カウンター(Since 2009.8.3〜) 
無料カウンターサービス
徳之島じじとばばのブログへようこそ! ここは、モバイル・携帯アクセス兼用サイトです。



ようこそ!お越しいただきまして有り難うございます。     このサイトはモバイルアクセス用として誕生しました。     動画再生にはWin Media Playerが必要です。      どうぞ ごゆっくりご覧下さい!  当サイトはリンクフリーです。管理者へ許可を得る必要はありません。
その他の記事 >>
07/17(水) 14:04
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
07/12(金) 14:27
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
>>このカテゴリーの記事一覧

感謝!他、正解なのかなぁ?

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ




7月17日(水)晴れ時々曇り

今日も大工さん達が来てくれ、車庫の床をきれいにする前作業をしてくれたり

自宅の壁を張り替えてくれたり・・・仕事が早い、ありがたい!

昨日は車庫床の敷物?がなかなか剥がせず、ついには床一面に

直径3センチ前後の穴を開けていた。

2人で作業をしていたが、その音のうるさいこと、うるさいこと。

ご近所さんに迷惑かなぁ・・・申し訳ないなぁ・・・と思いながらの半日だった。

ご近所さん2軒には、夕方になってから「ごめんなさいね。ご迷惑おかけしています」と

謝ると「うるさくなんか無いよ.気にしないで」と言って下さった。

一番ご近所さんには、今朝になってから昨日の騒音のこと謝ると

「何も謝ることじゃないがね。安全できれいになるのが一番」って。

優しく、ご理解のあるご近所さんばかりで、本当にありがたく感謝です。
花

ほぼ終日、ガッガッガッガッガッという大きな音が間断なく響くから本当に申し訳なくて・・・・・

作業開始の時はへらのような物で剥がしていたから、騒音は無かったけど

全然捗らず、先端の尖った金具を使って、穴を開けることになったの。

ご近所の方も、作業して下さる方も大変だっただろうな・・・・

作業して下さった方は、夕べは両手が震えたんじゃ無いかなぁ?と思う位

工具を持った手元も激しく振動していたから、4時間以上同じ仕事を続けていた。

昨日と違い、今日は部屋の中での作業で、2階は風がスースー吹き抜けるし

クーラーも試運転しながらなので、昨日よりは楽だろうな・・・と思いつつ。

頑張って下さる大工さん達に、お茶を・・・と「ブルバン」を夕べから準備。

お粥を炊いて冷蔵庫で冷やし、2L入りのペットボトルで水も冷やし、

氷も多めに準備して・・・・

梅干し・厚焼き卵・ラッキョウ・ニンニク漬け・昆布佃煮・ベッタラ漬けを準備して・・・

午前中のお茶の時出したら「夏はこれが一番!家でも食べているよ」と

喜んで下さった。

リーダーさんは「飲み物持っているから、お茶出しとか気にしないで良いよ」と

言ってくれるけど、この猛暑の中頑張って下さるんだから

塩分と水分の補給位はね。

「仕事していたらお茶も出せないけど、今は時間があるから大丈夫よ」と

答えると「ありがとう〜」って。

明日辺り、生コンをシャコ床に敷き詰めるのかな?

スムーズに作業が進むように、祈りつつ、ばばも出来ることで協力します。

昨日「スズメ」の事を、方言で「ヤンドゥラ」と言うと書いた。

夕方、ばばと違う校区のある先輩に聞くと「自分達はユンドゥラと言うよ」って。

「ヤン」とか、「ユン」は「家の」という意味だとして「ドゥラ」とは、どういう意味ですかねぇと聞くと

「鳥」という意味じゃないの?って。

夕食時、じじにも聞くと「スズメは結構民家近くに多いから家にいる鳥という意味じゃないかなぁ?」って。

そっかぁ〜、「ヤンドゥラ」とは「家近くにいる鳥」って事なのか?

ばばがね「じゃぁ、お月様は方言で何て言うの?」とじじに聞くと

「お月様はツキだよ。それ以外に言いようが無いよ」と言う。

「ばば達はね、チッキョガナシと言うよ」と言うと、じじは「へぇ〜」って。

普通は「月」は方言では「チキ」と言うけれど、敬って「チッキョガナシ」とばばは言っていた。

「太陽」の事は、方言で「ティダ」と言うけれど、やはり敬って「ティダガナシ」と言っていた。

方言を教えて貰える先輩方もどんどん少なくなってしまい、残念で寂しい。

今のうちに、家でも方言をつかい、外でも島の先輩方とは方言で話そう。

今、うちで作業を頑張ってくれている3名の方達とも、方言で話しているよ。

※ 今日の画像は、ご近所さん宅に咲いている花ですが、名前は分かりません。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

「ドゥラ」ってどういう意味だろう?

