カウンター(Since 2009.8.3〜)
カウンター カウンター
徳之島じじとばばのブログへようこそ! ここは、モバイル・携帯アクセス兼用サイトです。



ようこそ!お越しいただきまして有り難うございます。     このサイトはモバイルアクセス用として誕生しました。     動画再生にはWin Media Playerが必要です。      どうぞ ごゆっくりご覧下さい!  当サイトはリンクフリーです。管理者へ許可を得る必要はありません。
2020年2月の記事 >>
02/29(土) 08:49
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
02/28(金) 13:32
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
02/28(金) 09:00
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
02/28(金) 08:59
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
>>2020年2月の記事一覧

やった方、言った方は憶えていない・・・?

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ







2月29日(土)晴れ

朝は「今日は昨日より天気悪くなるだろうなぁ・・・」と思いながらも

「まぁ、軒下の干せば良い事だよ」と洗濯機のスイッチオン!

ご近所でお弔いが出て、昨夜はお通夜に行って来て、

今朝は告別式に行こうと思っていたので、

出掛けるまでに洗濯物を干して・・・と。

午前中は告別式に行って来て、棚を1つ片付けたら、もう、お昼。

朝、干した洗濯物は、ほぼ乾いている。

そんなに寒くも無いし、穏やかな天気の徳之島です。

ばばは、これまで沢山の方達と関わりながら今日に至っている。

そんな中で「周囲の方々への感謝の気持をもとう」と

思い始めたのは、何歳くらいからだろう?と考えたりする。

友人知人、お隣ご近所さん、町内外の方々もっと広げれば

数え切れない方々の支えがあり、その中から学び、そして今の自分がある。

幼い頃は、結構やんちゃもし、母親から厳しく叱られた事も多々。

自分が、母と々立場になった時、

ばばを厳しく叱ってくれた母の気持ちも理解できたけど

一時期は「厳しすぎる(ばばの私感)母」が嫌いだった。

小学校時代は同級生同士他愛ない事で喧嘩もし

校則を破って1回だけ夜間外出をし・・・。

その都度、先生から呼ばれ、叱られたのは、ばばばかり。

ばばを叱って下さった恩師は、大勢の中の一人の児童を

叱った事など憶えていないと思うけれど、叱られたばばの方は

半世紀以上経っても憶えている。

先日帰省した甥っ子1号君が、ばばに話した事でも

ばば自身がした事なのに、全く記憶に無くて大笑いした事があった。

その1つが・・・・

ばばが食べ物で甥っ子を釣って、自分の仕事を押しつけた事。

ばばは高校から島を出たので、きっと社会人1年生で

1号君は小学校低学年頃の事だろうか?

ある日「カレー作ったから、食べにおいで」と1号君を呼んだそうだ。

食卓のカレーは、やけに水っぽかったそうだ。

カレーを食べた1号君に「今日、お風呂沸かしてね」と言ったそうだ。

当時、五右衛門風呂で、薪を燃やしてお風呂を焚いていたが

ばばは「お風呂を沸かす当番」だったらしい。

1号君は四苦八苦しながら、何とか風呂釜の火を焚きつけようとするけれど

なかなか上手く出来ず、ばあちゃん(ばば母)から怒られたらしい。

はぁ〜せめて、火を焚きつけて、火の番をさせるくらいなら良かったのに

悪い事したなぁ・・・・

それにしても6,7歳の子にお風呂を焚かせながら、

ばばは」一体何をしていたんだろう?

