カウンター(Since 2009.8.3〜) 
無料カウンターサービス
徳之島じじとばばのブログへようこそ! ここは、モバイル・携帯アクセス兼用サイトです。



ようこそ!お越しいただきまして有り難うございます。     このサイトはモバイルアクセス用として誕生しました。     動画再生にはWin Media Playerが必要です。      どうぞ ごゆっくりご覧下さい!  当サイトはリンクフリーです。管理者へ許可を得る必要はありません。
その他の記事 >>
01/21(火) 15:20
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
01/18(土) 13:57
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
01/17(金) 13:47
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
01/16(木) 13:47
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
>>このカテゴリーの記事一覧

なぁぜ?後、あれっ?

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ





1月21日(火)曇り時々晴れ

夕べのことだ。

夕食後、じじが「僕のスリッパが片方無い」と言いだした。

じじが、黒い靴下を履いていたので、スリッパも黒だから

てっきりスリッパを履いていると思っていたばば。

このスリッパ、メッシュ地で、軽いし、すっぽり履くタイプなので

冬は特に良いかなぁ?と思い、昨年末帰省した義兄にもプレゼントしたのだが

じじは、夏と同じ、普通〜〜の室内履きを履いていた。

正月旅行から帰ってから「じじも、○○兄さんと同じスリッパ履く?」と聞いたら

「うん、あのタイプが良いね」と言うので、早速新品を出して、履かせた。

室内を素足で歩いているような一体感があり、じじもお気に入りのようだったが

まさか?1足だけ無くなるはずが無い。

「もしかして?玄関の戸締まりをした時、抜け落ちたのかな?」と言うけど

まさかね〜〜

廊下、風呂場、トイレ、洗面所、奥の部屋、ばばのパソコン周辺等

1階は、2人で全て探したが無い!

夕食後、2階に上がったじじは、あらためて2階もベッド周辺、ばばの布団周り

隣の部屋、洗面所、トイレ等々、あり得とあらゆる場所を探したそうだ。

10時をまわり、寝るため、2階に上がったばばが「じじ、スリッパ、あった?」と聞いても

「やっぱり見つからないよ」と言うので、もう一回、ばばは階下に下り

全ての部屋などを探し回り、じじには2階を探し回った。

しばらく経って「ばば〜あったよ〜〜〜」と、じじの声。

急いで2階へ上がり「一体何処にあったの?」と聞くと

じじは、爆笑しながら「ここ」と指さす先は、ベッドの足下。

「今まで何階も探したんでしょ〜何で気づかなかったの?」と言うと

踵部分がクルッと内側に曲がっていて、白っぽくなっていて

「スリッパは黒」と思い込んでいたじじは、気づかなかったらしい。

全く、もう〜〜〜と思いながら、まあ、2人とも爆笑出来る出来事だったから寝る準備。

何時間くらい寝たことか?

今度は、ばばのバッグが無い!とばばが大パニックになっている。

重要な物全てを入れたバッグ。

同級生の集まりがあり、会場に行くと、何故か友達も

全員入り口にバッグを置いたまま室内に入って行く。

ばばも、友達のバッグの横に置いて、そのまま室内へ・・・

しばらく経って、何かを出そうとバッグを置いた場所に戻ると

ばばのバッグが無い!携帯も入っているし・・・あと、財布も・・・・あれも、これも・・・・

どうしよう?どうしよう?

大パニックで外に飛び出そうとしたところで目が覚めた。

夢だった〜〜〜〜〜

良かった・・・・

本当に、バッグが無くなったと思ってた。

それにしても、大事なバッグを玄関に置いたまま、室内に入るって

普段なら信じられないよね。

夢で、本当に良かったと安堵したら、もう一回眠ろうと思ったけど

もう、6時も過ぎて・・・と言うより、7時前。

ニュースは階下で聞こうと急いで下りた。

それにしても・・・・じじのスリッパ騒動と言い、ばばのバッグが無くなった!夢騒動と言い

自分でも思い出して笑ってしまったよ。

でもね、1つだけ、真剣に不思議なことが。。。。。

じじが夕べまで履いていた室内履き、ばばは「黒色」と信じ込んでいた。

いや、今でも信じている。

だけどね、不思議なことに、今日、写真を撮ると紺色に写っているの。

紺色スリッパ

何故なんだろう?

肉眼で見ると、黒色なのに、写真を撮ると紺色になるの?