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ





7月16日(火)晴れ
花

痛い位、日差しが強い徳之島です!

今朝は、起きた時から青空が見えたので

「良し!お墓周辺と車庫跡に除草剤を撒いて来よう」と決めた。

食後、庭仕事を終えた後、すぐにお墓、車庫跡へ行き30分位雑草を刈り払ったり

除草剤を撒いて帰宅。

汗ビショビショになったので、シャワーでも浴びようかな?と思っていたら

作業員さん達が来宅。

車庫床のカーペット?を剥がし、その作業が終わったら、コンクリートを敷くらしい。

作業をしてくれるリーダーが同級生、あと一人は同級生のお兄さんで親戚にもなる方。

リーダーがもうひとりの人を「ばば、この人誰か分かる?同級生だよ」と言う。

中学卒業以来、数回しか会ったことの無い同級生だった。

不思議なものだなぁ・・・

中学校を卒業して半世紀以上経って、同級生が我が家の工事をしてくれ

又、親戚のお兄さんも関わってくれるなんて。

親戚のお兄さんと言っても、お付き合いはほぼ無いけれど

親の時代は、よくお付き合いもあって、お兄さんのお父さんからは

毎年、お年玉をいただいていた。

親の時代は親しくお付き合いがあっても、子供の時代になると、

ついつい疎遠になっていく事も多い気がする。

後何日かかるか分からないけれど、ご縁のある3名の方が我が家をきれいにしてくれる。

この時期、熱中症などにならないように、ばばもフォローしないと・・と思っている。

そうだ!

今日はね、朝起きて庭仕事を始めた時、急に「ヤンメ」という方言が頭に浮かんだ。

「ヤンメ」の「メ」は、「メ」と「ム」の中間音のような感じで表記は出来ない。

「ヤ」は家という意味で、「ン」は「の」という意味、「メ」は前という意味で

「ヤンメ」で、「家の前」という意味だが、他に家の前に庭があると事からか

「庭」という意味もある。

島の方言で、聞き慣れない人が聞くと「外国語」に聞こえるらしい。

ばばが母校で仕事をしていた当時、方言でぺらぺら話すばばに

1年生の男の子が「ばばちゃん、英語で話しているの?

全然意味分からない」と言われた事がある。

方言を知らない世代にとって、方言は「異国語」に聞こえるんだろうなと思う事だった。

あと1つ、スズメが数羽、庭に下りたり、飛んだりしていた。

そのうちの1羽の尻尾がやけに短くて「えっ?尻尾が無いの?」と思った。

それでも普通に飛んだ行ったので安心はしたが・・・・

スズメのことは方言で「ヤンドゥラ」と言う。

「ヤン」が「家の」という意味なら「ドゥラ」って何という意味だろう?と気になった。

気にはなっても、全く見当が付かない。

何気なく話している方言だけど、考えると、どうしてこんな言い方をするんだろう?と

思う事も多々。

今夕「ヤンドゥラ」について、先輩に聞いてきたみようかな?

※ ヤンドゥラが裏の溝の縁に留まっていたので何回か写そうと試みたが、見事失敗。

  飛び去った後の溝の中に咲いていた外来種?の花をパチリ。

  以前名前は聞いたことがあるけれど、忘れてしまった・・・・

  そう言えば、6,7年前、我が家の庭に「白いスズメ」が数日来ていたことが   あったなぁ・・・

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

色々ありすぎて他、カニステルのことなど

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ





7月15日(月)晴れ時々曇り雨

昨日は、日記を途中まで書いたが、あまりにもやる事が多くて

最後の仕事を終わったのが夜10時過ぎ。

ばばが上がってこないので「ばば〜何してるの?」と2階から、じじが声をかけるほど。

元々、やる事は6つほどピックアップしてあったが、終われたのは4つしか無かった。

昼から大工さんが来てくれ、ベランダの不具合箇所をきれいにしてくれ、感謝。

最終仕上げは、今週末位かな?

