カウンター(Since 2009.8.3〜) 
無料カウンターサービス
徳之島じじとばばのブログへようこそ! ここは、モバイル・携帯アクセス兼用サイトです。
<< 2019年3月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
検索語句
ようこそ!お越しいただきまして有り難うございます。     このサイトはモバイルアクセス用として誕生しました。     動画再生にはWin Media Playerが必要です。      どうぞ ごゆっくりご覧下さい!  当サイトはリンクフリーです。管理者へ許可を得る必要はありません。
ばばの日記の記事 >>
03/19(火) 13:40
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
>>ばばの日記の記事一覧

「花の下より○○」って・・・

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ





3月23日(土)曇り

ドンヨリ天気の徳之島です。

午前中、じじが撮影に行って来る間、ばばは倉庫の片付け。

途中、飽きたので家に帰って「爪を切ろう!」と思い、爪切り開始。

今までも何回か思ったんだけど、右利きのばばなのに

爪切りだけは、左手の爪切りを持ち、右手の爪を切ることが出来る。

不器用なばばなのに、長年の慣れ???

そう言えば、ばばがよく知っているMちゃんは、元々は右利きだけど

万が一、右手を怪我したりした時、左手も色々な事が出来れば良いと

あえて、左手でも字を書いたり、裁縫をしたり、色々な事にチャレンジしているうちに

左右、どちらの手でも自由自在、何でも出来るようになったって。

Mちゃん、小学生の低学年の頃だったかな?

Mちゃんのお母さんが、この話をばばにしてくれ「訓練すれば、左手でも

色々な事が出来るようになるんだ」と思ったけど、

何一つ訓練もせず、今日に至ったばば、爪を切る時だけは「左手でも出来る!」

って、ふと思うことがある。

爪切りが終わっても、倉庫には戻る気がせず「あっ!今日は、もち麦サラダを作ろう!」

と思い立って、クッキング?開始。

勿論、本格的な料理じゃなんかじゃ無いよ。

先日、たまたまスーパーで「もち麦サラダ」と書かれた袋を見つけ

もち麦なら、毎日のご飯にも炊き込んでいるし、もちもち美味しいかもと買ってきた物。

作り方も至って簡単、トマトや、好きな野菜類を茹でたり適当にカットしたりした物に

イタリアンドレッシングと茹でられている「もち麦」を入れて和えるだけ。
サラダ

ちょっと「辛いかな?」と思っていたが、暫く味をなじませると、ほどよい味に。

昼食の時「このサラダ美味しいよ。ちょっと疲れている時とかも良いかも」と

じじも喜んで食べてくれた、良かったぁ〜

アボカド準備するの忘れたけど、次はアボカドも使って作ってみよう〜

最近、じじは朝食後、良くばばに三択クイズを出す。

それも「彼女」が出典。

昨朝は「花より団子」と言うけれど、同じような意味になるように

「花の下より○○」の○○に当てはまる言葉は?と出題され

答えは「旗の下」「鼻の下」「袖の下」から選びなさいと言う。

ばばは引っかけ問題かな?とか思ったけど、「袖の下」と答えた。

花の下で風流に憩うより「袖の下」を貰った方が得だよ・・・

という意味もあるかなぁと思ったから。

と、「ブブ〜〜〜ッ、残念!」とじじ・

正解は「鼻の下」なんだって。

え〜っ?何故?と納得しないばばに、じじ曰く・・・・

と言っても、(彼女の答え)を読んでくれただけなんだけどね。

花の下でゆったり過ごすよりも、鼻の下の口をもぐもぐ・・・・

美味しい物を沢山食べた方が良い・・というような意味らしい。

これは、諺とかでも無く、ただ出題者が考えた事らしいけどね・・・・

そう言えば・・・今朝はじじ、ばばに出題しなかったなぁ?

なぁ〜〜ぜ???

きっと、ばばが「ひねくれ者」で、自分が納得しないと

正解に難癖付けたりするから?

