カウンター(Since 2009.8.3〜) 
無料カウンターサービス
徳之島じじとばばのブログへようこそ! ここは、モバイル・携帯アクセス兼用サイトです。



ようこそ!お越しいただきまして有り難うございます。     このサイトはモバイルアクセス用として誕生しました。     動画再生にはWin Media Playerが必要です。      どうぞ ごゆっくりご覧下さい!  当サイトはリンクフリーです。管理者へ許可を得る必要はありません。
2010年4月の記事 >>
04/30(金) 09:30
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
04/30(金) 09:29
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
04/29(木) 20:09
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
04/29(木) 10:11
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
04/29(木) 10:08
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
>>2010年4月の記事一覧

再会!サンコウチョウとバリケン

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ



4月30日(金)晴時々曇

早いなぁ〜、今日で4月も終わり。

明日からゴールデンウィーク。

「何だか嬉しいね」ってばばが言うと

「毎日、ゴールデンウィークだろうじじとばばは・・」ですって。

仰るとおりでございまする。


今日の夕方は、じじと二人だけの散歩。

歩けども、歩けども珍しい題材も無し・・・・と思いながら

昨日見つけたサトウキビの害虫「ハリガネムシ」駆除の容器を一個一個覗いてみた。

いる、いる・・・・昨日より遙かに多いハリガネムシが入ってる。

いったん入ったが最後、出ることは出来ない仕組みのようだし

これからどんどん、どんどん虫の数が増えていくんだろうね〜。

害虫だから仕方ないね。

農家の収入に直接関わることだから、悪いけど、ハリガネムシさん、諦めなさいね。


・・・・ということで、いつもの川縁までは淡々と、黙々と歩くだけだったが・・・・

いつもの牛小屋まで行くと、柵の中で遊んでいた顔の白い子牛がばばを見つけて近付いてきた。

すると、人なつっこいのか次々に子牛が寄ってきた。その数5頭。

ばばの方へ顔を出したりするので、ばばも嬉しくなって子牛たちを相手に遊んでいたら

ばばの背後に来たじじが、「サンコウチョウだっ!」と小さく叫んだ。

そして「動くなよ」って。

ばばは、言われたとおり、固まったままで、じじが撮影準備をするまでサンコウチョウを見張ることに。

スマートな体に細長い尻尾?(尾羽)

去年、7月21日にSさんと一緒に撮影して以来、約9ヶ月ぶりの再会だ!

サンコウチョウって、姿形がとても美しい鳥で、鳴き声も珍しく

じじに言わせると「12時来い来い来い」と鳴いているって言うけどばばには理解不能。

表現も出来ない。ごめんなさい。。

ずぅっと、再会を楽しみにしていたが

帰って来てくれたんだね〜。待ってたんだよ〜〜。

鳥たちって、毎年同じ場所に帰ってきてくれるのかなあ〜。


ばばが瞬きもせず見張っていると、サンコウチョウは枝の間を上の方へ横の方へと飛び移り

なかなかじぃっとしていてくれない。

じじが撮影準備OKとなった途端、彼はパァッと上の方へ飛び、そのまま姿が見えなくなった。

じじとばばは走って、木の近くへ行き、必死に目をこらすが二度と姿を現すことはなく・・・・

ハブの恐怖さえ忘れ、草むらをかき分け、他人様の畑の隅っこをよじ登り奮闘したのに・・・

でも、帰って来てくれたと分かっただけで嬉しいよ〜。又きっと近いうちに会えるよね。


大いに残念がりながらも、又後日の再会を楽しみに歩き始めたじじ&ばば。

大瀬川の畔まで来た時、あれっ???帰って来てる!ここにも。

何が帰って来たかって?バリケン。

1年以上、大瀬川に定住していたが、先日から重機を入れて川の底をさらえる大掃除が始まった途端

バリケンの姿がぷっつりと消えてしまって、ずぅっと気になっていたんだ〜。

ところが、このバリケン、なんと言うことでしょう・・・・

亀津から数十キロ離れた、ばばの実家集落近くの万田川である方が撮影されていて

HPに掲載されていた。

「良かった〜〜生きていたんだ。それにしても、バリケンって長距離飛べるんだ〜〜」って

びっくりしたばばだった。

バリケンはじじとばばが見ているのが分かっているかのように

両羽をパタパタ早く動かしたり、首を左右に振ったり「バリケンダンス」まで披露してくれたよ。

川の中は水草や雑草類が全部取り除かれ、ちょっと住みにくい環境になってしまっているけれど

何とか頑張って生き延びてね〜。

明日も、明後日も・・・毎日会いに行くからね〜。


大瀬川を更に下ると、キョウジョシギやキアシシギなど常連さんがじじ&ばばを迎えてくれたよ。

ばばは名前を忘れてしまったけれど、珍しい鳥もじじは撮影した。

でも、なんと言うことでしょう〜〜〜〜じじったら、バッテリーの充電を忘れていて、

十分に撮影することが出来なかったんだよ〜。残念!