不思議だなぁ・・・と思いながら、ちょっと外出していたじじが戻って来たら聞いてみよう

と思いながら待っていたら、じじが帰宅。

じじにも写真を見せ「こんな事ってある?じじの黒いスリッパが紺色に写ってる」

と言うと、最初ビックリしていたが「日光の関係じゃ無い?」って。

と言うことで、今度はカーテンの陰にスリッパを置いて撮ってみたら・・・・

じじの言うとおり、黒く写っていた。

黒いスリッパ

単純なばばは「不思議!不思議!」と1人で大騒ぎするけど

さすが、じじ、冷静に説明もしてくれたけど、ばばは理論的なことは全く分かりませ〜〜ん!

で、じじには、ご褒美で昨夜までのメッシュの室内履きでは無く

冬用の温かな生地の物を履いて貰うことにしましたとさ、めでたし、めでたし!

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

「生涯学習推進大会・生涯学習フェア」に行って来た。

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ





1月20日(月)曇り

朝のうちは晴れていて、洗濯物も数時間で乾いたが

昼からは厚い雲が垂れ込めてドンヨリ天気の徳之島です。

昨日、昼から「生涯学習推進大会・生涯学習フェア」に行って来た。

生涯学習フェア

朝9時から作品展示、昼の1時からは

中・高生のインターシップ教育事業参加者の発表、

中学生の国際交流事業参加者の体験発表などがあり

2時から公民館講座の舞台発表があった。

5,6年前までは、ばばも公民館講座に参加していたが、ここ数年は何にもしていない。

せめて、受講者の皆さんの舞台発表を見てこようと。

会場は生涯学習センター2階。

1階と2階のロビーには、受講者の作品が展示されていた。

写真、陶芸、木工、絵画、習字等々。

以前、ばばが受講していたのは「郷土料理教室」で、発表とか何も無かったけれど

昨日は、作った郷土料理の写真などが飾られていた。

ばばの友人、知人でも日舞やダンスなど受講している方がいるので

その発表を楽しみに行ったのだ。

各地区で、三味線や島唄を習っている子ども達や、大人の人達の発表もあり

聞きながら「三味線弾けたら良いのになぁ・・」と思った。

小学生が三味線を弾き、島の方言で島唄を歌うのを聴いていると

感心すると同時に、しぜんに手拍子をしてしまう。

三味線

社会人なって1年目、ばばも何回か先輩から三味線の弾き方を教えて貰い

「徳之島の子守歌」だけは弾けるようになったが、あとは三味線を触ったことさえない。

日舞や社交ダンスを楽しそうに踊る、友人知人を見ていると

素敵だなぁ・・・と思う。

思いがけない知人が、社交ダンスを踊っていたりして

やはり素敵〜楽しそう〜とは思ったが、ばばにはとても踊れそうには無い。

ばばの大好きな「朗読」愛好家の方達が「長者と貧者」という

島の昔話を発表した。

情感豊かな発表につい聞き入ってしまう。

「長者」と「貧者」の分かれ道は「奥さん次第」という内容だった。

「そっかぁ〜ばばがしっかりしなければ」と思う気持ちが強かったが

実践が伴わないからなぁ・・・と反省したり。。。。

プログラムが変わる度に、色々思ったり考えたりすることもあった。

今年度は、何か公民館講座を受講しようかな?とも思ったけれど

受講するなら「皆勤」を目指したいばば。

でも・・今年は色々あって、無理なんだよなぁ・・・

と思い、断念することに。

公民館講座に行くと、色々な勉強が出来るし、新しい友達も出来て楽しいんだけどね。。。。

今年がダメなら、来年は?と今から考えているんだけど

来年のことを言ったら、誰かさんに笑われちゃう???かな?

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

はい、横になってお尻出してって・・・

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ





1月19日(日)晴れ時々曇り

ツツジ

明け方、「ピッ、ピッ、ピッ、ピ〜〜」とラジオから時報が聞こえた。

「5時?」「6時?」と思いつつ、起きてトイレに行ってから階下に下りようと思った。

トイレから出ると同時に、パッと部屋の電気がついた?

「どした?」と聞くと、じじが「ばばが起きる気配がしたので、そろそろ起きようかと思って」

と言うので、ビックリ!