きっと、そうだよ。

と書きつつも、家の中では、自己主張は続けるぞ!と思うばばです。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

読んだ、泣いた、会いたいよ〜〜

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ





3月22日(金)晴れ時々曇り

今日も、午前中は倉庫の片付けに行き、台所用品の整理をしていた。

奥の方にはアルバムや書籍もあったので、

そこを片付けながら、お鍋やお皿等を整理していたら

途中、アルバムの中から手紙が出て来た。

広げて読んでみると・・・
手紙

「じいちゃん85才の お祝い おめでとうございます。

じいちゃんは とても きようで 木や手ぶくろを使って上手に

つるや亀を作ってくれましたね。

それに私たちが花徳に行く時必ず みかんの季せつには 

みかんを用意して待っていてくれました。

じいちゃんは無口だけど じいちゃんの話すことや することを見ていたら

やさしさが よく分かります。

お母さんは 生まれてから じいちゃんにおこられた記おくが ないそうです。

それから じいちゃんと ばあちゃんは とても働き者で 朝暗いうちから

夜おそくまで いっしょうけんめい 働いて 子供達を 育ててくれたそうですね。

お母さんは、そんな じいちゃん ばあちゃんを

世界で一番そんけいしていると 言っています。

私も じいちゃん ばあちゃんが大好きです。

三月には ジャズバンドとブラスバンドで えんそうをしますので

又 ききに 来て下さいね。

私も じいちゃん ばあちゃんの様な やさしくて はたらき者の人になりたいです。

じいちゃん 泉しげちよさん(長寿世界一に認定された方)の 記録をぬくぐらい 

元気で長生きして下さい。」と書かれていた。(原文のまま)

読み始めた時は、3姉妹のうち、誰が書いたのだろうと思っていたが

最後まで読んで末っ子が書いたのだと分かると同時に胸がいっぱいになって

涙が出て来た。

「お父さん、お母さん、もう一度会いたいよ〜〜〜〜〜」と心の中で叫んでいた。

ばばは、娘やじじにも、「尊敬する人は自分の両親!」とずっと話していた。

両親とも、明治生まれで尋常高等小学校しか出ていなかったけれど

色々な知識や、生きる力、人としてどんなことが大事か?

小さい頃から、ずっと話してくれ、時には行動で教えてくれた。

あの両親あってこそ、今のばばの生き方があり、

亡くなった後も、ずっとばばを支え続けてくれていると言っても過言では無い。

両親との思い出は書ききれないほどある。

亡き両親を思いながら、ふと、倉庫の棚の上を見ると父が作った飾り物があった。

材料は全て、廃材とか、身の回りにある物を工夫して使っている。

お猿の飾り物は、きっと父か母の「歳の祝い」の時に作った物だと思う。
お猿

海で拾ったであろう枯れ木の根っこ?梱包用のビニルテープ、スポンジ

軍手などが使われていて、我が娘達の使い残しの絵の具で細かく色付けもされている。

又鶴と亀の飾り物も、鶴は軍手が使われ、亀は海岸で拾ったであろう椰子の実を

使っていて、細部まで細かく色付けされ、紅白の水引もかけたりしてされている。
鶴と亀


本当に手先が器用だったんだなと思うことだった。

庭木も鶴と亀の形に剪定したりして楽しんでいたなぁ・・・。

農業をしながら、地区で真っ先に鉄筋の家を作り、兄やばばを大学まで行かせてくれた両親。

母は礼儀作法とか決まりを守ること等に対しては極端に厳しかったが

父は、生涯、声を荒らげることころを見た事が無い。

母を呼ぶ時も「ウイ(標準語では、あなた)」と呼んでいた。

母も寡黙な父を支えながら本当によく頑張っていたと思う。

自分が社会人になり、結婚し、妻となり母となって、厳しかった母の教えは

何一つ間違ってはいなかったと思った。

両親が元気なうちに、もっともっと「大好きだよ、尊敬しています」という気持ちを

伝えておけば良かったなぁ・・・・と後になって強く強く思った。

父が亡くなって27年、母が亡くなって23年。

姿は消えてしまったけれど、未だに、ばばを心身ともに支えてくれている両親に感謝です。

娘よ、じいちゃんへの優しいメッセージありがとう!

