カウンター(Since 2009.8.3〜) 
無料カウンターサービス
徳之島じじとばばのブログへようこそ! ここは、モバイル・携帯アクセス兼用サイトです。



ようこそ!お越しいただきまして有り難うございます。     このサイトはモバイルアクセス用として誕生しました。     動画再生にはWin Media Playerが必要です。      どうぞ ごゆっくりご覧下さい!  当サイトはリンクフリーです。管理者へ許可を得る必要はありません。
その他 - 2013年6月の記事 >>
06/30(日) 23:45
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
06/27(木) 22:26
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
06/26(水) 21:15
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
>>このカテゴリーの記事一覧

自家散髪

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ


6月30日(日)晴れ

じじ、もうすぐ息抜き旅に出ます!

旅支度で、まずは身だしなみを整えなくちゃ・・・

って事で、昨日クーラーを買いに行ったついでに

バリカン(懐かしい響き〜)を買ってきた。

自分で散髪するという。

実は、すぐご近所に「行きつけの散髪屋さん」があったんだけど、

数年前、おじさんが亡くなり、その後、おばさんに散髪してもらっていたじじ。

じじの毛は癖毛なので、散髪は慣れたひとじゃないと、難しいんだ〜

その、おばさん足の具合が悪くなり、正月明けに都会で手術することになった。

おばさんが帰るまでの4ヶ月余、じじの髪の毛は伸びるに任せていた。、

じじの毛は、長くなるとクルンクルンカールもする。

島にいる限り、じじは通い慣れた散髪屋さんにしか行かなかったから

おばさんが帰るまでの期間は、とてもとても長かった。

5月になって、手術を終えたおばさんは無事退院し帰って来た。

おばさんの帰りを待ちかねていたじじは、数日後散髪に行き

サッパリと散髪してもらい、いつもの「年より若く見られるじじ」になってご満悦。

ところが・・・・5月になって、おばさんは術後の経過が思わしくなかったのか

再び都会の病院へ行ってしまった。

じじの旅行まで、おばさんが帰ってきてくれるか・・・・・

祈るような気持ちで待っていたが、叔母さん宅の雨戸は閉まったまま。

出発の日が近づき、さすがにじじも何とかしなくては・・・と腰を上げた。

何とバリカンを買ってきて、自分で散髪をして

悪い所は、ばばに手直ししてもらうと言う。

イヤだよぅ〜じじ、新婚当時、加計呂麻暮らしで

海を渡らねば理容室にも行けなかった時、

怖い物知らずのばばが、じじに乞われるまま、じじの散髪をしたことがあったよね。

結果は?

推して知るべし。

見事な虎刈り。

翌日、出勤するじじは、どんな気持ちだっただろう?

不器用で、旦那様の散髪も出来なかったばば。

あれ以来、じじがばばに「散髪してくれ」と言うことは一度も無かったね。

よっぽど、あの時の虎刈りがトラウマになっていたんだね。



それなのに、それなのに、先日バリカンを買ったら

「自分でしっかり見えない所は、ばばに綺麗にしてもらう」って

一方的に言われても、ババは絶対イヤだと思ったよ〜



そして昨日昼、じじは遂に自分で自分の散髪を始めたよ。

お風呂場の鏡の前に座って、バリカンをダイナミックに動かしている。

(本当に大丈夫なの?)

いつ、声がかかるかドキドキしながらばばは家事をしていた。

時々気になって、お風呂場を覗いたが

「そんなに切って大丈夫?」と言うくらいじじの手の動きは

自信に溢れ・・・

「絶対失敗することは無い」って・・・・・



2,30分くらい経ったかなぁ?

遂にじじは散髪を終わった。

おっ、なかなか良いじゃん。

結構、様になっているよ。

旅行に行ってもおかしくないよ〜



ばばに「整えてくれ」と言う事もなかったので

うなじとかちょっと気にはなったけど、ばばも黙っていた。

ところが来ましたよ〜〜〜今朝。

「ばば〜お願いだから、首の後ろ辺りと耳の周りの長い毛を

バリカンで整えて、カミソリで剃ってくれ〜〜」って。

バリカンなんて、本当に何十年も触ったことさえ無いのに・・・

その上、近く旅に出るじじの髪型をばばが失敗してしまったら・・・

でも、やるのはばばしかいないでしょう!