夕方はお通夜に行ったり、昼間やり残した仕事をしたり、最近で一番忙しかったかも。

今日は、ゆったり過ごしたいと思い、朝は洗濯をして

その後はゴーヤが大きくなっていたので4本収穫。
ゴーヤ

大きな2本は、ゴミ出しの時、ご近所さんに声をかけたら

「うちもゴーヤ作っているけど、もう収穫できたの?いただいて良いの?」

というので、持って行ったら「わぁ〜大きくてきれいねぇ」と喜んでくれた。

毎年、苗を植えてもいないのに自分で生えてくれるんですよ」と言うと

エェ〜〜ッ!とビックリしていた。

本当にありがたいことです。

まだ、後何回か収穫できるはず。

油断すると、すぐに熟してしまうので、毎朝欠かさず観察していかなくちゃね。

そうそう、昨日昼、姉が「お義父さんの畑に出来てたよ、1個だけ」と言いながら

カニステルを持ってきてくれたので今朝収穫し、

お隣さんに2本あげて、残った2本のゴーヤと一緒に記念にパチリ。
カニステル

10年ほど前は、沢山収穫して姉が届けてくれていたが

手入れもしないし・・・数年ぶりに貴重な1個が色付いていたらしい。

カニステルという果実は「カニも捨てる位不味い」ということから「カニ捨てる」とか

「カニステルを買うのは金捨てるようなもんだ」ということから「金捨てる」と揶揄されるるらしい。

ばばは、嫌いでは無いけどね。

ためしにあらためてネットで調べてみると、次のような事が書かれていたよ。

「果実はエッグフルーツ、クダモノタマゴとも呼ばれる。

果実は甘く、粉質で水分が少なく、ゆで卵の黄身や蒸し芋のようなほくほくした食感がある。

一般的なフルーツの芳香や酸味、ジューシーさがなく、

食べると口の中の水分を吸うため喉が渇く。

食べ頃を判別するのが難しく、完熟にならないと非常に不味である。

当たりの果実が数個に1個、または数十個に1個しかないといわれるほど

味にバラつきがある果実である。

完熟状態になるとマダラ模様の黒いシミが浮き上がり、果皮が弾ける。

カニステルは栽培されている台湾や沖縄でもほとんど市場に並ばないマイナーな果実である。

近年まで栽培しても売り物にならなかったことから、「蟹捨てる」、「金捨てる」など

沖縄の農家の間で揶揄を込めた駄洒落で呼ばれることがあった」。

今は亡き義父の畑の隅にあるカニステル。

義父が植えたのかなぁ?詳しいことは分からない。

姉が昨日届けてくれるまで、すっかり忘れていた。

今日は、カニステルと、朝収穫したゴーヤを両親仏前に供えたよ。

いつ頃熟すのか分からないけれど、完熟したらいただきます!

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

張り切って出かけたのに・・・ハプニングあったり、ビックリしたり

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ





7月13日(土)晴れ?

今日、昼前のニュースで奄美地方が梅雨明けしたらしいと言っていた。

7月に梅雨明けって、大分遅いような気がする・・・・

さぁ、夏本番!