このメッセージ、あなたが4年生の頃、じいちゃんの「85才の歳の祝い」の時に書いて、

みんなの前で読んでくれたんだね。

このメッセージは「宝物」として大事に大事に遺しておくからね。

娘のメッセージから亡き両親へ思いを馳せたり、

又、今の家族に感謝の気持ちを強くした 今日のばばです。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

贈賄は、断じて受け取りません!

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ





3月21日(木)曇り

ばは、訪問販売とか勧誘とか苦手。

全て即断るのだが・・・

数年前までは年に数回は知らない人が玄関に立つこともあった。

そういう人たちと会いたくないし、話したくも無いので

「訪問販売・勧誘・チラシお断り」のようなプレートを玄関には貼っている。

最近は、ほぼ、そういう人たちは来なくなったが・・・・

10日ほど前、門の外から「こんにちは〜、こんにちは〜」と言う女の人の声が。

じじの同級生が用事で来たのかな?と思い、室内から覗くと、見知らぬ人。

無視していたら、すぐに去った。

でも・・もしかして??と思い、他の用事もあったので県道側へ出て

お隣さんへ行こうとしたら、さっき声をかけた人たちと鉢合わせ。

お隣さんの入り口で「こちらのお宅の方ですか?」と言われたので「いいえ」と答えた。

そのまま、家に戻ったら、確実に「あの人達」が来る!と思ったので

たまたま、お隣さんに来ていた方と立ち話。

様子を見ていると・・・案の定、「あの人達」が車庫からわが家へ・・・

ほんの数分で、戻って、先の方へ進んで行った。

わが家の自宅では、きっと「お断り」のプレートを目にしたはず。

直接顔を合わせなくて良かった!と思っていたら・・・・

昨日、たまたま倉庫で片付けをしていた。

表のドアは閉め切って、門扉を閉めた側の倉庫の扉は

空気の入れ換えもしなくちゃ!と開けていた。

おまけに、ラジオまでかけて聞きながら作業していた。

そのラジオが電波の関係で、戸を開けた近くでしかはっきり聞こえなかったので

入り口の近くに置いていたのだが、それが大失敗だった。

音は小さくしていたつもりだったが「こんにちは〜、こんにちは〜」と男の人の声。

出ないで置こうと思ったが、もしかして、ここから声をかける人は知人?と思い

顔を出したら、見知らぬ中年男性が・・・

かぶっていた帽子を取って、「○○ですと名乗って、1つの言葉の説明だけでも・・」

と言うので「すみません。関心がありませんので。」と答えたら

「ご親切な対応、ありがとうございました」と去って行った。

イヤだなぁ・・・・

欲しい物があれば自分で買うし、学びたいことがあれば書籍などや

友人知人から情報を得るから、

こういう事で、全くの他人との関わりはなるべくしたくないと思っている。

ちょっとイヤなことを書いてしまったけど・・・

船

わが家のじじは、家でのことはなるべくばばにさせようとする。

お互い、血圧を測って健康管理をしようと朝夕頑張っている。

そんな中、じじは血圧を測った後の記録をばばにさせようとしていた。

最初、ばばが記録していたのがいけなかったんだけど。

なかなか血圧など計ろうとしないじじが、測るようになったので

記録はばばがしていたら、いつの間にか、ばばを「書記〜」と呼ぶようになった。

最近になって、なるべく「書記」を退任しようと、あの手この手で対応中。

じじが血圧を測る前に、タンカンを食べてわざと手を汚しておいたり

さっと洗い方付けを始めたり・・・・

ここ1週間ほど、じじはきちんと自分で記録もしている。

夕べのこと・・・

じじより先に食事を終え、タンカンを食べていたばば

自分の分を食べ終えたけど、もう少し食べたい!と思い、つい、口に出してしまった。

すると、じじが「僕の分を食べて良いよ」って。

手を伸ばし、カットしたタンカン1個を手に取ったけど、瞬時にお皿に戻した。

「やっぱりやめた!だって、タンカン食べてしまったら、じじに書記させられるんでしょ」と言いつつ。

おぉ〜ばば、偉いぞ!・・・・って、何処が偉いの?