やってあげなさい。

失敗してもじじは怒らないよ、きっと、

と、ばばの中のもうひとりのばばが囁く。



えぇ〜〜い!こうなったら仕方ないやりましょう!

やりますとも!

ばばはじじの妻だから、やってやろうじゃありませんか!



じじはじじで「じじがバーバ呼んでバーバにバーバしてもらった」

なぁんて変な親父ギャグ(じじギャグ?)言って、ひとりでご満悦。



じじから渡されたバリカンを手にじじの後ろに回り

そうっとバリカンを動かしてみる。

全然カットされていない。

「もっと深く入れないと切れないよ」とじじ。

思い切って深々とバリカンを入れたら、おっ!カットされてるじゃない?

一度思い切るとどんどん大胆になってバリカンを動かしたよ。

気になる長い毛が好く鳴ったので「はい終了!」

すると、じじが「今度はカミソリで際を整えてくれ」って。

でも、男性用にT字カミソリしか無いでしょう?

T字カミソリでは、際は揃えられないよ〜不器用なばばには。

と、「じゃ、ばばのカミソリ貸してそれでやってみてよ」って。

ハイハイ、分かりましたよ。



その前に、ハサミで長い所をカットもしなきゃ。

それから、ばば用のカミソリを取って来て、うなじと耳の後ろ辺りを剃って

じじの散髪終了〜〜〜〜



案ずるより産むが易しと言うけれど

やってみると出来るもんだね。



ばばから言わせると、「じじ前頭部、少し切り過ぎたんじゃない?」とも思うけど

まぁ、10日もすれば元のように見えるでしょうから、心配無しだね。



これで髪の毛もサッパリしたし、後は着替えなど荷作らなければならないけど

問題はここからだな?

工事中の我が家に入って、洋服など持ち出せるかどうか?

足場は組まれているし、タンスの前にも色々な物が積まれているしなぁ。。。

あと数日で、タンスが開けられるようにお願いしたら、

大工さん「大丈夫ですよ」って言ってくれたし、

まぁ、心配はいらないでしょうね。



それにしても、散髪って簡単に言うけど結構難しいね。

じじのお母さんは、ずうっと旦那様の散髪をしていたね、何十年も。

それもハサミでチョキチョキと器用に刈ってた。

そして、旦那様が出かける時は、玄関の鏡の前に立った旦那様の髪の毛を

必ず櫛で綺麗に整えてあげていた。

旦那様の身だしなみを気遣う奥さんのお手本だったなぁ・・・・義母は。

義母は、本当に器用だなぁと、いつも憧れて見ていたけれど

ばばはその足下にも及びません。



じじの散髪を自分たちで終えた、今日夕方、1本の電話が。

何と!散髪屋のおばさんが「今日帰ってきたよ〜ばばちゃん〜」って。

あらまぁ〜〜待っていましたよ〜おばちゃん〜



おばさんも、病院帰りだし、すぐすぐは散髪も再開できないでしょうから

今回だけは、自家散髪で、じじ、行っていらっしゃ〜い。



今回の散髪で、じじは自信が付いたようで

「これから、散髪は自分でするよ」と張り切っているけれど

さて・・・・・・・・・・・・・

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

動画はお休み(動画編集マシントラブルの為)

by じじの動画日記

徳之島じじとばばのブログ


6月 30日(日) 天気 晴 室温 31 ℃  外気温 30.8 ℃ 湿度 65 %


 動画編集用のパソコンが昨夜から完全に動かなくなりました。

おそらくマザーボードの致命的な故障のようですのでしばらく復帰まで時間が掛かります。

 誠に残念ですが、暫く動画投稿はお休みにします!


              ibuchanじじ

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

6時間経っても終わらない。。。。。

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ


6月29日(土)晴れ

1回の洗濯にかかる時間って、どの位?

