カウンター(Since 2009.8.3〜) 
無料カウンターサービス
徳之島じじとばばのブログへようこそ! ここは、モバイル・携帯アクセス兼用サイトです。
<< 2019年3月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
検索語句
ようこそ!お越しいただきまして有り難うございます。     このサイトはモバイルアクセス用として誕生しました。     動画再生にはWin Media Playerが必要です。      どうぞ ごゆっくりご覧下さい!  当サイトはリンクフリーです。管理者へ許可を得る必要はありません。
2011年1月の記事 >>
01/30(日) 12:22
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
01/30(日) 12:19
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
01/29(土) 10:07
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
01/29(土) 10:05
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
01/28(金) 13:04
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
>>2011年1月の記事一覧

いつまでも忘れないよ〜Eちゃん!

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ


1月31日(月)曇時々小雨

1月29日昼前、ばばは病院へ父を見舞い、洗濯物を取って帰って来た。

すぐに昼食の準備をし、食事を終えた時電話が鳴った。

ばば姉からだった。

「Eちゃんが亡くなったんだって」と。

「うそ〜〜〜〜っ」、ばばは叫ぶように言った。

「今日の朝、仕事に出かけようとして準備をしていた時体調が悪くなって

救急車で運ばれ、そのまま亡くなったんだって」・・・・・と。

嘘、嘘、嘘、嘘であって欲しい。

悲しい知らせは事実であった。

ばばが病院に行った時、エレベーターを使わなかったら

家族の方と会えていたかも知れない。

でも・・・やはり信じたくない,Eちゃんが亡くなったなんて。

でって、つい3日前、Eちゃんはばばの家の玄関まで上がってきてくれたんだもの。

何と、間の悪かったことか、ばばは外出中で、じじが応対してくれていたが

その日,Eちゃんは趣味の押し花教室で作った作品を

ばばと姉に「手作りの物が記念になるから・・・」とわざわざ届けてくれていたのだ。

昼間は仕事で忙しいEちゃんなので夜電話をした。

いつもと変わらないEちゃんとの電話。

ばばが「押し花額」のお礼を言うと「手作りの物をばばちゃんと、

ばば姉ちゃんにも記念にあげたくて。自分が作った物の方が記念になるからね」って言ったEちゃん。

本当に、キバナコスモスんの押し花額は、Eちゃんの形見になってしまった。



当日朝まで元気だったEちゃんが、あまりにも突然に亡くなってしまったという現実。

ばばは、じじの傍らで「ごめんねぇ、ごめんねぇEちゃん。

せっかく訪ねてきてくれたのに留守にしていてごめんね・・・」と声を上げて泣いた。

13歳年が違うEちゃんだけど、昔から「Eちゃん,Eちゃん」と呼んで甘えていた。

Eちゃんは、ばばの両親、イヤばばの家族を本当の親姉妹のように大事にし可愛がってくれた。

いろいろな優れた才能があり、大正琴は師範級・更に三味線・島唄もプロ並み、

カラオケ、硬筆、さらには英会話も習っていたとか・・・・・

ばばが自動車の運転免許を取った時、

実地試験で乗る運転コースを(5つのうちどれか1つが試験に必ず出る)

「鉄道唱歌」の替え歌で教えてくれたのもEちゃんだ。

1番から5番まで毎日口ずさみながら憶え、

無事一回で合格できたのはEちゃんのおかげだと今でも感謝している。



Eちゃんは数十年前にお持ちの作り方をプロから教えてもらい

いろいろなお餅を作って島内のお店で販売されるようになった。

白い餅はもちろん、よもぎ餅・グンジャ餅・黒糖餅など多種のお餅を作っていた。

婚礼の時、法事の時、節句の時、島内の人は一度はEちゃんのお持ちを口にしただろうとばばは思う。

ばばの両親が高齢になった時に、Eちゃんは畑から刈り取ったヨモギを持ってきて

その葉っぱを父と母は終日小屋で摘み取っていた。

そして、アルバイト料としてお小遣いを上げてあげていた。

80歳過ぎても自分たちで現金を稼ぐ喜びを、ばば両親に与えてくれたのもEちゃんだ。



Eちゃんは、小さい頃お父さんを亡くし、口には出せないくらいの苦労したそうだ。

Eちゃん自ら苦労話を聞かされたことはないが周囲の方が話してくれた。

しかし、Eちゃんは苦労を表に出すことなく、いつも気丈で頑張りやで働き者だったと。

Eちゃんが若い頃は農業もしていていたが、その畑は切り株や石ころだらけの畑だった・・・(そうだ)