じじ&ばばが撮影している所へ、見慣れた人影が・・・・

姉だ!今日は用事があり、一緒に歩けなかったが何時もじじ&ばばのコースを熟知している姉は

追いかけてきてくれたのだ。


バッテリー切れで撮影できなくなったじじは一足先に帰った。

姉と二人は更に川下へ歩いていると、あれっ????またしても珍しい鳥が。

体型はカモのようだけど・・・下流へ下流へ、海の方へと泳いでいく。

カンムリカイツブリかな?とも思ったが、うぅ〜〜ん、微妙に違っている・・・・と思った。

頭の後ろが黒くて、胸元は白い。遠くて羽の色など詳しくは分からないので、じじに電話した。

じじは直ぐ駆けつけてきそうな勢いでもあったが、

「今、バッテリー充電始めたばかりだから、今日はもう写せないし、いいが・・又明日写そう」と言う。

せっかく珍しい鳥見つけたのに。。。。


家に帰ってじじに言うと「ユリカモメだろう」と言う。

違いますって!絶対カモメではありません!

じじは図鑑を見せるが、どれもぴったり合う鳥はない。

もしかしたら、和瀬池や諸田池で見たカモの仲間かも知れない。

明日でも、じじも連れて行って確認してもらおう。


おいおい、ばば。鳥はじじの専門領域でしょう〜。

ばばはあまり深く首つっこまない方が良いんじゃない?

って言いながらも、身近な鳥や花や虫にグゥ〜ンと興味が出てきたばば。

これも、じじ先生のお陰様でござりまする。感謝!感謝。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

セッカの囀り

by じじの動画日記

徳之島じじとばばのブログ


4月30日(金)天気 曇 室温 21.5 ℃ 湿度 52 %


 今朝も曇り空、雨にはならないだろう!

今朝も、海岸で昨日と同じウミガメがじじの数十メートル近くまで寄ってきた。



わずか、数秒浮上して直ぐ海中へ潜水するので、シャッターを押すチャンスが無かった。

二日連続、同じ付近で4〜5回浮上して周りの様子を伺っているようだった。

 もしかしたら、砂浜に産卵の偵察かも知れない?

明日も見張ってみよう!



 昨日は、やや遅れて散歩に出発したが、それが功を奏して町外れの電線でセッカが囀っている所に出会した。

セッカは、低空飛行で飛びながら「チャチャ、・・・・」と鳴くのを良く聞くが、電線の上で鳴くのは初めて聞いた。



セッカの囀り





(2010年4月29日、16:44 徳之島町亀津北区農道で撮影)

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

ツユムシ

by じじの写真日記

徳之島じじとばばのブログ


4月30日(金)天気 曇 室温 21.5 ℃ 湿度 52 %

 昨日の散歩時、農道の草むらでばばが見つけてくれた「ツユムシ」です。

詳しく○○ツユムシとは判らないが、若いツユムシ(羽がまだ短い)のようです。


(2010年4月29日、17:17 徳之島町亀津北区農道で撮影)

