カウンター(Since 2009.8.3〜) 
無料カウンターサービス
徳之島じじとばばのブログへようこそ! ここは、モバイル・携帯アクセス兼用サイトです。
<< 2017年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
検索語句
ようこそ!お越しいただきまして有り難うございます。     このサイトはモバイルアクセス用として誕生しました。     動画再生にはWin Media Playerが必要です。      どうぞ ごゆっくりご覧下さい!  当サイトはリンクフリーです。管理者へ許可を得る必要はありません。
新着情報 >>
12/17(日) 09:35
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
12/17(日) 09:33
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
12/16(土) 15:26
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
12/16(土) 09:20
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
12/16(土) 09:18
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
12/15(金) 18:04
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません

クロサギ(白色型)

by じじの写真日記

徳之島じじとばばのブログ


12月 17日(日)天気 曇 室温 19.5℃  外気温 13.8℃ 湿度(室内)44% (午前7時45分計測)


 今日はここにも先日丹向川河口で撮った「クロサギ(白色型)」の写真をアップします。

 日本全体的には名前の通り、黒いクロサギが多いが、島では白色型のクロサギも普通に見られる。

クロサギは留鳥で海岸一帯の岩礁や崖の隙間などに巣を作り、海岸で狩りをして子育てを行う。



147aa


 ↑ この画像をクリックしたら大画面表示 します。
(2017年12月13日、11:00 徳之島町亀津丹向川河口で撮影)

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

クロサギの狩り

by じじの動画日記

徳之島じじとばばのブログ


12月 17日(日)天気 曇 室温 19.5℃  外気温 13.8℃ 湿度(室内)44% (午前7時45分計測)


 先日、丹向川河口でよく見かける「白色型のクロサギ」が狩りをしていた。



 日本全体的には名前の通り、黒いクロサギが多いが、島では白色型のクロサギも普通に見られる。

クロサギは留鳥で海岸一帯の岩礁や崖の隙間などに巣を作り、海岸で狩りをして子育てを行う。


クロサギの狩り



(2017年12月13日、11:09 徳之島町亀津丹向川河口で撮影)

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

突然声をかけられて・・・

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ




12月16日(土)小雨
気になる花

今日は実家集落周辺を歩くウオーキング大会が計画されていて

天気が良ければ、姉と2人も参加するはずだった。

故郷の砂浜や集落内がコースになっているようで

沢山の友人知人にも会えるのでは?と楽しみにしていたのだったが・・・・

朝目覚めると、じじが「小雨が降っているよ」と・・・

ウォーキングは諦めよう!