畑の切り株を見て、ばばは「Eちゃんの畑は良いねぇ。椅子(切り株)もあって・・」と

幼かったばばは言ったそうだ。

ばばは、そういうことは全然憶えていなかったが、つい数年前聞いて

Eちゃんにとても申し訳なかったと思った。

まだ物心つかなかったばばは、農作業の邪魔者切り株を羨ましがっていたのだ。



Eちゃんとの思い出はたくさんあるけれど・・・・・

又、折を見て書いていきたいと思う。



今日はEちゃんのお葬式を終え夕方家に帰ってきた。

久しぶりにホットカーペットの上で夕食を食べたじじとばば。

偶然、ばばが目を上げるとつい5日前,Eちゃんが届けてくれた押し花額が目に入った。

押し花のキバナコスモスの間にEちゃんの笑顔が見えるようで、

まだEちゃんが、ばば達の前から姿を消したということが信じられない。

時間の経過と共に、この辛い現実を否が応でも受け入れていかなくてはならないことに気づくだろう・・・・

Eちゃん、天国でEちゃんのご両親や、ばばの両親・兄・姉とも会えるでしょうか?

ばば達のこと、いっぱい話してあげて下さいね。

そして、天国から地上の私たちを見守っていて下さいね。



いつも忙しく頑張りすぎたEちゃん、ゆっくりお休み下さいね。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

ミサゴ

by じじの写真日記

徳之島じじとばばのブログ


1月 30 日(日)天気 晴 室温 15 ℃  湿度 60 %

 今日は、先日海岸通りで撮ったミサゴをアップします。

ミサゴは、餌を捕ると、好みの餌場まで餌を鷲づかみにしたまま移動して食べる習性がある。

干潮で広い珊瑚礁が出ているときは、珊瑚礁の上で食べる事もあるが、ほとんどが写真のように海岸から山手の餌場まで移動して食べる。



ミサゴが餌場へ

(2011年1月27日、16:31 徳之島町亀津海岸通りで撮影)



ミサゴがダツをゲット

(2011年1月26日、16:30 徳之島町亀津海岸通りで撮影)

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

海鳥たちの狩り 

by じじの動画日記

徳之島じじとばばのブログ


1月 30 日(日)天気 晴 室温 15 ℃  湿度 60 %

 今朝は雲が少なく良い天気が期待できる朝だった!

久しぶりに晴れそうな天気だ!





 先日、亀津大瀬川河口で海鳥たちが、浅瀬に群らがるボラを狙って、狩りをしていた。

アオサギ、シロサギ、クロサギ、鵜たち大型の海鳥が集合していた。

今日はその様子の動画をアップします。




海鳥たちの狩り





(2011年1月26日、16:25 徳之島町大瀬河口で撮影)

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

ウミネコとユリカモメ

by じじの写真日記

徳之島じじとばばのブログ


1月 29 日(土)天気 小雨 室温 16 ℃  湿度 71 %

 今日は、先日海岸通りで撮った海鳥たちの空中写真をアップします。



ウミネコの幼鳥

(2011年1月27日、15:47 徳之島町大瀬河口で撮影)



ウミネコの成鳥

(2011年1月27日、15:47 徳之島町大瀬河口で撮影)



ユリカモメ

(2011年1月27日、15:53 徳之島町大瀬河口で撮影)

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

海鳥たちのオアシス  

by じじの動画日記

徳之島じじとばばのブログ


1月 29 日(土)天気 小雨 室温 16 ℃  湿度 71 %

今朝も、小雨が降っていた!

いったい何時までこんな天気続くのだろうか?





