カウンター(Since 2009.8.3〜) 
無料カウンターサービス
徳之島じじとばばのブログへようこそ! ここは、モバイル・携帯アクセス兼用サイトです。



ようこそ!お越しいただきまして有り難うございます。     このサイトはモバイルアクセス用として誕生しました。     動画再生にはWin Media Playerが必要です。      どうぞ ごゆっくりご覧下さい!  当サイトはリンクフリーです。管理者へ許可を得る必要はありません。
2010年10月の記事 >>
10/31(日) 23:08
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
10/31(日) 09:44
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
10/31(日) 09:41
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
10/30(土) 23:47
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
10/30(土) 09:08
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
10/30(土) 09:04
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
>>2010年10月の記事一覧

人間っていいな

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ


10月31日(日)晴

じじは一人で夕方の散歩に出かけ、

娘と夕方5時前に家を出て、両親を見舞ったり

買い物をしたり、用事をしたりして

家に帰り着いたのは7時少し過ぎ。 

家に入ろうとして、ふと縁側に置かれた箱に気付いた。

外出時にはなかったはず。。。。。

何だろう?



 当時、じじがAさんよりゆず手頂いた、Kawasaki Z750スペクター



娘が「Aさんから贈り物だよ〜。お米だよ」って。

「えっ、Aさん?」とばば。

すぐ、じじの所へ走っていき小包が届いていることを話す。

箱を開けてみると、何と宮城産の新米、ササニシキとコシヒカリの

5kg入りの袋が入っている。

(何故?Aさんがお米を送ってきて下さったのだろう???)


Aさんは、かつて、じじが「バイク野郎」だった若かりし頃、

どうしても欲しいバイクを中古で買おうとした時に

バイク関係の本でAさんを見つけ、バイクを譲っていただいた方だ。

このバイクは、今でも人気がある車種だそうで、当時は大人気だった。

購入希望者はじじを含め複数名いたそうだが、

Aさんは、愛車をじじに譲って下さった。


さて、バイクを買うことは決まったけれど、

北の地、宮城から鹿児島の離島、徳之島まで

大型バイクを輸送する手段が当時はないということで

散々考え、彼方此方調べ、やっと「福山通運」?とかいう運送会社が

運んでくれることになった。

当時、運賃が10万円かかった。

運賃はかかったけれど、じじはとても喜んでいた。

Aさんにお礼の手紙を書き、それから毎年年賀状を交換するようになった。


Aさんとの交流は、もう、20年近くになるだろうか・・・・・・・・


年賀状だけのお付き合いではあるが、

Aさんの誠実な、お人柄が分かるような年賀状を毎年下さる。


北国宮城と、南国の離島徳之島。。。。。

一度も会ったことはなくても、心は伝わり、そして結ばれるものなんですね。


・・・・・さて、小包の箱をテーブルに置き、開けた時、

お米の上に葉書が乗っていた。

読んでみると

「お久しぶりです。連日連夜報道されるニュースに凄く心を傷めています・・・・」

という書き出しで、先日来の水害で、じじとばばも被害を被っていないか案じて下さっており

遠い東北の地にいて様子を見にも行けず残念ですと続き、

宮城では新米の季節になりました。

新米を食べて元気を出して下さい」と結ばれている。


葉書を読み終わると、ばばは葉書を胸に抱きしめ

娘に「人間って、良いねぇ。優しいねぇ」と語りかけた。

娘の目が少し潤んで見えた。

ばばも、涙が溢れそうになった。

ばばは葉書をじじの所へ持って行き、じじにも読んで聞かせた。

じじも感動していた。


人間の優しさって、人を感動させ、その感動の輪は広がっていくような気がします!


