カウンター(Since 2009.8.3〜) 
無料カウンターサービス
徳之島じじとばばのブログへようこそ! ここは、モバイル・携帯アクセス兼用サイトです。
<< 2019年3月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
検索語句
ようこそ!お越しいただきまして有り難うございます。     このサイトはモバイルアクセス用として誕生しました。     動画再生にはWin Media Playerが必要です。      どうぞ ごゆっくりご覧下さい!  当サイトはリンクフリーです。管理者へ許可を得る必要はありません。
2016年9月の記事 >>
09/30(金) 20:29
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
09/29(木) 15:31
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
09/28(水) 19:49
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
09/15(木) 14:38
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
09/05(月) 09:21
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
09/05(月) 09:19
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
>>2016年9月の記事一覧

まさか、東京で・・・

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ


9月30日(金)晴れ

東京では、滞在中、ほぼ曇りか雨天で

真っ青な空を見ることはできなかった。

島の今日の天気は快晴!

暑い暑い1日だった。

こんな天気の良い日に、何をしようかな?と考えた。

まだまだ庭仕事が終わっていなかった〜と思い

濡れ縁周辺を綺麗に掃いて、鉢を並べ替えたり

庭を掃いたりした後、室内に入り掃除機をかけたら、

あっという間に半日が終わってしまった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も旅行中のことを少し。

ばば、上京して3日目に、手足に発疹が出来た。

その発疹があまりに痒くて掻きむしっていたら

直径2,3センチほどの大きさにプックリ脹れてきた。

何かのアレルギーだったのだろうが、

じじや娘たちが心配して「早く病院へ行きなさい!」と

強く言う。

家から一番近い皮膚科の病院もいくつか探してくれて

行き方まで懇切丁寧に教えてくれたので

気の進まなかったばばも、都会の病院へひとりで行くことになった。

(方向音痴のばば、上手く病院にたどり着くことが出来るだろうか?)

