カウンター(Since 2009.8.3〜) 
無料カウンターサービス
徳之島じじとばばのブログへようこそ! ここは、モバイル・携帯アクセス兼用サイトです。



<<   >>

信じる?信じない?他

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ






8月2日(日)晴れ

今日も晴天、昼過ぎの室温32度越え、暑いお暑い徳之島です。

そんな中でも、ばば、やる気満々です!

だって、一昨日買って来たメタルラックを設置した、押し入れを整理整頓の

最終仕上げだから。

という事で、午前中で完了〜

次は、別の押し入れの中にある物を、全部引っ張り出して

分別しながら、断捨離です。

暑くても、自分が「やるぞ!」と思ってやる事は、全然キツくない。

10月中旬頃までは、暑い日が続くと思うけれど、挫折せず頑張り抜くぞ〜〜

夏になると、良く怪談話をラジオでも放送している。

怪談って、信じる人、信じない人いると思う。

我が家では、ばばは、まぁまぁ信じる方で、

じじは、科学的根拠の無い物は信じない派。

ばばは、一度怖い思いをした場所に、ひとりでは絶対行きたくない。

そんな場所が、1カ所だけある。

それは、ある森の近くを通る道路。

7,8年前だったと思うが、たまたまひとりでその道を走っていた時

背中から肩にかけて、ゾゾゾゾ〜〜ッとする、寒気のような感触があった。

車を運転していたから、一瞬で通り過ぎたが、暫く胸がドキドキした。

何だったんだろう?

たまたま?とも思ったが、なぜか気になって、ひとりでその場所へは行けない。

徳之島にも、何カ所か「ちょっと怖い場所」がある。

しかし、その場所で、ばばは実際恐怖体験は、していない。

ばばが、まだ小学生だった頃、ある先輩が通学途中、交通事故で亡くなった。

その場所は「○○峠」と呼ばれるようになり、

今でも、たまにその場所を通る時は思い出す。

あと一カ所は、やはり良く車も通り島内の幹線道路だが、

そこでは、昔タクシーの運転手さんが夜、綺麗な女の人を乗せた。

60年位も前の話だが、運転手さんは「こんな遅くに・・」と思いながらも

女の人を乗せ、「どちらまで行かれるんですか?」と目的地を聞いた。

目的地について「お客さん、着きましたよ」と後ろに声をかけると返事が無い。

確かに乗せたはずの、お客さんが消えていた!

車から降りて、後ろを確かめると

お客さんが座っていた場所が、びっしょり濡れていた・・・・・って。

この話は、昔読んだ、怪談集にも、似た話があったような気がする。

又、以前ブログに書いたが、ばばの通勤路だった場所では

夜遅く、車で走ると「花をくれ〜〜」という男の人の声が聞こえると聞いた。

徳之島からも戦時中、特攻隊として飛び立った若者達がいて

その若い命を落としたそうだが、その隊員さん達の声が聞こえたのだろうか?

ばばが知らないだけで、島にも怪談話は沢山あると思う。

ケンムンと言われる妖怪話もある。

ばばが子どもだった頃、集落のおじいちゃんが行方不明になった。

集落上げての捜索が何日か行われたのは、ばばも、かすかに憶えている。

その、おじいちゃんは、普段集落の人達も滅多に行かないような

山奥にぽつんといるのが見つかって、安心したのだが・・・

当時「あの、お爺さんは、ケンムンに惑わされたんだろう」等と

大人の人達が話しているのを聞いた記憶がある。

今の時代なら、認知症になった方が、徘徊しているうちに

家に帰る道が分からなくなり、どんどんどんどん山奥の方へ

進んで行ってしまったんだろうな・・・とも思ったりする。

若い頃は、怪談話などもよく読んだりしていたが、今は全然読みたいと思わなくなった。

仕事をしていた頃は、年に数回、夜遅くひとりで帰宅する事もあった。

でも、退職後は、夜、出る事がまず無い。

夜とか、早朝は、ひとりで外出する勇気も無い。

年と共に、色々変化が出てくるんだなぁ・・・と実感しているばばです。

ばばの変化では無いけれど、昨夕、買って来た品を少し、自宅の冷凍庫に入れようと

赤いエコバッグを肩にかけて、階段を上がって行った。

過日、自宅への階段13段と書いたが、その後、数えてみたら19段だった〜

19段の急な階段を「ヨイショ!ヨイショ!」とかけ声をかけながら上がっている。

下る時は、かけ声なしでも大丈夫。

たまたま2階にいたじじが、階段を下りるばばを見たらしい。

「赤いバッグを提げた女の人が・・・」と言うので「えっ?」と思った。

たまたま、赤い色に花柄のエコバッグに冷凍品などを入れてたから

じじはビックリしたみたい。

普段のばばは、着るのも、手提げなども、地味地味色ばかりだから

「えっ?」と思ったんだろうね、じじ。

7月からレジ袋が有料化され、殆どの人がマイバッグを持って

レジ前に並んでいるけれど、ばばも3個位エコバッグを車に積んでいる。

1枚だけ、貰ったのか?何かの付録だったのか?分からないけれど

赤いバッグがあるのよね。

バッグ

薄くて折りたたんで、小さな鞄にも入れられるから、必ず予備として持ち歩いている。

派手でも、地味でも、買った品物が入りさえしたら良いかと思って重宝している。

以前からエコバッグは娘が送ってくれたり、自分でネットで買ったり

何かの付録で付いてきたりで何枚も持っていたけど、あまり使う事は無かった。

レジでエコバッグを出すと、店員さんから「ありがとうございます」と

お礼を言われた事もあったっけ・・・

今や、エコバッグは主婦にとって必需品。

大事に使いこなしていこう!

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

<< >>

携帯用ブログQRコード       WEB写真集用QRコード


Copyright (C)2009-2014 tokunosima.info All rights reserved.

◇◇ Tokunoshima Island JJ&BB's HP ◇◇ ◇◇ A collection of Tokunoshima Island nature observation ◇◇