暑さに負けず、頑張るぞ〜〜〜

昨日まで、天気があまり良くなかったので、実家のお墓参りに行かなきゃと思いつつ

とうとう1ヶ月も過ぎてしまった。

義両親の墓は、家から歩いても行ける距離なので

夕方の買い物ついでに晴れていたら、サッと寄ってお参りをしていた。

実家のお墓は、6月中旬行った時、雑草が蔓延っていたので

それも気になり、天気が回復次第行こう!と決めていた。

今朝「我が家の気象予報士じじ」に天気を聞くと「今日は雨は降らないよ」と言うので

思い切って行って来ようと姉にも連絡した。

9時少し過ぎには出ようねと約束し、準備をして出ようとしたら電話が鳴った。

同級生のM君。

ばばが昨夕、先輩友人に「車庫の床とか、家の壁が剥がれているのとか

細々した工事をして欲しいんだけど・・」と話してあったら、先輩がM君に連絡してくれたみたいで

わざわざ寄ってくれ、じじとばばの要望を色々聞いてくれた。

ありがたいなぁ、同級生って。

以前もちょっとした事をお願いしたことがあって、それ以来、じじはM君なら信頼できる!と。

ばばも、自分の同級生をじじが信頼してくれたのが嬉しく

何かあれば、すぐM君のことを思い出し、じじと話していた矢先のことで

本当にありがたかった。

いつ頃から工事が始まるか分からないけれど、1ヶ月以内位には終わってくれるかも。

M君との打ち合わせも終わり、お墓へ出発。

お墓に寄る前、いつもお世話になっている製菓屋さんに寄り、色々買って

その後はお墓へまっしぐらと思ったら・・・・予想外の出来事が。

今回は、お墓の雑草に除草剤を撒くのも1つの目的だったので、除草剤や如雨露も準備して行った。
除草剤

姉が、家で栓を開けた除草剤を、車の後部座席足下にレジ袋に入れ置いてあったのが

何と!どっから漏れたのか足下のシートに漏れて、レジ袋の中にも零れていると姉が言った。

え〜〜〜っ!とビックリしたけど、先ずは零れた除草剤を直に触ってしまった姉の手を

洗わせなければならないので、海へ行こうと早足で海へ向かっていたら

途中、水道があって、そこで手を洗わせて車に戻った。

姉は「私の蓋の閉め方が甘かったのかも・・・」と自分を責めているが

そんなことは無いよ、ちょっとした不具合があっただけ。

除草剤は更に他のレジ袋も重ねて、その中にいれ、さぁ〜お墓へ急げ!急げ!

お墓へ行く前、念の為に百均でゴム手袋を買ってから行こうと寄り道をして

10分位で、お墓到着。

お線香やお酒、除草剤、如雨露など持って車を下りた。

先ず、姉の婚家のお墓へ・・・・

ビックリ!6月来た時、雑草が沢山生えていたのに、ほぼ無い。

何で?誰か引き抜いてくれた?そんなことあるはず無いよね・・・

せっかく除草剤と如雨露も準備してきたのに・・・

姉が湯飲みなど洗っている間に、ばばは実家のお墓へ・・・・

あれっ?ここも雑草は皆無。。。。。。。

不思議な事もあればあるものだ。

あんなに沢山蔓延っていた雑草が、ほぼ無くなっている。

両親の湯飲みや盃など洗って、湯飲みには水を入れてから、姉の婚家のお墓に戻り

お線香を立てて、姉より一足早く、又実家のお墓へ。

盃にお酒を注いで、お線香を立てて、姉が来てお線香を立てて、

さて、この後、どうしよう?と・・・

せっかくだから、実家へ行って、道路脇の雑草に除草剤を撒いて帰ろうと言うことになった。

こぼれた除草剤を捨てて、瓶に残った除草剤を撒いて帰ろう・・・・

姉と2人で作業したら、あっという間に終了〜

11時少し過ぎ頃には帰宅出来た。

実家の庭などは、あまりにも雑草が蔓延っているので、もう一度シルバー人材センターに

お願いして、除草剤を撒いて貰ってから、その後、こまめに姉とばばで除草剤を撒いたりして

管理しようと話し合った。

5月29日、シルバーさん達が除草剤を撒いてくれたのに

6月10日過ぎに行って見たら、雑草がボウ〜ボウ〜状態で打ちのめされた気分だった。

あれからも更に1ヶ月が経ち、もう、目を背けたくなるような状態になっていた、実家の庭。

それにしても、雑草が蔓延る場所あれば、蔓延っていた雑草がいつの間にか無くなる場所あり。

空き屋の雑草が伸びるのは仕方ないのかなぁ・・・と思いつつも、

お墓の雑草が無くなっていたことは不思議でたまらない。

お墓の雑草に除草剤を撒こう!と、張り切って、家を出発したのに・・・・

姉とばば、楽をさせてもらいましたとさ。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

真犯人は誰だ〜

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ





7月12日(金)曇り

今日はね、除湿剤が湿気を吸い込んで全部液体になっているパックを

8個も発見!