時計を見ると、まだ5時だったので「もう少し横になっておこう」と

布団に潜り、ラジオを聞いていた。

じじは、そのまま起きてパソコンを彼方此方触っている。

数日前から「修理」していたパソコン、直ったそうだ、さすが〜〜

ラジオを聞いていると、視聴者から届いた、お手紙やファックスが紹介される。

その中で「お尻に注射された」「腕に注射するより、お尻に注射した方が痛くない??」とかの

視聴者からのお手紙が紹介されていた。

最近、お尻に注射なんて、ばばは体験したことも無いが、

何十年か前、職場で体調が悪くなり熱も出たので、休みをもらって、帰宅したことがある。

帰りしな、病院へ寄って「熱があって、体がだるい・・・」などと先生に話すと

「はいっ!そこのベッドに横になって、お尻を出しなさい」って。

????っと思いながらも、言われたとおりにすると、すぐさまお尻に注射をされ

「はい、良いですよ」って。

その後、帰宅、安静にして過ごし、体調は回復したが

当時は、病院へ行くと「すぐ、注射」というのが普通だったような気がする。

ばばも、何回お尻に注射されたか?

腕にする注射と、お尻にする注射、痛みが違うのかなぁ?

まだ、入学前、姉に連れられて、何かの注射を受けに行った時は、腕にされた。

ずっと注射は腕にするものだと思っていたので、お尻にされた時はさすがにビックリした記憶がある。

注射は幾つになってもイヤな物で、今でも、予防接種とかに行くと

なるべく注射器から目をそらして、見ないようにしている。

一瞬、チクッとはするけど、数秒の我慢だと自分に言い聞かせている。

大人でさえ、注射を好きな人は、そういないだろうと思うけど、子どもなら尚更。

ばばが子どもの頃、姉と一緒に注射に行く時は「泣かないで注射させたら

帰ってから○○をあげるからね」と言われ、○○というおやつが欲しくて

泣くのを我慢していた記憶がある。

これまでブログに書いたこともあるが、小学校何年の頃だったかなぁ・・・

当時、結核菌の有無を調べるためだったかな?

ツベルクリン反応注射というのがあり、注射をして2日後くらいに

陰性か陽性かを判定し、陰性だったら「BCG接種」といって痛い注射をされた。

BCG接種がとても痛くて、腕の内側にツベルクリン反応接種をした後、

そこが赤く少し腫れ、ある大きさ以上だと陽性、ある大きさ以下だと陰性でBCG接種・・・

まだ3,4年生頃だったか?

陰性か陽性か、判定の日、同級生のA君の腕の赤みが凄かった。

「完全に陽性だから、痛いBCG受けなくて良いかなぁ」と羨ましく思っていたのだが

何と!検査をした人が「これは注射の赤みじゃ無いな」と言われ・・・

A君は、BCG接種受けたくなくて、何と!ツベルクリン反応接種のあとに

毛虫を置いて、わざと刺させたんだって。

毛虫腕に置いて、刺させる???

この方がよっぽど気味が悪くて怖いよう〜〜〜

でも、当時は、A君って、頭良いなぁと思ったけど、お医者さんから見たら小細工は一目瞭然。

全員の前で注意をされ、BCG接種も。。。何十年経っても忘れられない。

A君、覚えているかなぁ・・・

ばばにとっては、あの出来事は相当インパクトが強かったのか

未だに忘れられない。

今朝ラジオで聞いた「お尻に注射」という事から、小学生時代の事まで思い出したばばでした。

※画像は、ブログとは関係ありませんが、

 あるお宅の庭で満開になっていたツツジです。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

気をつけよう

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ





1月18日(土)曇り時々晴れ

朝起きた時は、雲が多かったが、ラジオの天気予報で

「奄美地方の降水確率は10%」と言っていたので

よし!洗濯しようと即決、すぐ洗濯機のスイッチを入れた。

その後、食事の準備をし、食事を済ませ、洗い片付ける頃には

洗濯も終わるので、すぐ干せる。

少しでも時間を有効に使いたいからね。

ところで・・・ばば達が旅行から帰った2日後の9日夜だったかな?

