カウンター(Since 2009.8.3〜) 
無料カウンターサービス
徳之島じじとばばのブログへようこそ! ここは、モバイル・携帯アクセス兼用サイトです。



ようこそ!お越しいただきまして有り難うございます。     このサイトはモバイルアクセス用として誕生しました。     動画再生にはWin Media Playerが必要です。      どうぞ ごゆっくりご覧下さい!  当サイトはリンクフリーです。管理者へ許可を得る必要はありません。
ばばの日記 - その他の記事 >>
02/17(月) 14:27
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
02/14(金) 14:53
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
02/13(木) 13:53
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
02/12(水) 13:46
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
>>このカテゴリーの記事一覧

えっ?後、おもしろい

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ





2月17日(月)小雨時々曇り

「じじが、そろそろ帰ってくるかも・・・」と思い、台所でお昼の準備をしつつ

ラジオを聞いていた。

正午のニュースが始まった。

男性アナウンサーがニュースを伝えている。

手を動かしつつ、耳はニュースに集中。

と「ゴキブリに」というフレーズが4,5回。

「ゴキブリ・・・」

その前後の言葉を聞かなかったら????ってなるかな?

と、自分勝手に思いつつ「日本語って面白い」と思った。

アナウンサーが伝えていたのは「5期ぶりに・・・」と言うことだったが

字面だけで見たら、あの、にっくき害虫と同じ。

アクセントも違うし、意味の違いも、すぐ分かるけれど

たまに、日本語って面白いと思うばばだ。

昨日のブログで、「島われんきゃの祭典」に行って来たと書いた。

夕べ、寝る前に、教育長の開会の挨拶に出てきたエピソードを思い出し

じじに話した。

教育長先生が、小学生の頃のテストで

描かれた野菜の名前を書く問題があったそうだ。

きっと、国語のテストだったのかな?と推測したが・・・・

ある野菜の絵がふたつ描かれていたそうで、教育長先生は

1つの野菜の名前は「タマナ」と書き、もう一つの野菜の名前は「デンクゥニ」と買いたそうだ。

結果、担任の先生は2つの答えともに△をしてくれたそうだ。

問題にはキャベツと大根の絵が描かれていたんだなと

方言の分かるばばは、すぐ分かった。

キャベツのことは方言で「タマナ」、大根のことは「デンクゥニ」と言う。

答案用紙に方言で野菜の名前を書いたら、担任の先生は

勿論○は出来なかっただろうけど、×をせず、△をして下さったんだね。

何て、良い先生なんだろう?と思った。

現在の教育長先生は、ばばが初任で赴任した学校の卒業生で

ばばが在職していた当時、小学校4,5年生位だったかなぁ?

昨日のエピソードは、ばばが赴任する前の話かも知れない。

当時は、教員も島出身の先輩方が多かった。

だから、方言で野菜の名前を書いても○をつけてくれたんだと思う。

子どもの、方言の解答に×をせず、△をつけた先輩、

きっと答え合わせの時に、「タマナはキャベツ、デンクゥニは大根」

と、正解を教えたと思う。

この話をしていた時、じじが「僕も小学生の時

方言で答えを書いて×されたことがある」と言った。

「えっ?方言、何て書いたの?」と聞くばばに、「サーキーと書いたら×された」って。

「サーキー」とはね、「櫛」のことなの。

じじやばばの小学生時代は「方言をつかわないようにしましょう」という

教えが一番厳しかった時代だったから、

方言で答えを書いたら、即×だったのかなぁ?

だって、校内で方言をつかおうものなら、すぐ密告され

「わたしは ほういげんを つかいました」という札を

胸から下げさせられる時代だったから。

あんなに「方言をつかっちゃダメ!ダメ!」という時代から

今や「方言は大切な島の宝だから、どんどんつかって

未来へ遺していきましょう」ってさ。

島口

徳之島も島外から来て暮らしている人達も多いし

第一、島の人達でも家庭で方言を話すという人は極々少数だと思う。

今日もね、ある大先輩に電話をしなければならなかったので

かけたら、大先輩が標準語で答えた。

ばばが、方言で話し始めたら、大先輩も方言で対応して下さった。

お店や色々な場所で、顔見知りで島の大先輩だと分かると

くだけた話は、なるべく「島口で」と心がけているつもりだけど

ついつい・・・・ということも多い。

時代と共に、話す言葉も変わってくる事もあるからね・・・

今の幼い子ども達が島口が話せず、意味も分からないように

ばばは、今頃ばやりのカタカナ言葉は意味も分からないのが多いです。

仕方ない・・・・と諦めるべきかなぁ・・・と、弱気になっているばばです。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