我が家(義母が使っていた)洗濯機、何と!6時間経っても終わらな〜〜い。

今朝は、6時半過ぎから選択を始め、

その後朝食や片付け、大工さん達のお茶の準備・・・と

クルクル動いているうちに、洗濯していたことをすっかり忘れてしまっていた。

昼前に姉が買い物をした帰りに立ち寄ってくれて

雑談しているうちに洗濯のことを思い出した。

(あちゃ〜〜、洗い終わった洗濯物がくちゃくちゃになっているかも・・・)

洗濯場へ走ったら、何と、まだ、すすぎの段階。

まさか???

又、例の病気が始まったか?

両親宅へ引っ越してからほぼ1週間。

その間4回洗濯して、正常に洗えたのは2回で異常終了が2回。

異常終了と言っても、きちんと終わったわけではなく

何回も何回も洗ったり濯いだりの繰り返しで、なかなか自分で終了しない。

前回・・・一昨日は途中でばばが彼方此方触ったら3時間余で

一応終了はした。

約3時間も洗濯機に入れられた洋服やタオル類。

さぞや別嬪さんになっただろうね・・・・

その3時間を上回る、今日の6時間以上。

いつまで経っても、彼方此方触っても一向に洗濯を終わる気配すら無く

ひたすらに、真面目に、洗濯機は洗いと濯ぎを繰り返している。

見かねた姉が「試しに洗濯物を一応振ってから、脱水してごらん」と言うので

言われた通りにしてみたがダメ。

「では、脱水だけしてみたら・・」というので

一旦スイッチを切り、改めてスイッチを入れ直し

「濯ぎ6分」を選択。



しかし、「脱水6分」と出ているのに別の液晶画面には

何故か「9分」と表示が・・・・

意味分からないよう〜〜〜

洗濯機の前で、姉とふたり「ああでも無い」「こうでも無い」と試行錯誤。



遂に姉は洗濯カゴにタオル類だけを入れ、

2階の我が家への階段をエッチラオッチラ上り始めた。

絞ってないので、タオル類だけでも結構な重さ。

その上、急勾配の階段を上がる。

慌ててばばも後ろからカゴを支える。

2階までの階段は17段くらいかな?

ふぅ〜〜〜、疲れる〜



何故、2階の我が家で洗濯しないかって?

工事中で埃っぽいことと、両親宅と我が家を

洗濯の度に行き来するのも億劫だから。

それに、引っ越してすぐに我が家の洗濯機の

水道と洗濯機を繋ぐホースを、義母が使っていた洗濯機に付けたので

我が家の洗濯機では、水を使う「洗&濯ぎ」は出来ない。

脱水だけなら、ホースなしでも出来るのでは?と姉が考えたわけ。

で、結果は無事脱水は出来ました!

が・・・・やはり洗濯モードになってそれが終わって脱水したらしい。

機械のことは分からないばばだから、何はともあれ脱水できてめでたし、めでたし。

もしも、脱水できなかったら、手絞りで乗り切るしか無いと思っていたので

脱水できて、まずは良しとしなくちゃね。



今日は、何とか洗濯できたけど、後数週間

両親宅の洗濯機が使えなかったらどうしよう〜

この際、新しい洗濯機を買おうと話してはいるんだけどね〜



昨日は両親宅2階用にクーラーを買ったし、

又洗濯機まで買うとなると痛いなぁ・・・

この後、ガスコンロも買わなくてはならないからね。

我が家のを両親宅へ運んで使っているので、リフォームが終わったら

自宅用に新しいガスコンロを買わなくてはならないの。



じじは、両親宅2階が気に入って、ベッドやパソコンデスクをしっかり備えたし

自宅リフォーム後も、「両親宅に住む気満々」みたい。

ばばは、やはり自宅へ帰りたいので、

じじとばばに「別居の危機」到来!

さて?どうなることやら・・・・・・

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

大珍事!コーヒーが麺ツユに!

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ


6月28日(金)晴れ

珍事が起こった!

ブラックコーヒー-が、麺ツユに変身!