心配しながら、娘のメールを確認しつつ病院を探した。

すると、何のことは無い、家からわずか数百メートルの場所に

そのクリニックはあった。

いつも、夕食の食材買いに通っていたコースの途中だったのに

関心が無いから全く気づかなかった。



4時から午後の診察が始まると書かれていたので

しばし、クリニック前で待機。

定刻になって、ドアが開いたので中に入って保険証を提出した。

名前が呼ばれ、診察室に入ると40代くらいの先生がおられ

開口一番「徳之島からいらしたんですか?」とビックリされていた。

さらに「○○さんって姓、珍しいですね」とも。

一応ばばの症状を聞いたり、見たりした後

飲み薬と塗り薬を出して下さると言う。

ばばが立ち上がろうとすると、「徳之島」がよっぽど珍しかったのか

「人口は何名くらいですか?」とか、「観光スポット」とか

色々興味深そうに聞かれるので、

徳之島の自然や生き物のこととか、人情豊かな島であることとか話した。

途中から、看護師さんも2名顔を出して興味深そうに聞いてくれた。



あまりお喋りしても、次の患者さんも待っておられるし・・・と

立ち上がろうとすると、

先生が「僕の同級に、徳之島出身でMというドクターがいるんですよ」と・・・

あぁ〜、Mさんという姓なら、ばばのが小さい頃お世話になっていた

医院の先生がM先生だった。

偶然かもしれないけど、もしかしたら、その先生のお子さんかなぁ・・・

と思ったりした。

ばばが診察室を出る時、先生が「ごめんなさいね。症状を聞くことより

徳之島のことを沢山聞いちゃって」っとおっしゃった。



ばばも、初めて都会のクリニックに、ひとりで行き、緊張していたが

徳之島のこととかお話しているうちに緊張もほぐれて良かったなぁ・・・と思った。



さて、クリニックでいただいた薬2種。

塗り薬を発疹に塗り、食後には飲み薬も飲んだ。



しかし・・・飲み薬を飲んで何時間かたったら吐き気がして・・・・

飲み薬は1回飲んだだけで止めた。

その数日後、別のクリニックへも行き、又塗り薬と飲み薬を貰ってきた。

薬が効いたのか、時間が治してくれたのか・・・

ばばの発疹は2週間くらいでほぼ治まった。



それにしても、都会で病院へ行くなんて・・・

そして、まさか、徳之島のことを聞かれるなんて

今回の旅行で、一番のハプニングだったかなぁ。



今回、旅行して、あらためて鹿児島県の小さな離島、徳之島について考えた。
徳之島

ばばにとっては、最高の故郷だけど

都会の人たちにとって、徳之島っていう島の名前、

そして、その島がどこにあるのかさえ分からない人の方が多いんだよね。

逆に、ばばだって、自分が住んでいる徳之島以外の小さな離島のこと、

さらには他の都道府県のことなんか、ほとんど知らないことの方が多い。

もっと、自分の住んでいる島以外にも目を向けたら

新しい世界が沢山開けるだろうな・・と思うけど、

ばばは、もう、年をとり過ぎた「井の中の蛙」のまま、人生終わるのかなぁ・・・

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

メッセージ、他

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ


9月29日(木)晴れ

今日も、旅行の後始末と外回り片付け。

外で、旅行バッグなどを干していたじじが

「今年最後の蝉かなぁ」と言うので、ベランダに出て上を見上げたら

ベランダの屋根に、蝉が1匹留まってた。

鳴くことは無かったが、昨日は日中桜の木の方から

鳴き声が聞こえた。

蝉が大群で鳴くと「うるさいなぁ〜」と思うけど

1匹で、それも今年最後?今生最後の鳴き声だと思うと、ちょっと切ない。

もう、秋だものね・・・

9月の蝉


旅行に持って行った用具や衣類を片付けていたら

娘たちからのメッセージが出てきた。

9月6日、娘宅に到着すると玄関にメッセージが置かれていた。

じじ宛と、ばば宛別々に・・・・
メッセージ


じじは年に何回か上京するので、じじ宛には

「いらっしゃい。勝手知ったる何たら・・・

ゆっくりしていてね。」とかかれ

ばば宛には「いらっしゃい。スリッパ使ってね!

クッションとか座布団とか使ってくつろいで。」と。

玄関には二人分のスリッパが並べられ、

エアコンも最適温度に設定されていて、

スイッチを入れるだけに準備されていた。

娘たちの心遣いが感じられ嬉しくなると同時に

滞在中は、何か役立つことをしなくちゃ・・・と思った。



「ただいま〜」と普段より、ちょっと早めに帰宅した娘たちを

「お帰り〜」と迎えた。

お互い笑顔で食卓を囲み、島から持って行った、

雑穀米入りおむすびや卵焼き等でささやかな夕食。



普段、じじと二人の食卓でも、いろいろなことを話しながら

食事をするが、若い声が加わると一気に賑やかになる。

食後も色々お喋りをしながら、久しぶりの親子団らん。



ばばが子供たちのために役立つ事って?

食事の準備と洗濯、掃除くらいかなぁ・・・

なら、毎日美味しいお味噌汁作ってあげよう!

そして、温かいご飯を炊いてあげよう!

という訳で、滞在中できる限り食事の準備をした。



島での生活と違うことは?

刺身だけは、じじが自分で食べたいものを選んで買ってくること。



ばばは、なんとかひとりで行ける2軒のスーパーへ交互に通い

商材を調達、何とかお味噌汁だけは家でも使っている出汁を使い、

じじの分を作る時より格段に沢山の具材を入れた。

娘たちが大きめのお茶碗で「美味しい!」と食べてくれるのが毎日、嬉しかった。

考えてみれば・・・お肉以外に野菜やお豆腐など10種類前後の

具を入れた味噌汁なんて、じじのために作ってあげてるかなぁ?

と言えば、答えはノー。

(ばば〜じじより、娘たちが可愛いの?)

と、毎日、自問自答していたよ。



そうそう、毎日スーパーへ通って気づいたけど

店員さんたちの応対が、とても親切で、こちらが恐縮するくらいだった。



それと、野菜とかの値段は島より、かえって高いのでは?と思った。

果物も、一房1500円以上のブドウがあったりして

島にもこんな高級なブドウあったっけ?と思いながら、一度だけ買ってみた。

シャインマスカットっていうブドウだったかな?

じじと二人なら絶対買わないだろう商材にもポイポイ出費してしまうばば。

せっかく都会に出てきたんだから、

島では食べられないものも食べてみなくちゃね。

これが旅行の醍醐味?