「島われんきゃの祭典」行って来たよ

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ





2月16日(日)小雨時々曇り

朝、小鳥の声で目が覚めた。

「ヒヨドリ?メジロ?でも、聞き慣れない鳴き声のようでもあるけど・・・」

と思いながら、小鳥が鳴くって事は、もう、7時過ぎ頃?と思った。

ラジオをつけたら、6時少し過ぎだったが

今日は、午前、午後外出予定なので、すぐに起きて階下へ・・・

じじが朝食に下りてきた時に「小鳥の鳴き声」の話題になり

ばばが寝床で聞いたのは、何の鳥だろう?と思っていたら

何と!じじが「目覚まし?代わり」に、小鳥の声を設定してあったそうで

島の野鳥の声では無く、じじも、鳴いている鳥の名前は知らないって。

なぁんだ〜ちょっとガッカリもしたけど、

小鳥の声で気持ち良く目覚めたから、良しとしよう。

朝食を終え、じじのお昼の準備を少しだけして、9時前家を出た。

用事を済ませ、帰宅したのは、ちょうど正午頃。

ばばが、玄関で「ただ今〜〜〜」と言ったら、じじが喜ぶこと!

「さては、まだ、食事の準備してないな?ばばにさせるつもりだな?」

と思いつつ、じじの様子を見たら、もう、食事始めてる〜

えっ?それなのに、何故、そんなに喜ぶの?って感じ。

じじが、旅行以外で、ひとりで食事をするって年に何回もある事では無い。

やはり、ばばが正面に座っていた方が、嬉しいの?

まさかねぇ・・・・・・

ばばも、予想以上に早く帰宅出来たので、軽く食事をし

さて、お昼のお出かけ準備。

今日はね、昼から生涯学習センターで「第2回 島われんきゃの祭典」があったの。

島われんきゃ

「島の子ども達の祭典」っていうことで、小中学生が

島唄や島口(方言)で発表会をする。

去年も出かけ、子ども達が、普段つかい慣れない方言で劇をしたり

一生懸命発表をする姿に感動したり癒やされたりした。

今年は、どんな発表かな????ワクワクしながら出かけた。

しかし・・・・受付でプログラムを貰って、ちょっとショック!

だって、発表するのは、たった2校。

プログラム

プログラムも2つしか無い。。。。。。

内容は、神之嶺小学校と文化少年団による、

伝統芸能「あったら七月」と「五尺手拭」という出し物。

発表が始まる前に「あったら」って何?て、思った。

「勿体ない」という方言?それとも「カエル」という方言?

何故「あったら 七月」なんだろう?とか・・・・うぅ〜〜ん、分からない。

20名位の子ども達が法被姿で方言の歌詞?の唄を歌いながら

単調な動きを繰り返す。

あったら七月

ばばには、唄の題名の意味も分からないし、歌詞の意味も分からない。

でも、子ども達は難しい歌詞を覚え、中心で太鼓を叩く子を囲んで

唄いながら、数分間踊り続けた。

凄いなぁ・・・と感心しながら観ていた。

この唄と踊りは、集落の行事などで唄い踊り継がれているんだろうなぁ・・・・

続いて、プログラム2番目は亀徳小学校の5年生による

「秋津港の砂糖積み」という出し物。

秋津とは、現在の「亀徳」のこと。

現在も、徳之島の主要な港は「亀徳新港」。

島で作られた黒糖を「秋津港」から船に乗せて

島外へ送り出していたんだよね、昔は。

子ども達は、唄いながら、当時の砂糖を船に積み込む作業を表現していた。

砂糖積み

ばばの隣にいた、知人の話によると亀徳小学校では

5年生が、この劇をずっと引き継いで演じているとか?(学習発表会などで?)

今回は2校の発表だけだったので、ちょっと寂しい気もした。

各校区には、少しずつ違う言葉があり、郷土芸能もある。

児童数が減り、又、指導してくれる高齢者の方々も減って

郷土芸能や島唄、島口も廃れつつあるようで、本当に寂しい思いがする。

時代の変化という言葉だけで片付けて良いのかな?