実はね、今日昼3時のお茶の時間、

大工さん達の飲み物は、缶のお茶・

アクエリアス・ブラックコーヒーを準備した。



ちょっとした軽食を出して、飲み物は好きな物を選んで貰う。

大工さんは、H君・T君・Tさん・Sさんの4名。

H君とT君は兄弟。

4名のうち,H君だけコーヒーが苦手。

軽食の後、デザートにコーヒーゼリーを準備した。

コーヒーの苦手なH君に、T君が

「これなら食べられるから食べてごらん」とコーヒーゼリーを勧めた。

(食べられるかな?)とばばも思ったが、一口食べたH君、

「これ美味しい!これなら食べられる」って完食!

ばばも、我が子が嫌いな食べ物を克服したかのように嬉しかった。

大工さん4名ともコーヒーゼリーを完食。

その後、T君がボトル入りブラックコーヒーをコップについで飲んだ途端、

「わっ、何これ?麺ツユだ!」と叫んだ。(実際コップについだコーヒーを捨てたらしい)。

「まさか!」と3名の大工さんとばばはT君を見ていたら、

本当にまずそうに「マジ、麺ツユ。試しに匂いしてみて」と

Tさんにコップを渡した。

すると、Tさんも「わっ、これ麺ツユだ!」と叫ぶ。

まさか?まさか?

だって、コップについだのは開けたばかりのボトルコーヒーだよ〜

「もしかして?ばばちゃんが麺ツユ作って入れておいたとか・・・」等と

冗談を言いながら、みんな大爆笑。

T君、次に弟のH君に「匂いしてごらん。麺ツユの匂いだろう」とコップを渡す。

H君は「いや、コーヒーの匂いしかしないよ」と言う。

一番年配のSさんも「コーヒーだよ、これ。」と言いながら

自分のコップのコーヒーを飲む。

コーヒーが麺ツユの匂いになったと言う、T君とTさん。

コーヒーの匂いしかしないと言うSさんとH君。

2対2に別れてしまった。

ばばは冷蔵庫から本当の麺ツユを出してきて匂いを嗅いで貰った。

「確かに麺ツユの匂いだ」と言う。

でも、コーヒーもやはり麺ツユの匂いがすると言う。

こりゃ、ばばの人生初珍事が起きてしまった。

コーヒーを入れ替えて一口飲んで「わっ、やはり麺ツユだ!」とT君。

「やっぱり麺ツユだ」と賛同するTさん。

試しに・・・とTさんがアクエリアスを数口飲んでから

次にコーヒーを飲んだ。

すると、つい今し方まで「麺ツユだ!」と言っていたのに

「コーヒーだ!美味しい」と言う。

ますます以て不思議。

「T君もアクエリアス飲んでからコーヒー飲んでごらん」とTさん。

言われた通りにやったみたT君。

「やはり、麺ツユだ」・・・・・・・・・

その数秒後、「あれっ?いつものコーヒーだ。美味しい!」って。

一体T君とTさんの嗅覚と味覚に何が起こったのだろう?

色々試したり、話したりしながら笑う、笑う5人。

こんなに笑ったの、何ヶ月ぶりだろう?

「このこと、ブログの題材にいただき!」とばば。



しばらく、何故コーヒーが麺ツユの匂いになったか「大追求大会」。

結論として「コーヒーゼリーにかけたミルクの匂いが

鼻の辺りに残っていて、それがブラックコーヒーの匂いと反応して

麺ツユの匂いになったかな?」と。

ミルクを使わなかったSさんは、ごく普通にコーヒーとして飲んでいたし、

初めて?コーヒーゼリーを食べた、コーヒー嫌いのH君も

T君が「麺ツユだ」と言うコーヒーを、「これはコーヒーだよ」と言っていた。



それにしてもT君は匂いだけで無く、味まで麺ツユに感じられたと言うから不思議だね。



「ばばちゃん、今度、冷やし素麺の時は、先ず素麺にミルクをかけて

その後、ブラックコーヒーをかけてT君には出せば良いよ〜〜」と

話が進んで、又々大爆笑。



いやぁ〜何かと何かを一緒に食べると全く別の食べ物のように感じられる」

ということを以前テレビで実演していたけど、

まさか、ブラックコーヒーが麺ツユに変わるとは・・・・

ばば初めて知ったよ〜

人生、まだまだ不思議なことがいくらでもあるんだよねぇ〜。



大工さん達と色々お喋りが出来る「お茶の時間」。

いつも、楽しいお話や話題をありがとう!