町の防災無線放送で「徳之島はインフルエンザ注意報が出されました」と。

旅行中もずっとマスクはしていたばばだが、

今でも外出時は必ずマスクはしている。

今朝、食事をしながらラジオを聞いていると、

やはりインフルエンザの流行が続いているらしく

「外出時にはマスクをし、帰宅後は手洗い、うがいを心がけましょう」と言っていた。

島内の医療機関や、老人ホームなどは「面会謝絶」が続いているとかも聞いた。

室温は17度前後から21,2度位あるんだけど、湿度が低い。

我が家では連日40%台から50%くらい。

寒いと、お風呂から出た時に、ヒートショックを起こす事もあるという事で

我が家でも更衣室にヒーターを置き、食事をするテーブルの近くにも

夕べからスチームヒーターを置いた。

昨夜、風呂から上がったじじが「ばば、ありがとう〜」って。

これまではせっかくお風呂で温まったのに、更衣室に入ると

「寒っ!」と感じる事が多かったから、2,3日前入れたばかりだけどね。

食事中も、スチームヒーターのスイッチを入れれば、

気持ち良くゆったり食事が出来る気がする。

じじは、あまり感じないらしいが、ばばは朝起きた時、喉がイガイガすることが多かったので

娘達がプレゼントしてくれたアロマディヒューザーを使うようにしている。

そうすることによって、喉がイガイガ感じなくなり、娘達に感謝している。

早く、ヒーターなど使わなくて良い季節になって欲しいな。

毎年、今頃になると「夏と冬、どっちが良い?」と自問自答するばば。

島の夏は、それこそ「灼熱」という言葉がピッタリ。

島の冬は都会や北国に比べたら「寒い」という言葉をつかうのさえ憚られるが

それでも、やはり寒いと思う。

最近よく「温暖化」という言葉を聞くが、確かに・・・・と思う。

ばばが子どもの頃は、良く霰が降っていたけど、

ここ数年、何回くらい霰が降ったかなぁ?と思うから。

霰も滅多に降らなくなるほど、冬でも温かくなってきているということなんだね。

我が家の庭では、この季節、ギンモクセイが咲き出した。

ギンモクセイ

植えてから何年経っただろう?

少なくても5年以上は経っている。

これまでで一番花数が多いような気がして嬉しい。

寒いのは苦手だけど、この季節にしか咲かない花を見つけたり出来るのは嬉しい。

「暑い!」「寒い!」なんて、文句を言わず、

季節に応じた対応を自分でしていかなくてはね。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

え〜っと、え〜っと

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ





1月17日(金)雨後曇り

数日前、冷蔵庫の中から「もろみ」が出てきた。

もろみ

んん?・・・・

もろみって、夏の頃から何ヶ月も使っていたのに

何に使っていたのか?全く思い出せない。

ほぼ、使うのはばばだったが、何に使っていたか思い出せなかったので

じじにも聞いてみた。

「たしか、ばば、ずっと食べてたよね。何だった???」と

じじも、思い出す事が出来ない。

毎日食べていたばばが思い出せないのに、

滅多に食べていなかったじじが思い出せなくて当然。

ずっとモヤモヤしながら、夕食の準備をしたが、

冷蔵庫を開け閉めする度に「何だったっけ?何だったっけ?」と考えるが思い出せない。

はぁ〜〜〜っ、情けない!と思いながら、夕食の支度をしながらも、スッキリしない。

ところが、何かの拍子にパッと閃いた!

そうだ!生の刺身を食べられないばばが、

刺身を焼いて「もろみ」を付けて食べていたんだぁ〜〜〜

じじにも「焼いた刺身に付けて食べてたよね〜」と言うと

じじも「そうだった!そうだった!」と。。。。。。

あと1つ、今度は棚から瓶入りの「なめ茸」が出てきた。

「これは、どう使っていたっけ?」と疑問が・・・・

又、じじに聞いた。

「なめ茸」は、夏から秋にかけ、じじが食べていたような気がするから。

しかし、今度も2人とも思い出せない。

うう〜〜〜ん、うう〜〜〜んと考え続けるばば。

しばらく経って、又閃いた!

そうだ!オクラを切って、なめ茸と和えて、じじに出していたよ〜〜〜っと。

ネバネバ食品は、体に良いと聞いていたから。

又、じじに報告。

つい数ヶ月前まで、自分が毎日のように食べていたり、じじにあげていたのに

なかなか思い出せないなんて・・・・・

物忘れ、ひどくない?と自問自答。

どうしよう?どうしよう?心配だぁ〜

脳トレでも始めなきゃダメかなぁ・・・・

数日前も、ある居場所でテレビを観ていたら「洋輔さん」という方が出ていた。

パッチワークの事を取り上げていた番組だったかなぁ?

居合わせた友人が「この人のお母さんも、パッチワークとかで有名だよね」と言った。

ばばも、すぐにピンときて、お母さんの名前を思い出そうとした。

顔は浮かぶのに、名前が出てこない。

友人2人も一緒に考えたが・・・

そこで、ばばが「帰宅したらネットで調べて連絡するね」と言った。

言った直後、「洋輔さん」のお父さんは、たしか勝野洋さんだ!」とひらめき 

友人達に言うと「そうだった、そうだった」って。

しかし、お母さんの名前は??????