贈賄受け取ったら、じじの要望叶えなくちゃいけないでしょ、

それに、ばば、自分の分食べたんだから、じじの分、食べたらダメだよ。

はい!分かりました!で、じじは、自分で血圧の数値を記録し

ばばは、過食を避けることが出来ましたとさ、めでたし、めでたし。

※画像は数日前、亀徳新港に入港する、沖縄から鹿児島への上り船です。

 久しぶりに撮ってみました。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

似たもの同士・・・ではなかった?

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ






3月20日(水)晴れ

天気の良い徳之島、洗濯物が気持気持ちよさそうに揺れています。

こういう穏やかな天気が続くと良いなぁ。

庭のチューリップ、珍しい色と形の花が咲いたよ。
チューリップ

娘ふたりから別々に貰った球根をだが、花の色も、咲き方も違っていて楽しい。

過日ラジオを聞きながら家事をしていたら

童謡「チューリップ」や「めだかの学校」の歌詞にも

「同和教育」に通づるものがあると、ある方が話していた。

次のような歌詞かなぁ・・・と勝手に想像した。

チューリップ

♪咲いた、咲いた チューリップの花が

並んだ 並んだ 赤 白 黄色

どの花見ても きれいだな♪

わが家の花壇のチューリップ、咲く時期も花の形も色も

それぞれ違うけど、やはり、みんな、きれい。

花って 良いなぁ・・・

じじにとっては「花より団子・・・じゃなかった!花より野鳥」だけどね。

今日は撮影から戻ったじじが、玄関でため息をついているので

「収穫ゼロか???それとも、せっかく現れた珍鳥、撮り損ねた?

と思いながら「お帰り〜〜」と迎えた。

じじのため息の理由、

その1 必ず買ってくるぞ!と出かける寸前まで言っていた品物を買い忘れて帰って来た。

その2 「珍しい鳥が居る!」と、興奮しながらカメラを向け

    動画まで撮ったが・・・・結局は木の枝や葉っぱだったと・・・・

残念だったね〜〜。

「その2」については、ばばも数週間前「珍鳥」だと思い

息を潜めながら写真を何十枚も撮り、やっと安心して

もっと近くで撮ろうと、被写体に近づいて行ったら

何とまぁ!!!鳥だと思っていたのは「ただの茶色い枯れ枝(枯れ木の根っこに近い部分)」

だったと、過日のブログに書いた。

あんなにハラハラ、ドキドキ、ワクワクしながらカメラを向け続けていたのに

「じじよ、お前もか」って心境。

よりにもよって、似たもの夫婦と思いながら、食事の準備をしていたら

2階から下りてきたじじ「あれは、やはり鳥だった、ゴイサギだったよ」

と嬉しそう・・・でもなく報告。

ゴイサギの後ろ姿を必死に撮ってきたらしい・・・残念!!

でも、木の枝とか、葉っぱじゃ無かった分、じじの方がマシか。

「珍しい鳥現れてくれないかな??」とばかり思っていると

周囲の枯れ枝や葉っぱも、鳥に見えるんだよなぁ〜ふしぎと。

今日は、「ゴイサギの後ろ姿」という満足の行く写真ではなかったので

明日は、待ち伏せして前か横から撮影したいって、もう張り切っているじじだけど

一期一会の多い野鳥たちとの出会い、明日会えたら良いけど・・・ね!