姉が数年前、「除湿後の液体を除草剤代わりに使えるよ」

と教えてくれたので、それ以来、ばばも真似ている。

1パックで800ccも除湿してくれるので、8個では・・・6400cc。

家の周りの石垣や菜園周囲の雑草に、先ずは半分だけ撒いた。

と・・・30分も経たないうちに、パラパラ雨が・・・

エェ〜〜ッ、それは無いでしょう、神様〜

朝から無駄働きをしてしまったばば。

その後は家の中で、あっち触り・・・こっち触り・・・

と、又急にお日様まで顔を出して、皮肉〜〜

昼からはムシムシするけど、陽光も眩しく「洗濯した〜〜い!」と思うけど、

洗い物が少ない・・明日、朝イチで洗濯するぞ。

最近、天気予報でね「奄美地方は雷注意報」とかよく報じられる。

昨晩だったかな?じじのスマホに「徳之島に豪雨注意報」と出ていたらしいけど

全然。。。。奄美地方と言っても広いし、「注意報」とか当たって欲しくは無いけど

何だかなぁ・・・それの今年はまだ梅雨明け宣言も無い。

どうなっているんだろう?

さてさて、ばばは、ある生き物を「犯人」だと勝手に決めつけ、憎んでいた。

それは、カタツムリ。

我が家では1年中、大葉は切らせない。

毎晩、刺身を食べる時、じじが大葉で刺身を巻いて食べるから。

もう、いつからだったか分からないほど以前から「自分で大葉を育てよう」

と苗を買ってきては植えているが、一度として苗代の元さえ取れないという・・・失敗続き。

植える場所が悪いのか?

ばばは、大葉の嫌うことをしているのか?

今年も8本位買って来て植えたけど、なかなか・・・

やっと葉っぱが大きくなってきたぞ!と喜んで、いざ!摘もうと思って行ってみると

葉っぱのほとんどが食べられている。

「犯人は誰だ!」

ばばは心から犯人を憎んだ。

そして、やっつけようと思った。

犯人と目星を付けたのは、カタツムリ。

だからカタツムリ駆除剤を大葉の周囲に撒いた・・・けど、1匹も退治できないどころか

ますます被害は広がっていく。

ある朝、様子を見に行くと、一番柔らかそうな葉っぱの上で悠々と葉を食んでいたのは?

何と!茶色と黒の縞模様のある体長2センチほどの毛虫。

「あなただったのか〜犯人は〜〜〜」と内心叫んで1回位パンチを食らわしたかったけど

気持ち悪さが勝って、退散!

あ〜ぁ、毛虫の駆除剤は買ってなかった。

あの毛虫は、蛾とか蝶の幼虫?やはり見た目怖いし気持ち悪い。

葉っぱに駆除剤撒いたら、じじが食べられなくなっちゃうだろうし

「大丈夫ですよ、葉っぱに撒いても」という薬があっても、ちょっと考えてしまう。

毛虫でも、大量発生しない限り、大葉を全て食べ尽くしてしまうことは無いだろうから

先ずは、摘み頃の葉っぱを見つけたら、即摘もう。

ばばと毛虫、時間の勝負だね。

カタツムリを犯人と決めつけて憎んでいたけど、たまたま、ばばが見た時

葉を食んでいたのが毛虫で、カタツムリだって食んでいるかも知れないなぁ・・・・

野菜など育てるって、難しいね。

それとね、我が家のシンボルツリーと行っても過言では無かった夜香木。

それが昨年原因不明で、ほぼ枯れてしまった。

もう、5年以上、時期になると沢山の花を付け、夜には芳香を放って

我が家だけで無く、お隣さんも喜んで下さっていたのに。

昨年は、お隣さんのピンクの花を沢山咲かせ、ばばも写真を撮ってあげたり、

開花を楽しみにしていたエンゼルトランペットも枯れてしまった。

原因は何だったのか未だに不明。

幸いなことに、ばば宅の夜香木は下の方から小さな枝が出て来て

今年も数週間前には花を咲かせていたのに、何故か?また数日前から枝が枯れ出した。
夜香木

日に日に枝が萎れていくのを見るのが辛い。

数ヶ月前、姉が庭に植えてあった夜香木が伸びすぎたからと

枝を切って持って来てくれたので、ありがたく花壇や、菜園の中にまでさして置いた。

何本か根付いたようで、一安心はしているが「元祖シンボルツリー」のように

大きく育って、沢山の花を付けるまでには暫くかかるだろうな。

きちんと見守って行かなければ・・・

大葉食い荒らしたり、夜香木根こそぎ枯らす真犯人は一体誰だ〜〜!

※写真の元気な葉っぱはクチナシで、萎れているのが夜香木です。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

大笑い!子牛がそんな行動するの?