あ〜〜〜〜顔は浮かんでいるのに・・・・・

と思っていたら、又しても閃いた!

「キャシー中島さんだ!」と。

友人2人に言うと「そう、そう、そうだった」って。

全くもう〜〜〜ばばの頭、どうなっているんだろう?

物忘れが、日に日に、ひどくなっているばば・・・・心配です。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

友、遠方より来たる

by ばばの日記

徳之島じじとばばのブログ





1月16日(木)曇り

ムラサキシキブ

昨日除草剤撒いて良かった〜〜〜と今朝は思った。

曇り空で、あまり陽ざしも無く、夕方から夜にかけては雨との天気予報。

今日は、今更ながらですが小さなストーブ?を出したり。

夜、お風呂に入って、脱衣所に出てきた時の気温差で

ヒートショックを起こしたら怖いから。

お風呂に入る時は、脱衣しながらストーブのスイッチも入れて

上がった時も温かい空間で着替えられるように・・・って

冬の間は、特に気をつけている。

これも、年取ったって事かなぁ・・・と思いつつ。

昨日、昼過ぎてから電話が鳴った。

出ると、懐かしいお友達から。

「ばばちゃんの家、どう行けば良いんですか?」と言うので

「今どこにいるの?」と聞くと「家の前にいます」って。

走って、車庫に向かうと、車庫前に懐かしい、懐かしいSちゃんが立っていた。

わぁ〜〜何年ぶり!!!と言いつつ「行こう、行こう!」と我が家へ誘ったが

お姉さんと一緒に車で来たそうで、お姉さんが用事を済ませたら、

又一緒に帰るって。

せっかくだから、家に上がって貰ってゆっくり話したかったけど

ずっと車庫の前で立ち話。

Sちゃんとの再会は、十数年ぶり。

話し方なども全然変わっていない、Sちゃん。

立ち話ではあったが、家族の事、仕事の事、かつての同僚と会って色々話したりした事等々、

いくらでも話せる。。。

せめて、コーヒーでも飲みながら、座ってゆっくり話したいのに

Sちゃん遠慮している???・・・・・・

話している途中、車が通りかかり、クラクションが鳴ったので

見ると知人のNちゃん。

Nちゃんが車中からSちゃんに「家に寄って〜」と声をかけた。

ばばの知人であるNちゃんと、Sちゃんは親戚なんだって。

ビックリした〜

その後も、暫く「積もる話に花を咲かす」状態。

いくらでも話す事はあるけれど、Sちゃんもお姉さんの事も気にしつつだったので

「お姉さんと何処で落ち合うの?送るよ」と言うと

「いえ、近くですから」と言いつつ、Sちゃんは「握手して良いですか」って。

握手だって、ハグだって、良いよ、良いよ。

固く両手を握り合いながら、再開を約束した。

「今度は前もって連絡してから来ますから」とSちゃん。

「どうぞ、そうぞ、必ず来てね」とばば。

Sちゃんが、歩き出したので、ばばは慌てて家に走り

バッグと車のキーを持って、車に乗りSちゃんの後を追いかけ、途中で追いついて

車に乗って貰い、お姉さんのいる場所の前まで送って別れた。

Sちゃんは、わざわざお土産まで持って来てくれた。

思えば・・・10年以上前にSちゃんは島を離れたが

島にいた頃じじと2人でSちゃんのお宅まで行った事もある。

年賀状のやりとりは続いて、今年もお子さん達の事など書いてくれていて

時間の流れにビックリしていたが、まさか、直接会えるなんて夢にも思わなかったので

今年最初のサプライズ!だった。

10年以上経っても「ばばちゃ〜〜ん」と訪ねてきてくれたSちゃん。

本当に嬉しかった。

次はいつ会えるだろう?

今度会える時は、絶対、絶対、家に上がって貰って

ゆっくりと色々な事を語り合いたい。

※画像は数日前で先の知人宅で撮ったムラサキシキブです。

徳之島じじとばばのブログ  主管理者 ibuchanじじ&ばば

>>

携帯用ブログQRコード       WEB写真集用QRコード


Copyright (C)2009-2014 tokunosima.info All rights reserved.

◇◇ Tokunoshima Island JJ&BB's HP ◇◇ ◇◇ A collection of Tokunoshima Island nature observation ◇◇