今日発表してくれた、神之嶺小学校、亀徳小学校以外の学校でも、

各校区の伝統的な芸能や、方言などを学ぶ場や時間があり

地元の方達も、ずっと伝承していけば、一度学んだ子ども達は、

将来島を離れても、又帰省した時などに地元の大先輩の方々と一緒に

語らい、唄い、踊り・・・・・・・という事があるかも知れない。

そして、ずっと校区の宝として残していけるかも知れないのになぁ・・・・

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

こんなブログ、ハイ バ〜ド〜・・・ごめん!

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ





2月15日(土)曇り時々小雨

今日もスッキリしない天気だった徳之島。

少し晴れ間が見えたので洗濯をして庭干しにした。

ところが・・・3時間後位には小雨。

慌てて実無いに取り込んだ。

梅雨時のようにジメジメしていないので、室内でも結構乾くけれど

やはり、お日様の光の下で干したいと常々思っているばば。

春は天気が安定しないから、軒下、室内干しも仕方ないね。

毎日書いている我が家の桜、今日も小雨の中

花数も増えているようで、ヒヨドリやメジロが蜜を吸いにやって来ているよ。

最近は徳之島でも桜の名所は何カ所かある。

一番近場は、町の総合運動公園。

それから、実家のお墓参りに行く途中にある桜ロード。

昨日、3時を回ってから刺身を買いに行ったらお店の方が留守だったので

「どうしようかな?と思ったら、姉が「まだ、桜、見てなかったよね・・・」と言うので

「じゃぁ」と公園へ。

駐車場の桜も綺麗に満開で、近くには既に葉桜になっている木も。。。。

我が家の登喜ちゃん桜より花色も濃いヒカンザクラ。

桜

大木が並んでいて、その下でじぃっと過ごしたい気分だったが

桜

買い物途中だし、先へと進んだ。

ウォーキングを兼ね、どんどん下へ歩いて行ったら

物凄い音量でテンポの良い音楽が聞こえて来た。

どこかのバンドメンバーが、イベントでの演奏練習でもしているのかな?

