カウンター(Since 2009.8.3〜) 
無料カウンターサービス
徳之島じじとばばのブログへようこそ! ここは、モバイル・携帯アクセス兼用サイトです。
<< 2019年1月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
検索語句
ようこそ!お越しいただきまして有り難うございます。     このサイトはモバイルアクセス用として誕生しました。     動画再生にはWin Media Playerが必要です。      どうぞ ごゆっくりご覧下さい!  当サイトはリンクフリーです。管理者へ許可を得る必要はありません。
2010年11月の記事 >>
11/30(火) 10:24
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
11/30(火) 10:21
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
11/29(月) 08:07
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
11/29(月) 08:04
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
>>2010年11月の記事一覧

百九回目の除夜の鐘って・・・・

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ


11月30日(火)雨

昨夜・・と言うか、今朝と言うべきか?

深夜放送を聞いていたら、

中島みゆきさんの「百九番目の除夜の鐘」と言う曲が流れて吃驚した。

中島みゆきさんがこんな歌を歌っているとは知らなくて

また、歌詞がわかりづらい所もあって・・・・

「百九番目の除夜の鐘」という歌詞が何回も何回も出てきて

ちょっと不思議な歌だった。 

ねじめ正一さんが「ずいずいずっころばし」とちょっと似ている・・・と言っていたが。



百九番目の除夜の鐘



作詞︰中島みゆき

作曲︰中島みゆき



百九番目の除夜の鐘 

鳴り始めたならどうなろうか

百九番目の除夜の鐘 

鳴り止まなければどうなろうか

このまま明日(あした)になりもせず 

このまま來生(らいしょう)になりもせず

百と八つの悲しみが 

いつまでたっても止みもせず

百九番目の鐘の音(ね)が 

鳴り止まなければどうなろうか

やさしき者ほど傷つく浮世

淚の輪迴が來生(らいしょう)を迷う

垣衣(しのぶぐさ)から萓草(わすれぐさ)

裡切り前の1日へ

誓いを戾せ除夜の鐘

百九番目の鐘の音(ね)が 

鳴り止まなければどうなろうか

百九番目の鐘の音(ね)が 

鳴り止まなければどうなろうか



此の岸彼(きしか)の岸 船路の彼方

悔みの續きは後ろの彼方

前(さき)の生(しょう)から次の生(しょう) 

今居る生(しょう)へ

浮橋に誓いをつなげ除夜の鐘

百九番目の除夜の鐘 

鳴り始めたならどうなろうか

百九番目の除夜の鐘 

鳴り止まなければどうなろうか

このまま明日(あした)になりもせず 

このまま來生(らいしょう)になりもせず

百と八つの悲しみが 

いつまでたっても止みもせず

百九番目の鐘の音(ね)が 

鳴り止まなければどうなろうか

百九番目の鐘の音(ね)が 

鳴り止まなければどうなろうか

百九番目の鐘の音(ね)が 

鳴り止まなければどうなろうか



ン〜〜、やっぱり字面を見ても意味はわからないな〜。



今日で11月も終わり。

天気が良ければ、写真撮影に行く予定だったけど

朝から雨で、じじは家から一歩も出ず、

ばばは、小包を出すためと、夕方の買い物で2回外出。

夕方は、小雨だったので傘を持って家を出て、100メートルも歩かないうちに

ザァ〜〜〜ッと降り出し、慌てて走って帰り、車で出直した。

天気が悪いと、気分まで重く、一日何もしないで漫然と過ごしてしまった。

天気予報では、明日は晴れるらしい。

又、お弁当持って何処かへお出かけしようかなぁ〜〜〜。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

ホシムクドリ

by じじの写真日記

徳之島じじとばばのブログ


11月 30 日(火)天気 曇  室温 22 ℃  湿度 59 %

 今日は、ここにも「ホシムクドリ」の静止画をアップします。

画質がかなり悪いが、次のチャンスに期待して今回はこれで我慢しておきます。



(2010年11月28日、16:09 天城町総合グランドで撮影)



(2010年11月28日、16:09 天城町総合グランドで撮影)

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

ホシムクドリ

by じじの動画日記

徳之島じじとばばのブログ


11月 30 日(火)天気 曇  室温 22 ℃  湿度 59 %

 先日、昼を過ぎてからホシムクドリを撮りに天城へ出かけた。

ホシムクドリが最近渡ってきた情報が情報が天城の友人から入ったので、徳之島に滞在しているうちに撮影したい思いで出かけた。

ムクドリやツグミは連日会えたがホシムクドリさんはなかなか現れなかった。




大相撲の千秋楽の上位取り組みも見たいので、ボチボチ帰ろうとしたとき先ほどムクドリがいた競技場用夜間ライトの上に一羽だけ留まっているのを発見、空かさず静止画・動画を撮ったがあまり写りは良くなかった。