Aさんが、小包を送り出して下さったのは、

きっと大水害報道があった20日前後でしょう。

配達予定日は「10月28日」と書かれていた。

しかし、水害後の、台風13・14号の連続襲来で

ここ4日ほど鹿児島航路の船は欠航となり、

東北からの「真心こもる贈り物」は3日遅れで今日じじとばばの元に届いた。


夕食後、じじはお礼の電話をAさんにかけ、

十数年ぶりに話した。

ばばも、あすにでも真心込めてお礼状を書こうと思っている。



年齢も、お顔も分からないAさんだけど、(じじの予想では50代後半ではないかなと?)

まだバイクを乗り回しておられるとか・・・・

ツーリングで、徳之島へいらっしゃることはないのかなぁ〜〜。

いつかお目にかかって、話してみたいなぁ・・・・・


じじの趣味が結んだ、Aさんとの絆。

ばばの人生に、又素敵な1ページが加わった。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

アオアシシギ

by じじの写真日記

徳之島じじとばばのブログ


10月 31 日(日) 天気 晴 室温 24 ℃  湿度 60 %


先日、諸田池で撮った「アオアシシギ」の静止画をアップします。

このアオアシシギは、諸田池には数十羽の群れで長い間常駐しているようです。



(2010年10月26日、15:00 徳之島町諸田池で撮影)

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

アカアシシギ 

by じじの動画日記

徳之島じじとばばのブログ


10月 31 日(日) 天気 晴 室温 24 ℃  湿度 60 %


 今日は、昨日に増して秋晴れの良い天気になりそうだ!

最高の撮影日和だ!

どこへ出かけようかな?

これをアップしたらゆっくり考えよう。


 


 昨日は、三女が帰省するので空港へ迎えに行った。

そのついでに、その足で浅間干潟へ行った。

娘も結構楽しそうに水鳥たちを見ていた。

 ミサゴを撮りたかったが、遙か彼方の沖の方で諦めた。

次のチャンスにしよう。

 何気なくキアシシギの三羽連れと思って撮っていたが、よくよく見たら右端の際だって足と嘴の根っこが赤っぽいのは「アカアシシギ」のようだ。

アカアシシギは当サイト初登場です。


 この日は、動画は全ていつものように撮れたが、静止画は諸田池と浅間干潟で、散々撮りまくった全て真っ白!

昨日撮った全ての、337枚が全て真っ白だった!

以前も、真夏の暑い日このようなことがあったが、明日は設定を確認して撮り直してみよう。

新米のカメラマンじじはまだまだ最新カメラにもてあそばれている感じだ!

 折角、アカアシシギやムクドリの群れを撮ったのに、アアー残念!



アカアシシギ




 
(2010年10月30日、16:05 天城町浅間干潟で撮影)

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

嬉しいな

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ


10月30日(土)晴、海の波高し


夏休みがとれなかった三女が、一週間の休みをもらって今日帰ってきた。

じじとばばは朝から大興奮!

ずぅっと以前から、きょう娘が帰ってくることは

カレンダーにも書き込み、楽しみにしていたのに、

じじったら、「可愛い娘が、予告無くパッと帰ってきてくるなんて嬉しいねぇ」だって。

ばばは、娘が帰って来てもいないのに、

「娘が帰る日のことを思うと寂しい」と言ってじじに大笑いされた。


台風14号襲来で、もしかしたら帰れないのではと心配していただけに

無事フライトしたとわかりホッとした。

娘の到着はお昼3時なので、じじとばばは早めに家を出て

諸田池へ寄って、鳥たちがいたら写真を撮ってから

空港に向かおうと計画。


諸田池に着いた時、娘からメールが・・・

「飛行機、20分ほど遅れます」って。

じじは、カメラを担いで池の周りを歩いて写真を撮り続け、

30分近くも車に戻らないので、業を煮やしたばばが、じじを呼んでやっと空港へ向かった。

3時3分、空港へ着いてもまだ飛行機が着陸していなかったので

そのまま浅間干潟の様子を見に・・・・

まだ潮があまり引いてなく、鳥たちの姿はほとんど見えなかったので、

又空港へ引き返した。

待つほどのこともなく、飛行機が到着、娘が到着ロビーから出てきた時は

一瞬次女かと思うほど、姉妹そっくりになっていたので吃驚した。


娘を乗せ、又浅間干潟へ。

そしてじじは延々と写真を撮り続け

ばばと娘は車の陰にシートを敷いて座っておしゃべりしたり、おやつを食べたり。


結局4時過ぎくらいになってやっとじじが「帰ろうか?」って。


一路、父の入院する病院へ向かう。

じじと娘が父と対面してくる間にばばは買い物。(ほんの10分くらい)