等と思いながら、歩いて行ったら、どうも野球場から聞こえてくるみたいで

ボールを追う、若い部員達の姿も見えてきた。

テンション上げるためか大音量でガンガン音楽を流している。

音楽を流すと、動きも良くなるのかなぁ・・・・

近くへ行くのは迷惑かも・・・と思ったので、遠目にチラッと見て

コース変更して車に戻った。

又お魚屋さんへ寄って、帰宅。

夜、じじに「公園で野球の練習をしていたよ」と話すと

「今年も、上武大学の選手達が合宿で来ているんじゃ無いかなぁ?」って。

そう言えば・・・ここ数年、毎年、来島して合宿している。

総合グラウンドでは、野球の他に、実業団の陸上部の選手達が

トレーニングしているのも見かける。

都会から南国徳之島へ合宿に来てくれるって、ありがたいことだね。

今日は、昼間も、これと言って仕事もしていないのに

今の時間になって、やっとパソコンに向かっているばば。

ちょっと怠け癖付いちゃったかな?最近。

明日は、午前中もお出かけ、昼からも、楽しみなことがあってお出かけ

その後、買い物して・・・・

今から、明日のことを色々考えているばば。

ブログもまとまりの無い、書き散らし。

じじが読んだら「ハイ バ〜ド〜」って呆れるはず。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

知っているつもりでも・・・

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ





2月14日(金)曇り

昼食後、じじは出かける用事があったので

いつもより少し早めに食事を用意。

ご飯も炊き上がって、おかずも準備完了〜食事開始。

先日の食事の時、何年振りかで、じじにも「ふりかけ」を出してみた。

「おかか昆布ふりかけ」。

おかか昆布ふりかけ

その時「美味しいね」とじじが言うので、内心「良かったぁ〜」と思った。

で、今日も炊きたてご飯に合うだろうと、出してみた。

やはり「美味しいね」と言いつつ、食べ終わった後

ふりかけの袋に書かれている「おかか」という言葉に引っかかったらしい。

「おかかって何?」と言うので、優しいばば、すぐには答えを教えませんん。

「さて何でしょうね〜〜」と、とぼけてみる。

じじは、ふりかけの袋の写真?絵?を見たり、裏の材料名を書いたところを

読んだりしながら「カツオじゃないしなぁ・・・」とか呟いている。

最終的に「何?」と又聞くので「鰹節のこと」と答えたけど

鰹節では100点の答えでは無いよなぁ・・・と思った。

「おかか」とは、ばばの中では「鰹節を薄〜〜く削った物」という認識。

小さな袋に小分けされていて、お豆腐に乗っけて食べたり

野菜の上に振りかけて食べたりもするよなぁ・・・と思いつつ

あの、ふりかけの原料は、絶対これだよなぁと思うので

「実物をじじに見せよう」と思ったが、じじは、すぐ出かけなくてはならないので

夜にでも見せようと思っている。

そうそう、食事が終わった時、ばばは、ふとコーヒーに目が行った。

じじが好きなのを飲めるように、3種類準備してある。

「これの・・・・」と言った直後、え〜〜〜っと、今、何と言おうとしていたっけと思った。

ほんの1秒も経っていないのに、言おうとしたことが吹っ飛んでしまった。

じじが「これ・・・って何?」と聞くので「忘れちゃった」と言うと

「女弁士もダメだなぁ・・・」と言われてしまった。

ばばは子どもの頃、喋りすぎるので、年の離れた従姉妹兄さんから

「ばばは大きくなったら女弁護士になるよ」とからかわれていて

じじと結婚してからも、この事を何回か話していたら

ある時、じじから「女弁護士じゃ無くて、女弁士になれると言われたんだろう」と言われた。

それまで、ずっと「女弁護士」と思っていて、小学校高学年頃からは

「弁護士になるには沢山勉強もし、頭が良い人じゃなれない」と思っていた。

「勉強したら、女弁護士になれるかな?」とたまに思っても

ばばは、小学入学以後位から、ずっと「先生になりたい」と思っていたので

弁護士のことなど忘れていた。

勿論、いくら頑張ったって、ばばに弁護士なんて無理の無理の無理!

それから数十年後、じじが「○○兄さんは、ばばは女弁護士じゃなくて

女弁士と言ったんじゃないか?」と言われ、やっと納得出来た。

「女弁士」なら、否定は出来ないなぁ・・・・

ばばは、本当に「喋りん子」だと自覚している。

特に、じじの前とか姉妹と一緒に話している時など・・・・・

つい1秒前に発した言葉を忘れるなんて・・・・

もはや、女弁士の資格も無いよ〜〜と実感。

人間相手には話せないから、庭の「Tちゃん桜」に向かって話しかけようかな?

桜

「Tちゃん」桜」なら、ばばがいくら辻褄会わない話したって

笑ったり、からかったりせず、受け入れてくれるだろうから・・・・・。

今日のTちゃん桜、花数が又増えて綺麗。

だけど・・・ばばの腕が悪いせいかなかなか綺麗に撮れず、

「Tちゃん桜」ちゃん、ごめんなさい!

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

寂しいなぁ、悲しいなぁ

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ






2月13日(木)晴れ

昼、1時少し前かな?じじが2階から「お〜い、ばば〜」と呼ぶので

「何?」と思っていたら「地震!地震!」って。

1階にいるばばは全然感じなかった。

大きな地震で無くて良かった〜

今、ちょうどお昼の1時10分。

我が家の室内温度は26,3度。

昨日は凄かったよ。

お昼3時前だったかな?

じじが「暑い!暑い!2階の気温37度だよ」と言いながら下りてきた。

ひぃ〜〜〜真夏じゃない?

ばばがいる1階は25度だったけど、2階は直射日光が差し込むからな〜

一気に夏模様になった徳之島。

昨日、外出時は、さすがに長袖シャツを着て、腕まくりをし

冷房をガンガンかけながら運転した。

帰宅後も、あまりに暑いので、夕べは半袖シャツと短パンで寝た。

この暑さ、いつまで続くのかな?