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ






7月11日(木)曇り

今日もドンヨリしているけど、何とか洗濯物は外に干した。

周りが暗くなる度に、カーテンを開けては外の様子を見たり

雨粒が落ちていないか両掌を上にして確かめたり・・・・

連日、蒸し暑い徳之島です。
アラマンダ

今朝、撮影に出かける前、じじが言った。

「ばば、一昨日のブログで変換ミスがあったよ。(亀津の町中)と書くのを過松野町の中と書いてあったよ。

すぐ書き直した方が良いよ。もし、僕が帰ってくるまで書き直してなかったら

何か罰を与えよう・・・何が良いかな?夕食抜きと言っても、ばばが夕食作るし

出て行けと言っても、自宅に戻れるし・・・ばばに与えられる罰は無いなぁ・・・

もし、僕が悪い事したら・・食事抜き・刺身買いに行ってくれない、

掃除も洗濯もしてもらえない・・・・大変!大変!大変!」といいながら出て行った。

じじが玄関出る時に.HPと「し〜まブログ」は書き直したけどね。

ばばは良く誤変換してしまうんだけど、一旦ブログを書いてアップしたら見直すことが無い。

本当はアップする前に見直すことが大事なんだけど・・・

大ざっぱな性格のばばは、そんな几帳面さがないんだよね。

これからも、間違い指摘は、じじにして貰います!

さて・・・昨日じじがアップしてあった牛小屋の話、じじから聞いて大笑いしてしまった。

町からはちょっと離れた場所にある、ある方の牛小屋。

そこで双子の子牛が誕生したそうだ。

牛主さんは、毎日飼料を与えに行く。

すると、ある時から、イノシシの子供がどこからともなくやって来て

一緒に飼料を食べるようになったらしい。

去年からこの話は聞いていて「写真取りに行けば良いよ」って言われていたんだけど

今年やっと出かけたじじ。

イノシシの子は、結構成長していたらしいが、今日の本題は

牛の親子の事。

親牛と2頭の子牛がいるらしいが、この親牛「育児放棄」しているらしい。

動物の世界にもあるんだね、育児放棄って。

で、困った飼い主さんは2頭の子牛の分、バケツを用意し

そこにほ乳瓶の口のような物を付け、ミルク?を飲めるようにしてあるらしい。

食事の時間になると、2頭の子牛はそれぞれのバケツに入ったミルクを

ゴクゴクゴクと、美味しそうに飲むんだって。

ほぼ同じタイミングで飲み終え・・・・・その後の行動が笑えるのだが・・・

何とミルクで汚れた口回りをお互いにペロペロ舐め合ってきれいにするらしい。

え〜〜〜っ!動画を見ながら大爆笑。

ミルクを飲んでいる時も可愛いが、お互い顔を(口回りを)舐め合ってきれいにするなんて。

子牛ってそんなことするんだ〜〜微笑ましいな。

子牛達がそんな可愛い行動をしている間も、親牛は自分が食事をするのに一生懸命。

牛の母性本能って、どうして生まれるのかなぁ・・・と思ったり。

で、昨夕、友人に、この話をしたら「牛も育児放棄するよ。

私の知っている夫婦の牛もね、子牛に全然おっぱいを飲ませないいんだって。

だから、牛主さんは子牛を抱いて、自分の指をミルクで濡らして、

指からしたたり落ちるミルクを子牛に飲ませていたらしいよ。

慣れてきたらね、ほ乳瓶にミルクを入れて飲ましていたんだって」と話してくれた。

子供の頃は我が家にも荷役用の牛がいて、たまに子牛が生まれて

子牛も見た事はあるけれど、親牛が授乳する様子とかは見た事が無い。

いつか機会があれば、ばばも、じじにかの牛小屋に連れて行ってもらい

牛と食事を共にするうり坊や、

ミルクで汚れた口回りをお互いに舐め合ってきれいにする子牛をみて来たいなぁ。

※ 子牛達の様子はじじが昨日アップしていますので、

  ばばは、曇り空の下、きれいに開花しているアラマンダの花を・・・

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

>>

携帯用ブログQRコード       WEB写真集用QRコード


Copyright (C)2009-2014 tokunosima.info All rights reserved.

◇◇ Tokunoshima Island JJ&BB's HP ◇◇ ◇◇ A collection of Tokunoshima Island nature observation ◇◇