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

1枚のワンピース

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ





3月19日(火)曇り風強

ここ数日、少しの暇を見つけては倉庫の片付けをしている。

食器類、タオルや、寝具、じじの趣味だったアマチュア無線機や

バイク関係の品、扇風機やヒーター等々。

なかなか捗らない。

そんな中、衣装ケースの中から出て来た1枚のワンピース。

見ているうちに、何だか切なくなってきて

色々な思いが一気にこみ上げてきた。

このワンピースは長女がお腹に居た時に買った、ワンピース。

買ってから40年以上が経った。

仕事柄、職場でこのようなワンピースを着ることは無かったが

必要に迫られて買った。

ばばが社会人になって3ヶ月は全く免許と関係の無い職場で働き

4ヶ月目に、自分の免許を生かせる職場ではあったが

正規では無く臨時職で10ヶ月間働き、その期限が切れる少し前

事務局から連絡があり正式採用された。

面接官から2つの職場を上げられ、どちらが良いですか?と言われたので

実家からも近い職場を選択した。

車の免許も無く、定期的なバスも無く、

やむを得ず、ばばは職場近くで下宿をすることに。

お世話になったのは、当時既に80歳は超えていたおばあちゃん一人暮らしのお宅。

そのお宅の4畳半位の部屋を借り、寝る時は6畳位の表の間に寝ていた。

下宿なので、高齢のおばあちゃんが朝食、夕食を準備して下さった。

土曜日の午後にはバスで実家に戻り、日曜日の夕方、下宿に戻るという生活が1年ほど続いた。

ばばは、祖父母との思い出は全然無かったが、おじいちゃんやおばあちゃんが大好きだった。

だから、仕事から帰宅すると毎日のように、下宿のおばあちゃんと手をつないで散歩したりするのが楽しみだった。

おばあちゃんも、ばばを我が子のように可愛がって下さった。

下宿して2年目、ばばは車の免許を取り、自宅から通うようになった。

おばあちゃんと別れるのは辛かったけど、自宅に帰る前などに、おばあちゃんの家に寄って

お話をしたり、お茶を頂いたりした。

自宅から通勤するようになって3年目、じじと結婚することになり、ばばは加計呂麻へ。

その後も、おばあちゃんに手紙を書いたりして交流は続いていた。

そのおばあちゃんから、「歳の祝い(長寿祝い)」の連絡が届いた。

88歳の歳の米寿の祝いだったと記憶している。

すぐに出席しますと返事した。

お祝いは8月だったと思う。

何を着ていこう・・・お腹には長女がいる。

普通のスーツは着ることが出来ない。

やっと、画像のワンピースを見つけた。
ワンピース

プリーツ仕様で、少しお腹が大きくても着られる。

夏休み、おばあちゃんのお祝いに合わせて帰省し、新調したワンピースでお祝いに・・・

おばあちゃんは、ばばの手を取り涙を浮かべて喜んでくれた。

それ以後も、おばあちゃんとの交流は続いたけれど、

数年後にはお亡くなりになった。

大好きなおばあちゃんのお祝いに参加するために買った、

当時のばばの給料からしたら高価なワンピースだった。

普段、着ることはほとんど無かったけれど、次女を授かった時や、

県外への旅行などでは着用もした。

実際には20回も着てはいないと思う。

昨日、衣装ケースから出して見た時、背中のファスナーはさすがに開け閉めしにくくなっていたが

それ以外、今でも充分着用は可能かなぁと思ったりした。

このワンピースは、優しかった下宿屋のおばあちゃん、給料も少なかった新婚時代、

我が子誕生前の喜びと不安な思い等を思い出させる。

若い頃の洋服などは全て廃棄したけれど、何故かこのワンピースは40年経っても捨てることが出来ない。

下宿のおばあちゃんとは、不思議なご縁で結ばれていて

ばばが加計呂麻から島へ戻った時の職場に、おばあちゃんの息子さん、T先輩も着任。

息子さんと言っても、ばばよりはずっと先輩だった。

それから7年間、同じ職場で働き、その間、職場の打ち上げ会の時などは

ばばが「運転手」になってT先輩送り迎えをした。

そして、更に時間は流れ、ばばが、別の職場へ転勤になった時

T先輩のお孫さんで、下宿のおばあちゃんにとっては曾孫さんとのご縁ができた。

その曾孫さんも、今は立派な社会人になり、結婚し「素敵なパパ」になっている。

40年以上も前に購入した1枚のワンピース・・・・

このワンピースは、下宿のおばあちゃん、そのお子さん、お孫さん、

曾孫さんとのご縁まで思い出させてくれる。

今後、誰かが着ることも無いけれど、廃棄できない1枚のワンピース。

写真を撮った後は、又畳んで元通り衣装ケースに戻した。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

陸上自衛隊第15旅団 音楽隊演奏会

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ






3月18日(月)曇り

昨日、ある友人と会ったら「ばばちゃんのブログ見ましたよ。

日付が18日になっていましたよ」って教えてくれた。

あちゃぁ〜又々やっちゃった!