今日は病院へ行こう!と即決して「じじ〜私は病院行って採血してもらうから

朝ご飯いらないから、声かけたら、すぐ下りてきて食べてね。

私、忙しいから」と言って、階下へ降りた。

病院の診察開始は8時45分と書いてあるから、

今日は天気も悪いし、お客さん少ないかも。

だったら8時半前後に出て充分だなと独断で決めた。

早めに朝食の準備ができたので、じじに声をかけ

私は病院へ行く準備を終えて、じじが食べる間、じじの話し相手・・・。



8時15分家を出て、2分位で病院へ着いたけど

あらまぁ!予想に反して、駐車場は満杯。

仕方が無いので、海岸まで走って駐車し傘を差して病院へ戻った。

今日は特診があるようで、待合室もお客さんがいっぱいで

仕方が無いので、レントゲンなどを撮る部屋の前のソファーに座って

名前が呼ばれるのを待っていた。

1時間ちょっと経ってから名前が呼ばれたので、問診をしてもらい

又廊下へ出て座っていた。

ばばの右隣に座った女の方が知り合いであることに気づいて声をかけると

色々なご縁のある方。

その方は、うちの娘の担任だった先生のお嬢さんで

お姉さんが、じじの元同僚、そのお姉さんのご主人は

ばばと2回も職場が一緒になった先輩・・・

右隣の女の方も、ばばのことを知っていて「声かけようかな?」と

ずっと思っていたんだって。

以前行きつけの美容室で、少しだけ話したことはあったけど。

2人が色々話していると、ばばより少し年配の男の方が

ばばの左隣に座った。

そして思いがけず、ばばに声をかけてきた。

「あの・・・昔、○○に勤めていた△△先生では無いですか?」って。

「そうです」と答えると、「あの節はお世話になりました。私、Nです」と・・・

今度はばばがビックリした。

「あぁ〜Sちゃんのお父さん?」と尋ねると「そうです」と。

30年ほど前、ばばが勤めていた職場で担任したSちゃんのお父さんだった。

30数年ぶりの再会。

「もう一度、ばばさんに会いたいと思っていたんですよ」と

言われて又ビックリ。

その後は、Sちゃんの近況を話して下さったり、

Sちゃんの兄姉のことを話して下さったり、

ばばの元同僚のことを話して下さったり。



担任した子ども達の保護者の方でも、お母さん方とはたまにスーパーとかで

出会うこともあり、声をかけていただくことも良くある。

しかし、お父さん方から声をかけていただくことは、ほぼ無いから

Nさんの方から声をかけていただき、

ビックリもしたけどありがたいなぁと思った。

30年前小学校1年生だったNさんのお嬢さんのSちゃん、

今では県外で頑張っているそうで、この正月には帰省するらしい。

Sちゃんとも会ってみたいなぁ・・・

でも、今回はばばの事情で会えないかなぁ・・



ばばとの話が一段落してばばの右隣の方に気づいたNさん。

ばばの右隣の女の方に「あぁ〜、Sさん」と声をかけたら

女の方が「私は最初からNさんに気づいていましたよ」って。

何と、何らかのご縁のある方2人に挟まれた形で座ったばば。

色々と昔話に花が咲き、長い待ち時間も苦にならなかった。



そのうちに、ばばが診察室に呼ばれ、採血をしてもらい

廊下に戻ったら、Nさんは検査室へ呼ばれ、Sさんは会計を待つ為場所移動していた。

会計を待つ間も、Sさんとばばは色々情報交換をしたりしていたが

ばばが先に名前を呼ばれ、会計を済ませた。



その後、検査室の前で座っていたNさんの所へ行き

「声をかけて下さってありがとうございました」とお礼を言い

Sさんにも「又ゆっくりお話ししましょうね」と挨拶して病院を出た。



30数年前にご縁のあった方から声をかけられるなんて

本当にビックリした。

Nさんの奥様とは10数年前、偶然にも今日と同じ病院で会って

お話ししたことがあったけど・・・

同じ徳之島でも生活する地区も違うし、数十年前に出会った方で

その後再会できる方って、本当に少ないけれど今日のNさんのように

最近、何名か昔、ご縁のあった方と何名かバッタリ出会って

お互いビックリして、手を取り合って再会を喜んだりもした。



最近、徳之島って広いようで狭く、狭いようで広く感じられる事がある。

※画像は、最近ばばが気になっている花。
 何ていう名前なのかなぁ?

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

ホシハジロ(雄)

by じじの写真日記

徳之島じじとばばのブログ


12月 16日(土)天気 小雨 室温 21.5℃  外気温 17.6℃ 湿度(室内)46% (午前8時23分計測)


 今日はここにも昨日諸田池で撮った「ホシハジロ(雄)」の写真をアップします。

ホシハジロは冬鳥で、この池でも例年数十羽が越冬する。


147aa


 ↑ この画像をクリックしたら大画面表示 します。
(2017年12月15日、11:07 徳之島町諸田池で撮影)

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

ホシハジロ

by じじの動画日記

徳之島じじとばばのブログ


12月 16日(土)天気 小雨 室温 21.5℃  外気温 17.6℃ 湿度(室内)46% (午前8時23分計測)


 今朝は冷たい小雨が降っていた!

低気圧が通過中で荒れた天気になっている!

 昨日は、諸田池で「ホシハジロ」たちを撮った。



ホシハジロは冬鳥で、この池でも例年数十羽が越冬する。

頭部が赤褐色が雄で、褐色が雌です。


ホシハジロ



(2017年12月15日、11:14 徳之島町諸田池で撮影)

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

サプライズ大成功!

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ





12月15日(金)晴れ

今日は我が家の娘の誕生日である。

誕生日には何かサプライズを・・・・と夏頃から考えていた。

と言うのも、娘は今年初夏頃から、島のある黒糖商品がとても気に入り

その商品はママ友さん達にも大好評だという。

しかし、その商品は大量生産はされていなくて、入手できれば奇跡のような商品。

ばばもお世話になっている製菓屋さんにお願いしたりして

何とか入手しようと努めたが、無駄骨だった。

そこで、意を決して製品を作っている製造元へ直接電話をして

その商品ができた時は是非分けて下さいませんかとお願いした。

10月中旬頃には旅行に出るので、

「それまでに一個でもいただけましたらありがたいのですが・・・」

と話した。

それが8月下旬か9月中旬頃だったかなぁ?