でも、又、寒が戻るんだよね〜きっと。

毎年、人事異動の時期は天気が崩れやすく

悪天候の中、荷造り、荷出し、空港や港での見送り迎えした記憶が蘇る。

話題変わります。

画像は記事とは関係ないけれど、上から写した雲・・・・

雲

同級生のお父様が96歳でお亡くなりになって昨夜はお通夜

今日の午前中は告別式があり参列してきた。

お家も隣近所で、同級生のお父さんということで

ばばにも気さくに声をかけて下さり、可愛がって下さった。

又、ひとつ、「集落の宝」が消えた・・・・

三味線や島唄もお得意で、色々な集まりの場では

場を和ませ、盛り上げて下さった。

このお父さんを中心に「芸達者な一家」だった。

実家集落へ行くたびに感じる、何とも言えない寂しさ。

大先輩の方々が旅立たれ、子ども達の数は極端に減り

真っ昼間、集落の中央通りを通っても、人とも動物とも会えない。

高齢化、少子化、過疎化・・・

日曜日の朝は、小中学生全員で集落の道路を掃除し

農繁期になれば、隣近所の人達が「ユイワク」と言って

皆で助け合って、農作業を頑張り、藁屋根の葺き替えの時なども

親戚や近所の方達が来てくれ、作業をしてくれた。

製糖、味噌造り、畳表の材料となるい草の準備、

田植え、稲刈り、お正月前の豚潰し等々

何でも協力し合っていた。

今は、こういう事も一切無いと思う。

「島の宝・方言」もどんどん廃れていく。

ばばの年代でさえ、100%方言を話す人は、いるか?いないか?

じじとばばも「この言葉、方言では何と言うんだったっけ?」ということが良くある。

集落の先輩方が、どんどん少なくなり、増えるのは空き家だけ・・・・

寂しいなぁ・・・悲しいなぁ・・・切ないなぁ・・・

夕べのお通夜、今日の告別式では

普段会えない集落の先輩方とも久しぶりに会えて、話せて

悲しい席ではあったが、少しだけ心が癒やされるような気がした時間でした。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

かみ合わない

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ





2月12日(水)曇り

昨日朝のことだ。

ばばが洗濯物を干していると、家のすぐ下の道路で人声が。

そのうち、だんだん声が近づいて来て

「ばばちゃん、お早うございます!」と、知人3名が。

「今日は良い天気になって良かったね。私たち、花見によ」と言う。

我が家のすぐ近くのお宅のヒカンザクラが満開で見頃。

桜

知人3名も遠くからは見ていたけれど、すぐ下まで行って桜を見てみたいって。

たった1本の桜だけど、満開の今、本当に綺麗。

この時期、運動公園や、母間集落の桜ロード、近場の近隣公園等々

桜が、ほぼ見頃という情報は彼方此方から入るけれど

なかなか見に行けない。

今週か来週には出かけなきゃ!

見頃が終わらないうちに。

今朝のこと。

じじが撮影に出かける前、糖分補給に下りてきてコーヒーを淹れた後

何やら独り言を言っていた。

ばばが「今日は、南区行こうか、運動公園行こうかって言ったの?」

と聞くと「何言ってる?コーヒーに入れる糖分を蜂蜜にしようか?

キビ糖にしようか?と言ったんだよ」と言うので大笑い。

かみ合わない夫婦です。

夕べのこと。

聞きたいことがあって、親友のSちゃんに電話をかけた。

ばばが問いかけると「自分も妹から聞いたんだけど・・・」とSちゃん。

ばばが知りたいことは、Sちゃんの方が詳しいはずなのに・・・・と

思いながら会話を続けていると、Sちゃんが「私、今、鹿児島に来ているの」と言う。

道理で会話がかみ合わないはずだと分かり、

「何か変だと思ったよ〜」とばばが言うとSちゃん大爆笑。

ちょっとした島の情報が知りたかったのだが

鹿児島にいるSちゃんが分かるはず無いよね〜〜

Sちゃんも、ちょうど夕食終えて、時間をもてあましていたと言うので

島にいてもなかなか話す機会が無いので

夕べは久しぶりに色々話す事が出来て良かった!

島にいても、友達ともなかなか会ったり、ゆっくり話したりする機会は少ない。

以前の職場の同僚とは「そのうち、一緒にコーヒーでも飲もうね」と約束して

もう、40年経ってしまった。

「そのうち・・」って、いつ来るんだろう?

と思ったり・・・・

空港とか、色々な場所で友人知人と会って、別れる時は

「そのうち、一緒にお茶でも飲もうね」とか言うけれど

実現したことはほぼ無い。

「そのうち・・・」って「実現することが、ほぼ無い約束&挨拶」の言葉なのかな?

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

>>

携帯用ブログQRコード       WEB写真集用QRコード


Copyright (C)2009-2014 tokunosima.info All rights reserved.

◇◇ Tokunoshima Island JJ&BB's HP ◇◇ ◇◇ A collection of Tokunoshima Island nature observation ◇◇