それと、あと1つ・・・・

ばばの家では、お正月などに家族で「百人一首」をするのが恒例だった。

いつも読み手は母。

ははが謡うように読んでいた事を今でも思い出す。

カルタを取る枚数で父や兄、姉に勝てるはずも無いばばだったが

母は「上の句を憶えておけば、すぐ取れるよ」と言ってくれ

ばばは百人一首の「上の句」と「下の句」を必死に憶えた記憶がある。

この経験が、ばばを「国語教師になりたい!」と思わせた要因の1つかも知れない・・・・

時には、読み手をばばがしたらしい・・・・。

と思ったのは、1号君が話した事から思ったのだが。

ある年、百人一首カルタ取り大会をいつものようにしていた。

畳の上に広げられたカルタ。

ばばは、突然「オロギバンタ〜〜〜 風が吹けば 寒いなぁ」〜〜〜と読んだそうだ。

すると、1号君が「ハイッ!」と元気よく手を上げ、1枚のカルタを取ったって。

なぜ、手を上げてからカルタを取ったのか?想像しても可愛く、おかしいけれど。

勿論、そんな札が並べられているはずも無いよね。

「ハィ!」っと勢いよくカルタを取った後、どんな展開になったのかは

1号君も話さなかったが、とにかく、ばばが適当に

「オロギバンタ〜〜」っと即興で読み、

幼かった1号君は真面目に1枚のカルタ取ったんだろうね。

「オロギバンタ」と言うのは、実家裏にある高台で太平洋が一望できて

お正月になれば、集落の学生や青年が

手作りの大きな四角い凧を持って来て、凧上げをしていた場所。

※画像は「オロギバンタ」から見下ろす「フンニャトゥ浜」。

フンニャトゥ浜

冬場、海側から吹き付ける風は強く、だから凧上げにも良い場所だったんだよね。

その「オロギバンタ」を「カルタ取り」につかうなんて・・・・・

まだ文字が読めなかったであろう、1号君。

大の大人に交じって、やっと1枚取れたと喜び、興奮しただろうに

ごめんね〜

大人と一緒に楽しんだ初の「百人一首カルタ大会」に

変なおばちゃん(ばば)のおかげで、半世紀経っても

忘れられない思い出になっているみたいだから、笑って許してね!

「お風呂焚き」「カルタ大会」の事、ばばはすっかり忘れていたけど

1号君から話を聞かされ、ちょっと反省したりのばばでした。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

キンクロハジロ(雄)の羽ばたき

by じじの動画日記

徳之島じじとばばのブログ


R2年 2月29日(土)天気 曇 室温 22.4℃ 外気温 21.3℃ 湿度 53%(室内)(午前6時57分計測)

 
 先日は諸田池で越冬しているキンクロハジロたちが池の端へ集まって寛いでいた。

例年よりかなり少ない越冬数である。



147aa


 ↑ この画像をクリックしたら大画面表示 します.
(2020年2月27日、10:52 徳之島町諸田池で撮影)

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

越冬中のキンクロハジロたち

by じじの写真日記

徳之島じじとばばのブログ


R2年 2月29日(土)天気 曇 室温 22.4℃ 外気温 21.3℃ 湿度 53%(室内)(午前6時57分計測)


今朝は、西から前線が接近中で天気は下り坂になりそうだ!

 先日は諸田池で越冬しているキンクロハジロたちが池の端へ集まって寛いでいた。



例年よりかなり少ない越冬数である。


font face="HGP創英角ポップ体">越冬中のキンクロハジロたち



(2020年2月27日、11:00 徳之島町諸田池で撮影)

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

新種?まさかねぇ・・・

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ






2月28日(金)晴れ時々曇り

ここ数日、甥っ子君帰省のことばかり書いていた、ばば。

じじとばばだけの、のんびりした日常が、ちょっとは変わった1週間。

もう、又元の生活に戻ったものの、未練タラタラな事が1つあるんだよね〜

それはね、甥っ子3号君からの情報?

姉親子が、実家のお墓参りに行った時の事だけど・・・・

この日、ばばは同行していなくて、後悔しきりだけど。

1号君が帰ってくる数日前、姉親子は、お墓参りも兼ねて実家集落へ行って来た。

長姉(1号君の母)のお墓、姉の婚家のお墓、そして実家のお墓と

3カ所お詣りをするのだが、たまたま実家のお墓で、事件?は起きた。

お線香立ての砂を、替えるために、姉が砂の入った容器を持ち上げた。

容器は石の台の中央辺りにある穴の上に置かれている。

穴の中には浜砂がほぼ9分目辺りまで入っていた。

と、容器を置いてあった穴の上の方に、黒い物体が蹲っていたそうだ。

姉も、一応見はしたものの、そのまま湯飲みなどを洗い水を替えるため

水道の方へ歩いて行ったそうだ。

3号君は、黒い物体を???と思い、スマホで証拠写真をパシャリ!

イモリ?

その画像を、たまたま明日は都会へ戻るという晩の食事時、見せてくれた。

「何?これ!」画像を見たじじ&ばば、」大興奮!

「大きさはどの位あった?」

「容器を持ち上げた後、どこへ逃げた?」

等と矢継ぎ早に質問。

実際に、そのいきものをみた時間、姉は数秒かも知れない。

3号君も、そんなに長い間見てはいなかった。

姉が水道から戻り、盃にお酒を注ぎ、お線香を立てて2人はお墓を後にした。

その時に3号君が撮影した黒っぽい生き物、大きさは10センチちょっとくらいだったとか?