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

これ、なぁ〜〜んだ?他

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ



4月29日(木)曇後晴

昨夕は、霧か、黄砂か、はたまた曇っているだけなのか・・・・

天気がっすっきりしないので散歩に行くべきか否か、迷っていた。

でも、2日も散歩行っていないし、「行こうよ〜」と決定!。

自宅を出て、姉と合流、ダラダラ坂を上り詰めた道端の草地に

今まで見たこともない不思議な物体を目にした。





長さ約30センチ。あちこち隙間のある細長い緑色の容器が

棒にくくりつけられたような状態で地面に突き刺されている。

好奇心旺盛のばば、じじも呼んで、そうっと覗いてみた。

でも、何も見えなかった。

「直ぐ近くの豪邸で庭園管理をしているT兄さんに聞いてみよう」と

豪邸に入ってみた。

裏庭からぐるっと回って、T兄さんの姿を捜したが見つからなかった。

姉が、家の前の斜面で作業しているみたいよ」と言ったが

じじは「じゃ、もういいが。行こう」と言うので又歩き始めた。

更に坂を上ると、何時も会うおじいちゃんがキビ畑で仕事をしていたので

じじが「あの、道端にある青い物は何ですか?」と聞いた。

すると、おじいちゃんは「あぁ〜、あれはね、キビの害虫駆除をするための物だよ。

害虫をあの容器の中に誘って殺すんだよ」と教えてくれた。

去年までは気付かなかったけど、今年から始めたのかなぁ〜〜。

散歩コースのキビ畑のある到る所に同じ物が設置されていた。

野次馬ばばは、見つける度に近付いては中を覗き込んだよ。

するとね、いくつかの容器には羽のある細長く黒っぽい虫が入っていたよ。

いったん中へ入ると、外へは出られない構造になっているんだろうな〜。

それとも、容器自体に殺虫剤を染み込ませてるのだろうか?

今日、夕方も同じコースを歩いたので、昨日見た容器を覗いてみると

昨日より容器の中の虫が増えているようだった。

そして、何故か、人里に近い場所では同じ容器が電柱に取り付けられていた。

容器に「ハリガネムシ捕虫実験にご協力下さい」と書いて貼られていた。

高い位置に取り付けられていたので中を覗くことは出来なかったが

これから沢山の害虫が捕獲されると良いね。

毎日同じ散歩コースでも、初めての発見があるから楽しいよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

散歩の後、病院へ行った。

父と同室に入院している方のお母さんが来られていて、ばばを見るや

「あら、しばらく見ないうちにふっくらなりましたねぇ〜〜」って。

そうだよね、自分でも気付いていたんだ〜。

ジーパンやスラックスをはく時、ちょっとお尻の辺りがきつくなってきたかな?って・・・・・

昨夜NHKの「ためしてガッテン」で、現代版栄養失調について取り上げていた。

「飽食の時代」と言われる現在、ばばが子供だった頃のような栄養失調はないと思うけれど、

現代人はタンパク質の中の「アルブミン」という物質の摂取量が少ないんだって。

タンパク質も、「肉より魚」とか言われているけれど、やはり、肉・魚・卵・牛乳・・・って

まんべんなく摂った方が理想的なんだって。

とすると、ばばは、肉食べない・魚食べない・牛乳飲めない・・・・・・

ウェ〜〜ン、卵をでタンパク質摂ってるつもりだけど、

卵だけで一日に必要なアルブミンを摂ろうとすれば、

最低でも7個(もしかして?13個って言ったっけ)必要だって。

無理だよぉ〜〜〜。

栄養失調で、糖類・油脂類を余分に摂っているかも・・・・(きっと摂っている)ばば。

自分の食生活も見直さないと〜〜〜。

ばばに比べじじは優等生。

魚は毎日、肉も必ず少量は摂るし、卵も牛乳も摂ってるしね。

その上、最低でも10種類の野菜は摂っているから・・・・

海藻、豆類も意識して食べようねぇ〜。

人間、なんと言っても健康が一番だもんね。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

害虫駆除用罠

by じじの写真日記

徳之島じじとばばのブログ


4月29日(木)天気 曇 室温 22 ℃ 湿度 52 %


これは何でしょう?

昨日の散歩時農道の彼方此方に設置してありました。


(2010年4月28日、16:16 徳之島町亀津北区農道で撮影)


初めて目に付いたので、不思議に思い知り合いの農作業をしているおじさんに聞いた。

サトウキビの害虫をおびき寄せて駆除する装置だそうだ。

 今年から初めて町の農家ぐるみで、利用する害虫駆除方法のようだ。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

まだいたヒドリガモ

by じじの動画日記

徳之島じじとばばのブログ


4月29日(木)天気 曇 室温 22 ℃ 湿度 52 %


 今朝の海岸は、雲が多くやや波が高かった。

親父は、最近はずっと眠りモードが続いている。返事すらしてくれない・・・・



 先日散歩時、和瀬池で数羽のヒドリガモを見た。去年から諸田池や和瀬池に住んでいたが、

しばらく見かけなかったので、北へ帰ったと思ったら、まだこの辺に滞在していたんだな。

でももうソロソロ帰る時分だが!


まだいたヒドリガモ





(2010年4月17日、12:09 徳之島町和瀬池で撮影)

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

>>

携帯用ブログQRコード       WEB写真集用QRコード


Copyright (C)2009-2014 tokunosima.info All rights reserved.

◇◇ Tokunoshima Island JJ&BB's HP ◇◇ ◇◇ A collection of Tokunoshima Island nature observation ◇◇