 先日、海岸通りを散歩したとき、いつもの海鳥たちの溜まり場を覗いてみた。

そこには、ウミネコ・ユリカモメ・オオセグロカモメたちがノンビリとくつろいでいた。

まだ狩りから帰らない約半数がいるが、ここと沖のテトラポットが彼らの憩いの場、オアシスである。

 例年は、こんな大所帯で亀津周辺には渡ってこないが、今年はこの周辺に餌が豊富なのか長期にわたって滞在しそうである。

これからは毎年冬場はこの大所帯で、ここで越冬してくれるのを大歓迎するじじとばばである。



海鳥たちのオアシス





(2011年1月27日、16:49 徳之島町大瀬河口で撮影)

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

ボスと相棒

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ


1月28日(金)小雨

最近、ネコのことをよく書いているような気がするが・・・

今朝も、小雨が降っていたので、

外に干したままだった切り干し大根が気になりベランダへ出ると・・・

両親宅庭で「カタッ」という音が聞こえたので

下を覗いたけど、人がいる様子はない。

更に手すりに身を乗り出して覗くと、水瓶の近くに黒白模様のネコが一匹。

(何かするかな?)と見ていたが大きな動きはせず

ばばの視界から消えたが、それでも気になり階段を下りて見に行こうとすると

階段のしたから4段目の中央に同じような白黒模様のネコが一匹、

ばばに背中を見せて座っている。

へぇ〜、ネコって狭い階段に座ることができるんだと感心。

階段の上と下に似たようなネコが一匹ずつ。

更にそこへもう一匹似たようなネコが・・・合計3匹の白黒ネコ。

3匹が揃って階段の上にいるばばを見上げたので

ちょっと怖くなり、たまたま手に持っていた「たこ足状の洗濯物干し」を

振って威嚇行動をしてみた。

最初3匹はキョトンとしていたが、階段の上にいたネコが手すりの下を抜け

お隣のお宅との境の垂直な石垣とブロック塀をいとも簡単に登って

お隣の庭へ飛び込んだ。

すると残った2匹も地面からブロック塀をよじ登り、そして石垣もよじ登って

同じようにお隣の庭へ飛び降りた。

ばばげ、感心して「へぇ〜〜すごい!」と言いながら

3匹の華麗な動きを見ていたら、じじも外へできて「どうした?」って。

「ネコって凄いねぇ〜」と言いながら経緯を話しながら、

ばばがなおも前へ乗り出すので「危ない!」とじじに抱き留められてしまった。

熱中すると、ばばは周囲が見えなくなる時があるからね。

2メートルくらいの垂直な壁くらいいとも簡単に登れるネコって身軽だな〜改めて実感。



早々、猫と言えば

2日ほど前、ばばがいつも書いている「ネコ相の悪いネコ」が

相棒を連れて現れたよ。

その時も、ばばは裏口ベランダから両親宅を覗いていたんだけど

「ネコ相の悪いネコ」はばばが花園に埋めたばかりの生ゴミを漁りだした。

相棒のネコは両親宅の軒下の物干し場のコンクリートの上に座って

「ネコ相の悪いネコ」の様子をじぃと見ていた。

時には寝ころんで片足を揚げて自分の太ももあたりを舐めながら毛繕い?しながらね。



「ネコ相の悪いネコ」って長ったらしいので以後「ボス」と書くね。

ボスは花園の中をあっちこっち掘り返しては何か食べ物はないかと探しているようす。

花園の中から何かを庭へ引っ張り出して食べるような動作も・・・

そして又花園の中へ。

相棒は?ボスが花園の中にいる時に、そっと庭へ降りて

ボスが食べ残した物か何かを舐めている様子。

ボスの動きを気にしながら行動しているのが良く分かる。



ばばは、二匹の行動を見ながら、2匹の関係について考えてみた。

夫婦か?

だとすると、ボスはじじで、相棒がばばって事になるなぁ。

でも、ばばの方がガサガサ動くからボスがばばなのか?

親子か?

それにしては、体の大きさはほぼ同じ。

最近の子は、あっという間に親を追い抜くくらい大きくなるからな〜。

子どもが親の様子をうかがいながらコソコソ行動しているのか?

ばばの妄想はだんだん広がっていく。

最終的には・・・・・・?

やはり2匹のネコの姿が「じじ&ばば」に重なってきた。

どっちがボスで、どっちが相棒かは口が裂けても明言できないけどね。



ばばのネコウオッチングはまだまだ続きそう〜〜〜〜。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

>>




携帯用ブログQRコード       WEB写真集用QRコード


Copyright (C)2009-2014 tokunosima.info All rights reserved.

◇◇ Tokunoshima Island JJ&BB's HP ◇◇ ◇◇ A collection of Tokunoshima Island nature observation ◇◇