気になり

裏返してみたら、何か字が書かれていた。
花瓶


メガネをかけてよくよく見ると

「贈・第53回逓信記念日」と書かれていた。

「逓信記念日?」

聞いた事はあったが、なぜ、その記念日に贈られた花瓶が我が家に?

ネットで調べてみても、はっきりは分からない。

じじ両親の誰かがもらった物?

それとも、逓信記念日に誰かがもらった物を

両親にくれた物?

考えてみても、身内に関係者はいそうに無い。

昼食時、じじとも話したが分からない。



「この花瓶は真鍮で出来ているなぁ・・」とじじが言った。

5円玉の材料と一緒で、銅と亜鉛を混ぜれば真鍮が出来るって・・・

へぇ〜〜〜

花瓶が何で出来ているかより、この花瓶は誰の物だったのか?

誰がこの家に持って来たのかが気になる。

この謎は一生解決できないだろうなぁ・・・・



数日前・・町議選の期日前投票の日と次の日に

じじの事をブログに書いた。

朝の靴下騒動、晩の刺身皿騒動・・・・

実は、同じ日にもう一つ、じじは災難?があったのです〜

ばばが姉と期日前投票に出かけようと、車庫まで行ったのに

「あっ!ガス消したかな?消したとは思うけど・・・」

と言いながら、戻って・・・ここまでは良かったんだけど

靴を脱いで室内に入るのが面倒くさいと思い、プロパンガスの元栓を閉めた。

投票を終え、買い物なども済ませ、さて夕食の支度を・・・と思っていた時

じじはお風呂に入ると言った。

しかし、その日、ばばはちょっとだけ頭が重いような気がして

「今日はシャワーで良いかも・・・」と言ったら

じじも「じゃぁ、僕も今日はシャワーで済ませよう」と風呂場へ・・・

数分経った頃、風呂場からばばを呼ぶじじの声がする。

普段無い事なので、慌てて駆けつけると「いつまで経っても水しか出ない。

うぅ〜〜寒い!!!」と。。。。。

一瞬で悟ったばば。

昼間、外出した時、ガスの元栓を閉めたままで、まだ開けてなかったのだ。

内心申し訳無い!!!と思いつつも、慌ててストーブのスイッチを入れ

「分かった!!」とだけ叫んで、外へ飛び出し、元栓を開けた。

しかし、開けたからと言って、瞬時にお湯が出るわけも無く

じじは「寒い!寒い!」と言いながらシャワーを出し続けている。

「バスタオルかける?」と背後から声をかけたら

「大丈夫!」って。

大体5分位だっただろうか?

じじは冷水を出しながら、風呂場の中に立っていた事になるが

暫くして「あぁ〜お湯が出るようになった」と・・・

安堵したようなじじの声を聞きながら、台所に戻ったが

少しヒンヤリする夜だったし、じじが風邪でも引いたらどうしようと

気が気では無かった。



お風呂から出て、いつも通り晩酌もして、夕食も済ませて

普段と変わらず2階へ上がったじじ。

翌朝、普通通りにじじが起き出すか心配でたまらなかったが

ばばより先に起きていたので、一安心!



ばばって、心配性というか、「鍵は閉めた」と確認して家を出ても

いざ、車に乗り込もうとして「鍵締めたっけ?}と思うと

気が気では無くなって、すぐに戻って再確認してしまう。

今まで100%鍵閉め忘れて外出した事無いのに・・・



じじが自宅で病気療養中で、ばばだけが働いていた時

早朝家を出て、職場の近くになってから「ガスの元栓閉めたかな?」

と気になり出すと、ますます心配になって

当時はじじもばばも携帯電話を持っていなかったので

公衆電話のある地点まで走って、ドキドキしながらじじに電話した事もある。



普段、落ち着いて行動して、自分を信用すれば良いのに

「○○したかな?」と思い出すと不安になって

悪い方へ悪い方へと考えてしまう。

つい数時間前とかに自分がした事忘れて不安になるなんて・・・

おかしいんじゃない?

年を取れば、こういうことを良くするのかな???



って、ばばは若い頃からやっていたから

年と関係なく、性格的なものなのかなぁ・・・



あっ!じじに悪い事してしまった事書いていたのに

ばばったら〜〜



という事で、3月23日は、じじは3回続けてハプニング?の1日でしたとさ。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

>>




携帯用ブログQRコード       WEB写真集用QRコード


Copyright (C)2009-2014 tokunosima.info All rights reserved.

◇◇ Tokunoshima Island JJ&BB's HP ◇◇ ◇◇ A collection of Tokunoshima Island nature observation ◇◇