じじは、滞在中、毎日のように秋葉原通いだったけど

地理音痴のばばは、娘たちが休みの日以外はお留守番。

島では3年以上観ていないテレビをつけっぱなしにしたり・・・



3週間は長いと思ったけど、帰って来てみれば、あっという間だったな。

時間の流れを感じたのは、生い茂った庭木や枯れてしまった草花を見た時。



まだまだ庭木の手入れや草花の植え替えなど、ばばの作業は続く、続く・・・

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

ただいまぁ〜

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ

9月28日(水)晴れ時々曇り

ただいまぁ〜



お盆前に、じじ妹夫婦が孫ちゃん二人とお墓参りがてら帰省。

お盆明け、孫1号君が都会から一人で徳之島入り。

その後、娘ファミリーや娘が次々と帰省し、

娘が帰って行ったのが9月初旬。

例年以上に忙しく、無我夢中で動き回っている夏だった。

忙しくも楽しかった時間が過ぎ・・・・



じじの用事がてら、一緒に旅行でも行こうかと。

というわけで、何と3週間も家を留守にしていましたぁ〜。



都会で暮らす娘の家に居候しながら

一緒に1泊旅行をしたり、寄席や劇場へ行ったり

美味しい食事をしたり。

楽しかった思い出は、明日から少しずつ書いていくことにして・・・



まずは、昨日の事から。

普通の旅行なら、いつも昼前には徳之島着の便を利用するのだが、

今回は、その便のチケットが取れず、3便で帰ってきた。

飛行機の出発時刻委は10時20分なのに、朝5時過ぎから起きて

朝食の準備をしたりして、食事を済ませ家を出たのが6時45分。

電車の1回乗り継ぎ、空港へ向かったのだが。

早朝なら電車のお客さんも少ないだろうと思ったのが大間違い。

初めのうちは旅行バッグを抱えて立ったままだった。

始発に乗れば良かったかなと、一瞬思ったくらいだったが

途中から席も空き、じじと二人とも座ることが出来、

空港へは8時過ぎに着いた。



しかし、飛行機の出発前に「台風の影響で奄美諸島への便は

条件付きで飛びます」と。

エェ〜〜ッと思ったが、じじの「このくらいの天気なら大丈夫!」

という言葉を信じ、搭乗。

予定より10分くらい遅れて鹿児島到着。

天気も穏やかで、無事夕方には徳之島へ戻れた。



車庫から家に向かったら、何とまぁ!

夜香木が玄関先まで生い茂り、ゲンペイカズラが通路をふさぎ

たった3週間留守にしただけなのに・・・とビックリ。

裏手の菜園に向かうと、周りの通路をふさぐように

サツマイモの葛が地面を覆っていた。
サツマイモの蔓

怖くて、ハブでもいるのでは?と、さすがに歩くのはやめた。



夜は11時過ぎには床についた。

朝まで一回も目覚めること無く、グッスリ。

資源ゴミを出す日だったので、袋に詰めて出したりした後

ゆっくりと3週間ぶりの家での朝食。



その後は、庭の夜香木の枝や、ゲンペイカズラの枝等を

剪定鋏、花切り鋏、枝切り鋏、鎌等使い分けて、これでもか!

という位、次々切った。

庭には木の枝の、うず高い山。

花壇の植物の枝を適当に切って、ふと庭の隅の桜の木を見たら

何とまぁ!季節外れのゴーヤが10本くらい下がっていた。

嬉しくなって、作業中断。

なんせ、2メートル以上の高さにぶら下がっているので

又、鎌や枝切り鋏を使い分けて、うんと背伸びをしながら

次々切り落とし、収穫。

収穫後すぐに、お隣さんと、

たまたま用事で寄ってくれた姉にも「お福分け」。

そして、我が家でもお昼ご飯のおかずの1品には、ゴーヤチャンプル−。



昼からも、まだまだ草花の枝を切り落としたり

まとめてゴミ袋に詰めたり、夢中で頑張っていたら

何と、右手薬指と親指に大きなマメガできて、つぶれてしまった。

「痛いよぅ〜」。

でも、我慢、我慢・・・

サツマイモの蔓を切る作業が残っている。。。。

ということで、夕方5時過ぎまでかかって、ほぼ今日の作業終了〜。



ばばは、マメガできて、つぶれる位、外仕事頑張ったのに・・・

じじは、ずぅっと家の中で作業。

ばばには全く意味の分からない仕事を黙々とやっている・・・・



遊び回った3週間分の仕事が溜まっていたから仕方ないね。

婆の仕事は、外仕事も、内仕事もまだまだ残っているけれど

まぁ、3週間かけるつもりで、無理せず少しずつやっていくことにした。



今回、3週間旅行して、帰って来て、最初見た庭や菜園の様子は

まさに「帰ってみれば、こは、いかに・・・」という状態だった〜



でも、留守中、何回か発生した台風被害も無く

枯れてしまった草花も無く、良かった!