一番の原因は距離、次は光量である。ほんの数分のチャンスしかなかったのでまだしばらく徳之島に滞在してくれるのを願って帰路についた。


 ホシムクドリは冬鳥として徳之島にも渡来するが、個体数は少なくじじの住んでいる近辺ではいまだに見たことはない。

おそらく、ムクドリの集団に混じってほんの数羽来ているだろうと思われるが、近日中にまた会えるのを楽しみにしよう!


ホシムクドリ





(2010年11月28日、16:16 天城町総合グランドで撮影)
hosimukudori.jpg

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

ツグミ

by じじの写真日記

徳之島じじとばばのブログ


11月 29 日(月)天気 曇  室温 20 ℃  湿度 50 %

今日は、ここにも同じく「ツグミ」の静止画をアップします。

ツグミは徳之島に、冬鳥として渡来するがあまり長期間は滞在しないようである。

当サイト初登場です。



(2010年11月26日、13:30 天城町総合グランドで撮影)

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

ツグミ

by じじの動画日記

徳之島じじとばばのブログ


11月 29 日(月)天気 曇  室温 20 ℃  湿度 50 %

 今朝は、曇り空、時々こぬか雨が混じっていた!

好天気は長持ちはしないものだ、今日からまた天気は下り坂のようだ。





 先日、浅間干潟へ行ったとき、隣の野球グランドで、芝生の虫をツグミが来て啄んでいた。

グランドだけでも数羽はいたが、警戒心が強く撮影の為近づくと遠くへと逃げながら餌を啄んだ。

 去年は、亜種ハチジョウツグミをここで見たが、このツグミは初対面である。

勿論、当サイトにも初登場です。

徳之島には、冬鳥として渡来するがあまり長期間は滞在しないようである。



ツグミ






徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

Sちゃん=う・し・の・み・る・く

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ


11月28日(日)曇

スーパーでレジに並んでいると、ちょっと小太りの女の子が話しかけてきた。

「ばばちゃんですよね。Sです」と。

お〜〜、Sちゃん。

もう、かれこれ30年前に関わったSちゃん。

すっかり貫禄が付いて・・・・・

今は結婚し、お子さんもできて「肝っ玉母ちゃん」しているそうだ。



Sちゃんと言えば、忘れられない思い出がある。

国語で、「小さく書く、や・ゆ・よ」の勉強をした時のこと・・・

牛乳の挿絵があり、この名前を、「小さく書く、や・ゆ・よ」を

使って、平仮名6文字で書く・・という問題があった。

まず、ノートに書いて練習して、次に黒板に書いて発表・・・

ところが、Sちゃん「ねぇ、ばばちゃん、牛乳って、どう書けばいいの?」と聞く。

答を教えるわけにはいかないので、

「ゆぅ〜〜くり、ゆぅ〜〜くり、ぎゅうにゅうと言ってごらん」と言わせてみた。

口では言えても、書くことが分からないらしい。

業を煮やしたSちゃん、黒板に出て、何と!「う・し・の・み・る・く」と書いた。

なるほど!平仮名6文字。ご迷答!

その後、あれや、これや画策し、何とか「ぎ・ゅ・う・に・ゅ・う」へ行き着けたが。



このことがあって以来、「Sちゃん」と言えば「う・し・の・み・る・く」を思い出す。



でも、子どもって可愛いね。

何十年経っても「ばばちゃ〜〜ん」って声かけてくれる。



あの当時6,7歳だった子ども達も、今や、子育て真っ最中だったり

それぞれの職場の中堅として頑張っている。

数十年経っても、当時の面影のある子もいれば、すっかり面変わりしている子もいて

ご両親のどちらかと一緒だと(あっ、○○ちゃん)と気付く子もいる。

自分の関わった子ども達が、立派に成人し社会貢献している姿を見るのって嬉しいものですね。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

>>




携帯用ブログQRコード       WEB写真集用QRコード


Copyright (C)2009-2014 tokunosima.info All rights reserved.

◇◇ Tokunoshima Island JJ&BB's HP ◇◇ ◇◇ A collection of Tokunoshima Island nature observation ◇◇