よくやってしまうんだよねぇ〜

「私は宇宙人だから、地球人より一足先に走っているのよねぇ〜」と

言い訳しつつ、笑って友人と別れ、帰宅。

夕食時、じじに「ねぇ、私、今日友人と会ったら、ブログの日付が

明日になっていたんだって」と言うと

じじは「僕は、前に進むどころか、

昨日とか一昨日の日付になっていることが、よくあるんだよ」

いいじゃない、いいじゃない、一人は前に進み、一人は後退し

二人合わせて「プラス マイナス ゼロ」ってことで・・・

と大爆笑、食後に日付は訂正した。

教えてくれたMちゃん、ありがとうね〜

じじにも「ばば、今日のブログ、変換のおかしいところがあったよ」

って言われるけど、じじに指摘されても素直に訂正しないばば、

性悪だねぇ〜

さてさて、昨日のブログで「昼かとても楽しみな事がある」って書いたけど

それは、自衛隊音楽隊の演奏を聴きに行くことだったの。

徳之島では、まだまだ文化的なイベントが少ないので

何かイベントがある時には、なるべく出かけるようにしている。

自衛隊音楽隊の演奏は以前にも聴きに行き

とても感動したので、絶対行く!と決めていた。

昨日の開演は、午後3時からだったので、2時少し過ぎに家を出た。

会場の文化会館ロビーでは、地元有志の方の「盆栽展」も開催されていたので

時間までは盆栽を見ながら時間を過ごした。

定刻開演。
旗

舞台右側には旗?が飾られ、左手には日の丸が・・・
旗2

そして、隊員の演奏する「君が代」を会場のみんなで斉唱。

その後、約1時間、次々と演奏したが、プログラムは無かったので

曲目で覚えているのは「美女と野獣」「ちびまる子ちゃん」の4つの

オープニングとエンディングの曲のみ。

曲名なんか分からなくても、ある曲ではゆったりと草原の中で

寝転んで空を見ているような・・・

又、別の曲では、みんなで賑やかに踊っているような・・・・

曲によってはソロがあったり、寸劇のようなのがあったり

観客も大声で笑ったり、手拍子をしたり、しずか〜〜〜に曲の中に入り込んだり

本当に心癒やされる一時であった。

隊員の中には鹿児島県出身の方が数名おられて、紹介された。

今回、来島したのは沖縄の陸上自衛隊、15旅団音楽隊の皆さんだった。

今回の来島の目的は、平成2007年、3月30日、鹿児島県から緊急搬送の要請を受けた

陸上自衛隊の第一混成団(那覇市)に属する4名の隊員が

徳之島へ向けて急行中、視界不良で進路を変更し徳之島空港に向かう途中

天城岳山頂近くの山中に激突し、尊い命を落とされた。

毎年慰霊祭が行われているが、今年は節目の13回忌。

その慰霊祭に参加されるために、沖縄から徳之島入りした音楽隊の皆さんが

昨日文化会館で演奏して下さったのだ。

日頃、厳しい訓練をされ、災害時などには各地で色々な援助、救護活動をして下さる

自衛隊の皆さんには、日頃から感謝しています。

でも、昨日、入場前に受付で頂いたパンフレットの表紙の写真には

空中のヘリコプターから降下している隊員さん、武器?を持って小走りに歩くような写真もあり

心が痛くなった。
パンフレット

パンフレットの裏表紙には「美ら島と県民の真心護る15旅団」という言葉が・・・

今回の隊員さん達が沖縄から来島されたということで、

絶対に戦争を起こしてはいけない、戦争はイヤだという気持も

強く沸き上がった昨日の演奏会でした。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

>>




携帯用ブログQRコード       WEB写真集用QRコード


Copyright (C)2009-2014 tokunosima.info All rights reserved.

◇◇ Tokunoshima Island JJ&BB's HP ◇◇ ◇◇ A collection of Tokunoshima Island nature observation ◇◇