画像を見ながら「もしかしたら?これは新種かも知れない」などと大興奮。

外見上は、イモリかヤモリの仲間だろう。

画像では指が4本に見える・・・としたら、イモリかなぁ?

等々、胸が高鳴る。

その晩は、じじが、翌日は、ばばもネットなどで色々調べて見たが

同じような画像は見つけられず、名前も分からないまま。

何とか、実物を見たい!と、翌日は3号君を空港で見送って

その足で、実家のお墓へ向かった。

「どの位の確率で会えるかなぁ?まぁ、2%位かな」とじじ。

姉とばばも祈るような気持ちでお墓の前に立った。

そして、そ〜〜〜っと線香入れを持ち上げた。

結果は????ざんね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん!

当たり前のことと言えばそれまでだけど、線香立ての下は蛻の殻。

それでも諦めきれずに、周囲の石を持ち上げてみたり、

ゲッキツの枝を見たり、植物の茎や根っこをじっくり見たり

ブロック塀の穴を覗いたり、探ったり。。。。。

いくら頑張っても、いない物はいなかった。

当たり前と言えば当たり前の結果だけど、じじ、かわいそう・・・・・

あの生き物正体は何だろう?

もしかしたら?ごくごくふつ〜〜うのイモリの仲間かも知れない。

写真で見る限り、表皮がデコボコ見えるし、尻尾は殻に覆われたような形で

キュッと尖っている。

時間が経ちすぎていて、実物を見つけることは出来なかったけど、

でも、今後お墓参りに行く時は、必ず線香入れを持ち上げるときは

気をつけて、下の砂の上をしっかり観察しよう。

もしも、もしもだけど・・・・奇跡的に遭遇できたら

何とか捕まえて、すぐビニル袋に入れてじじにも見せてみよう。

そんなことを思いながら、車に戻って帰宅していたら

3号君の乗った飛行機は既に鹿児島空港に着陸して

乗り継ぎ便を待っているところだと連絡があった。

そして、ばば達帰宅後暫くしたら「東京着きました」と。

3号君はスムーズに帰宅出来たけど、前日帰った1号君は・・・・

何と!滑走を始めた飛行機が大きく左右に揺れ、急停止。

その後、1時間以上かかって整備して、離陸。

勿論、鹿児島着も遅くなり、乗り継ぎに間に合わず。

同じ航空会社のチケットでは無かったので、何の補償も無し

ということで、再度別の会社のチケットを取り直し、

何とか、その日のうちに帰宅は出来たということで、ひとまずはホッとした。

いつ何と出会い、いつどんな出来事があるか?

人生一寸先は闇・・・・・

禍福もあざなえる縄のごとし。

諦めるときはさっぱり諦める事も大事。

今回、甥っ子二人から色々な事を学ばせて貰った気がするばばです。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

エゴノキ

by じじの写真日記

徳之島じじとばばのブログ



R2年 2月28日(金)天気 晴 室温 20.3℃ 外気温 16.9℃ 湿度 45%(室内)(午前7時02分計測)



昨日、総合運動公園沿道に生えているエゴノキが白い綺麗な花をつけていた。



147aa


 ↑ この画像をクリックしたら大画面表示 します.
(2020年2月27日、12:01 徳之島町総合運動公園沿道で撮影)

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

コサギの採餌

by じじの動画日記

徳之島じじとばばのブログ



R2年 2月28日(金)天気 晴 室温 20.3℃ 外気温 16.9℃ 湿度 45%(室内)(午前7時02分計測)


今日も高気圧に覆われて良い天気になりそうだ!

 昨日は諸田池での片隅でコサギが採餌をしていた。



 またもコサギをアップしてしまいました。

最近動画の題材不足でやりくりに困り、おまけに記憶力低下で今月の初日にアップした題材すっかり忘れてしまい、またして再々アップしてしまいました。

これから気をつけますので今日はこれでお許しください!


コサギの採餌



(2020年2月27日、11:09 徳之島町諸田池で撮影)

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

>>

携帯用ブログQRコード       WEB写真集用QRコード


Copyright (C)2009-2014 tokunosima.info All rights reserved.

◇◇ Tokunoshima Island JJ&BB's HP ◇◇ ◇◇ A collection of Tokunoshima Island nature observation ◇◇