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

やっと借金返したよ〜

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ


6月27日(木)雨後晴れ

梅雨明け前には、やはり豪雨が降り、稲光もピカピカ〜〜

昨日から今朝方の雨と雷は凄かったよ。

徳之島も「梅雨明け近し!」だね。

入梅の頃の予報で、梅雨明けの時期のことも言っていて

「奄美地方の梅雨明けは6月28日頃になるでしょう」と予報していたが

さすがだと思ったよ。

暑い暑い夏到来も、もうすぐだよ〜

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1・2・3・4・・・・・・・・・30・・・

「はい、終わりましたよ〜」って。

えっ?

早すぎるんじゃ無い?



6ヶ月と10日前、MRIの機械から逃走したばば。

やっと、やっと、やっと・・・・・CT検査を受けてきたよ。

数日前から、もうドキドキしていて、

何回もじじに「CT検査大丈夫かなぁ?」と言っては

「ばばは本当に病院嫌いなんだなぁ」笑われていたばば。

じじ〜言っておきますけど、ばばは病院が嫌いじゃ無いよ〜

MRI検査が怖いだけなんだよ〜。



夕べも、じじに「明日の検査の時は、恨みを込めてじじ〜じじ〜じじ〜って

何百回も心の中で叫ぶからね」と宣戦布告、イヤ、違った、予告してあった。

11時少し前、病院について説明を受けたりして

いざ!CT検査室へ。

(どんなことがあっても今日は逃げ出さないぞ!)と覚悟はしていたけど

大きな器械の前に来るとさすがドキドキ。

「寝て下さ〜い」と指示されベッドのような物に寝たよ。

心を無にするために、目を瞑った。

すると「頭が動かないように、これをはめますね〜」って、

幅広のゴムテープのような物を持って、技師さんが近づいてきた。

わっ!どうしよう?

MRI検査の時の「キャッチャーマスク」様な物を思い出したよ。

でも、今回はヘアーバンドのような物を付けられただけ。

「じじ〜じじ〜じじ〜・・・」と叫ぶまもなく、数字を30まで数えたか、どうか?

と言うような短時間で「はい、終わりました」ってさ。

あっけなくて、「エッ?もう終わったの?」って感じで

内心は「やった〜〜万歳!万歳!万歳!」って「ひとり万歳三唱」をした。



検査を終えて、又待合室で待っていると

あら?玄関から入ってくるのは・・・姉!

何で?

ばばが、CT検査を上手く受けられるか心配で様子を見に来てくれたらしい。

まあ、過保護なばばだこと。

「あっけなく終わったよ」と話すと、「それは良かった」って。

姉はばばの家までバイクで来て、

ばばが、大工さん達へのお茶出しが終わったか確認して

それから徒歩で病院まで来てくれたらしい。

ありがたや、ありがたや〜〜

持つべきものは、優しいお姉さんですね〜



ほどなく、係の方が来て「検査は午前中で受けて貰って

説明はお昼からになります」って。

昼、1時半までに来て下さいと言われ帰宅。



1時15分頃、再び病院へ行こうとしていたら、又姉が来た。

結果を聞くのにも付き添ってくれるらしい。



結局、又二人で病院へ行き、係の方から

「お姉様も一緒に説明を聞かれますか?」と言われたけど

いくら何でも・・・・「いえ、ひとりで大丈夫です」って

自信満々で答えたばば。



ばばは、MRIの検査が怖いんであって、他は何でも大丈夫ですって。

説明を聞く部屋に入ると、先生がニコニコ笑いながら

色々話して下さった。

(この先生も、ばばの6ヶ月と10日前の前科を知っているんだよなぁ。

だって、カルテにはMRI1分20秒でストップって書かれていたはずだから・・・・

あぁ〜恥ずかしい!