しかし、旅行に出発するまで入手することはできなかった。

娘にも、その製品を入手することがいかに困難かという事を

くどいほど話した。

お土産


約一月近くの旅行から戻って、数日経ったある日

お世話になっている製菓屋さんから電話があった。

「○○さんから、ばばさんに頼まれたと、ある品を預かっています」と。

えぇ〜〜〜っ!奇跡が起こった!!!

旅行で娘と会う際に手渡すことはできなかったけれど

本当に奇跡だと思った。



その日のうちで車を走らせ、品物を頂いてきた。

2,3個かな?と思っていたが、何と何と、予想に反して

12個も届けて下さっていた。

もう、嬉しくて嬉しくて、届けて下さった生産者の方はありがたいけれど

快く預かっていて下さったお店の方もありがたくて、お店の方にも何度もお礼を言った。



帰宅してすぐ、生産者産にも心からお礼を伝えた。



その後感謝の気持ちを手紙にしたため、旅行のお土産を心ばかり添えて送った。、

その日のうちに手紙が届いたようで、お礼の電話が来た。

恐縮しつつも、どれだけばばが嬉しかったか、ばばも話した。

個人のお願いを何ヶ月も心に留め置いて下さり、品物を分けて下さった。

「ありがとうございます」以外、言葉が無い。



電話で話す内に、ばばと応対して下さっている方が

ばばの学生時代の大親友と親戚と言うので、又々、お互いビックリ!

生産者産は、電話をした後、ばばが手紙を書いたことに恐縮していたけれど

ばばは、電話では伝えきれなかったことを、文にしたためただけ。



又々繋がったご縁。

まさか、半世紀前の大親友の親戚の方が、ばばを喜ばせて下さるなんて・・・

相手の方が「何だか、ますますご縁を感じます」と仰って下さったのが又嬉しかった。



思いがけず、娘の大好きな品がド〜〜〜ンと手に入ったばば。

すぐ娘には送らなかった。

ア4サイズの用紙に簡単なメッセージを書き、じじとばばの名前を書いて

誕生日の1日前の日を期日指定し、少し早めに荷物を発送した。

冬は海が荒れやすいから、もし、船が欠航とかなれば

誕生日当日にプレゼントを届けられないかも知れないから

期日指定して早めに送ったのだ。



夕べ、娘からお礼の電話が来た。

娘は外出先から帰って、小包が届いていて、それがアマゾンの箱に入っていたから

「あれっ?何も注文した覚えは無いけれど・・・」と思ったらしく

よくよく送り状を見て、箱を開けたら、一番上にメッセージがあって

その下に、娘の欲しい品が一個入っていて、その下には婿殿の好きな

徳之島名産を何袋か入れ、その下に娘が欲しがっていた品を10個入れた。

ばばの入れ方が悪かったんだけど、娘は誕生日プレゼントは1個だけで

あとは婿さんへのプレゼントと思ったみたい。

あらためて「箱の下までよく見てごらん」と言うと、

驚くような声がして「こんなに沢山ありがとう!!!!!」と本当に嬉しそうな娘の声。

「お母さん自分も味見した?」と言うので、「今回1袋だけ取り置いて、残り送ったよ」と

答えたんだけど・・・

最初2個、取り置きしたんだけど、ばば達は又いつか同じ品を入手して

味見もできるだろうと、2個出した後、1個は箱に戻したんだけど、

その時、下の方の同じ品と所に入れれば良かったのに

婿さんへのプレゼントの上に1個だけ置いたから、

箱を開けた娘としては、自分へのプレゼントは1個で、残りは婿さんへ・・・

と勘違いしたんだろうね。

無理も無い!

全て、せっかちなばばが悪いんです〜。



でも、娘へもプレゼントは、年間通しても何百個とできる商品では無いらしい。

貴重な貴重な商品。

その品に惚れ込んでしまった娘。

まぁ、今後も機会があればプレゼントしてあげよう。



何名かの方々のご厚意で、娘へのサプライズは大成功!でした!



※画像は徳之島で作られている、黒糖を原料にした商品の一部です。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

>>




携帯用ブログQRコード       WEB写真集用QRコード


Copyright (C)2009-2014 tokunosima.info All rights reserved.

◇◇ Tokunoshima Island JJ&BB's HP ◇◇ ◇◇ A collection of Tokunoshima Island nature observation ◇◇