買い物を終えたばばが、父の病室へ向かうと同時にじじと娘が病室から出てきた。


二人の目が赤い。

昨夜まで微熱のあった父が、娘の手を両手で固く握り、

何か言おうとでもするように必死に口を動かしたそうだ。

娘の帰省が奇跡を起こしたのかも知れない。


三姉妹が乳飲み子の時から、高校生になるまでずぅっと毎日顔を合わせ、

最大限の愛情を与えてくれた父と母。


今、父は意識もほとんどハッキリしない日が多いが

それでも、我が娘達が帰って来て病院へ行くと、

必ず何らかの反応をし、まるで孫達が来ているのが分かっているかのように見える。


何も話さないけれど、私たちの呼びかけは、きっと父の心に届いていると思う。

だから、毎日病院へ通い、父の手を握り

ばばの家族のことや、母のことを話す。

「お父さん、聞いてくれてるよね」と信じつつ。。。。


さぁ、明日から娘と一緒の時間をどのように過ごそうか?

ドライブをしたり、一緒に料理をしたり、散歩したり、

写真撮影に行ったり・・・・・


子どもが近くにいるって幸せだなぁ〜〜〜。


明日から、娘と一緒に病院へ父を見舞おう。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

タシギ

by じじの写真日記

徳之島じじとばばのブログ


10月 30 日(土) 天気 晴 室温 23 ℃  湿度 67 %

 今日は、ここにもタシギの静止画をアップします。

数羽群れて餌を啄んでいた所の、二羽がカメラに収まった。

ヤマシギやアマミヤマシギとよく似ているが体が小さい。

去年は大瀬川の中流でも見たことがある。



(2010年10月26日、14:30 徳之島町諸田池で撮影)

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

タシギとにらめっこ

by じじの動画日記

徳之島じじとばばのブログ


10月 30 日(土) 天気 晴 室温 23 ℃  湿度 67 %

今朝は、台風14号の余波はまだ残っているものの良い天気を約束するような綺麗な朝焼けと共に日の出がはじまった。

久しぶりに朝の風景動画を撮ったが、日を改めてアップしよう。





 昨日は、昼過ぎから台風14号も遠のき天気が回復してきたので、夕刻になってから諸田池へ出かけた。

光量不足は判っていたが、とにかく行ってみるだけでも良い覚悟で出かけた。

沢山のカモやシギたちが餌を啄んでいた。

 いつもの場所でタシギたちが餌を啄んでいた。

前回、と同じように十羽前後の群れが固まっていた。

タシギの集団を見たのはこの諸田池で今年が初めてである。

彼らは、周りと同じような色をしているので、注意深く気を付けながらソッと近づかないと、直ぐに逃がしてしまう。

 昨日は、ソッと近づいたら数メーターの距離で、一番端っこのタシギと目が合ってしまった。

じじも彼をジッと見つめたまま動かないでいると、向こうも身動きせずにこちらの様子をジッと見ていた。

そんな様子をビデオに撮った。


タシギとにらめっこ




 
(2010年10月29日、16:53 徳之島町諸田池で撮影)

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

>>

携帯用ブログQRコード       WEB写真集用QRコード


Copyright (C)2009-2014 tokunosima.info All rights reserved.

◇◇ Tokunoshima Island JJ&BB's HP ◇◇ ◇◇ A collection of Tokunoshima Island nature observation ◇◇