穴があったら入りたい。

でも、何処にも穴はありません。

旅の恥は、イヤ、病院の恥はかき捨て。

ばばもニコニコ笑ってごまかして、神妙に結果を聞いたよ。

立てに細長い丸のばばの脳の画像があって

真ん中に線みたいなのがあって・・・・

その線を境に右脳、左脳って言うらしい。

中央の線は真っ直ぐで綺麗だったし、

変な場所が白くなったり、黒くなったりもしていなかった。

でも先生が、マウスを動かして画像がビョ〜〜ンと大きくなったり

小さくなったりすると、ちょっとドキドキ。

結果は?

ジャジャジャ〜〜ン、どこも異常なしです。

でも、MRI検査のように血管の様子とか

隠れ脳梗塞とか、頭部の腫瘍とかは分からないんだよね〜

メタボの心配もありませんって。

えっ?メタボ?

って思ったけど、そう言えば去年の12月17日に

血液検査などもしたんだった。



まぁ、何はともあれ普段の生活に気をつければ大丈夫だって。



最後に「MRIが苦手な人は麻酔とかして

検査を受けることが出来ますか?」と聞いてみた。

すると、明らかに脳に異常があると分かる場合ならともかく

何も異状が無く健康な人に、わざわざ麻酔をして・・・と言うことはありません。

麻酔の方が体に大きな負担をかけますから・・」って言われた。



ばばは、もう、MRI検査を受けることは無いだろうなぁ・・・

チョッピリ残念で悔しい気もするのはな〜〜ぜ?



6ヶ月と10日ぶりにやっと「借金14700円」も返せました。

そう、脳ドック検査料も、今日CT検査が終わったので

支払うことが出来たの。

ばばは、去年12月で払おうとしたけれど

「検査が終わっていないのでいただけません」って言われていたのね。

ずぅっと気になっていたけど、ホッとしたよ〜



明日からは今まで以上にスッキリした気持ちで頑張れるぞ〜

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

今度こそ!

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ


6月26日(水)晴れ昼から時々雨

眠〜〜い!

まだ9時にもなっていないのに、眠い。

眠気と戦いながらブログ書いてるよ〜



明日は、11時から恐怖の「病院行き」。

12月に受けようと意気込んで行ったは良いが

結果はショボ〜〜〜ンと帰って来たばば。

何を受けに行ったのって?

MRI検査。

閉所恐怖症のばばは、2分と機械の中に入っておれなくて、

「すみません〜出して下さい!止めて下さい!」って

ギブアップして帰って来たの。

「この病院で、これまでMRI検査途中でギブアップした人はいません」

と言われてしまったけど、ダメなのはダメ!

で、「検査料を払います」って言ったら「検査をしていないのでもらえません」って。

しかたがないので、MRIの代わりにCT検査を受けることになったんだけど

あれから、もう半年過ぎちゃった・・・・

途中、何回か行こうと思ったけど義父が亡くなり、

49日が終わってから・・・と思っていたら

又次々と雑用が入り・・・・・

遂に先日、予約をしてきたよ〜



その予約日が明日。

11時から検査を受けて、お昼の2時から結果説明。

あぁ〜〜ドキドキする〜

上手くCT受けられるかなぁ・・・・

昨日辺りから、もうドキドキして、じじに「病院大丈夫かなぁ?」って言ったら

「ばばは病院恐怖症だね」って笑われちゃった。



CTの機械はMRIの機械より閉塞感が無いようだったけど・・・

何処まで耐えられるか?

検査の間、じじのことでも一心に思っていましょうかね?

それとも、延々と数でも数えましょうか?



あぁ〜心配、心配。

今日は、もう寝て明日に備えよう〜〜っと。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

>>

携帯用ブログQRコード       WEB写真集用QRコード


Copyright (C)2009-2014 tokunosima.info All rights reserved.

◇◇ Tokunoshima Island JJ&BB's HP ◇◇ ◇◇ A collection of Tokunoshima Island nature observation ◇◇