又々、台風18号が発生しているらしいけど

被害が出ませんように・・・・



楽しんできた分、明日からは気分も新たに

家事頑張るぞ!

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

「何ですか!あなた達!」

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ


9月15日(木)曇り

「過日、僕が上げた貝細工を返してください」

ある日、突然、じじの知人が我が家へ上がり込んできた。

今まで見たこともないような怖い顔をした、じじの知人。

いくら知人でも、無断で家に上がり込んでくるなんて・・・

今まで無かったことだ。

ばばは慌てて飾り棚の所へ行き、飾っていた貝細工を取り

知人に渡した。

その人物と関わりたくないので、さっさと帰ってほしくて

ばばは奥の部屋へ引っ込んだ。

すると、そこには8歳くらいの見たこともない男の子が立っていた。

「どこから来たの?おうちに帰らないと、

お母さんが心配しているよ。」とばばが言うと

どこからか見たこともない若い女の人が現れ

男の子を手を引いて、無言で家の外へ出て行った。

ホッとして、隣の部屋の戸を開けると、

何と、知らない男の人3,4人が床の上にゴロゴロ寝転がていた。

「あなた達、誰?そのシーツ等、三女がきれいに洗って干したばかりなのよ。

出て行って!」と恐怖を感じつつ大声で怒鳴った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そこで、パッと目が覚めた。



「あぁ〜夢か。良かった」と思ったけど、

まだ心臓がドキドキしていた。

じじが起き上がる気配がした。

「怖い夢見てた」と、ばばが言うと

「何か分からなきけど、ムジャムジャ、

何かずっと意味不明なことを喋っていたよ」とじじ。



そうか、やっぱり声を出していたのか。



でも、なぜこんな夢を?



最近は、なかなか夢を見ないばばだが。



夢の中で、見知らぬ男の子や、複数の男の人たちと

対峙していたばば。



あぁ〜あ、あ。

せっかく夢を見るんだったら、自分が子供の時の夢とか

懐かしい故郷の風景が出てくる夢を見たかったな。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

アマサギ(冬羽)

by じじの写真日記

徳之島じじとばばのブログ


9月 5日 (月) 天気 晴のち曇 室温 31.5℃ 外気温 30.0℃ 湿度(室内)59% (午前7時45分計測)


 今日はここにも先日諸田池で撮った。「アマサギ(冬羽)」の写真をアップします。

先月の初旬に渡来していた個体は夏羽だったが、今回の個体たちはもう既に冬羽になっている。

今年は、夏鳥・冬鳥・旅鳥全ての渡り鳥たちにとって、例年より秋を早く感じているようだ!

 アマサギは、全国的には夏鳥として九州から本州にかけて渡来するが、島では旅鳥として周年見ることが出来る。



147aa


 ↑ この画像をクリックしたら大画面表示 します。
(2016年9月3日、12:12 徳之島町諸田池で撮影)

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

アマサギ(冬羽)

by じじの動画日記

徳之島じじとばばのブログ


※注 この動画は新OS Win10のEdgeには対応していません。恐れ入りますが「InternetExpiorer」でご覧下さい。


9月 5日 (月) 天気 晴のち曇 室温 31.5℃ 外気温 30.0℃ 湿度(室内)59% (午前7時45分計測)


 早朝のうちは良い天気だが、天気予報では昼頃から崩れていきそうだ!

尖閣諸島の南岸辺りにまた低気圧が発生しているようだ。

 先日諸田池へアマサギたちが来ていた。



先月の初旬に渡来していた個体は夏羽だったが、今回の個体たちはもう既に冬羽になっている。

今年は、夏鳥・冬鳥・旅鳥全ての渡り鳥たちにとって、例年より秋を早く感じているようだ!

 アマサギは、全国的には夏鳥として九州から本州にかけて渡来するが、島では旅鳥として周年見ることが出来る。


エリマキシギ(幼鳥)





   ↑ スタートボタンをクリックして下さい。
(2016年9月3日、12:07 徳之島町諸田池で撮影)

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

>>




携帯用ブログQRコード       WEB写真集用QRコード


Copyright (C)2009-2014 tokunosima.info All rights reserved.

◇◇ Tokunoshima Island JJ&BB's HP ◇◇ ◇◇ A collection of Tokunoshima Island nature observation ◇◇